Android2.3がiPhoneを機能で突き放す!シェアでも形勢逆転か【ITフラッシュバック】


ソフトバンクモバイルから投入が予定されていたDELL製Andoridタブレット「DELL Streak SoftBank 001DL」の発売が突然延期となったが、イー・モバイルが「HTC Aria」を12月17日に、クリエイティブメディアがAndroid搭載エンターテインメントマシン「Creative Ziio」を12月下旬から投入するなど、iPhoneを追撃するAndroid端末の勢いが止まらない。さらに追い打ちをかけるように、GoogleがAndroid2.3を搭載した「Nexus S」を発表した。
そこで、気になるITニュースを取り上げる「ITフラッシュバック」は、このAndroidの動向を振り返ってみた。

■Android2.3って何?
Android2.3は、IP電話を可能にするSIPや、近距離通信を実現するNFCをサポートするようになるため、インターネットを使ったIP電話や、デバイスが必要だがFeliCaなどの近距離通信機能などが搭載可能となった。またUI(ユーザーインターフェース)の改良で、ソフトキーボードとコピー&ペースト機能が向上したため、テキスト入力が高速化できるようになった。

電源管理やタスクマネージメントなどのアプリ管理といった管理機能が改良されている。ゲーム向けには、処理速度が速くなっただけでなくジャイロスコープなどにも対応している。

なお、Linuxのカーネルは2.6.35へアップグレードされている。

■Android2.3搭載の「Nexus S」とはどんなマシン?
「Nexus S」はサムソン製で、1GHz Cortex A8 (Hummingbird) 、メモリーに16GB iNAND flash memoryを搭載している。グラフィックを処理する専用チップ(GPU)を採用しているため、ゲームやビデオ再生がスムーズに行える。

NFCチップを搭載しているため、近距離通信に対応している。カメラは500万画素タイプで、ハイビジョン動画が撮影できる。ディスプレイは4インチで480×800だ。SIMロックフリーとなっている。

Androidは、バージョンが2.1から2.2へアップグレードしてFlash10.1に対応したが、バージョン2.3ではNFC対応となることで日本の携帯電話で使われていたFeliCaなどの機能を搭載しやすくなっている。iPhoneで対応が遅れている機能が次々に投入され、機能面ではiPhoneを突き放しにかかっているようだ。これで、iPhoneからAndroidに乗り換えたユーザーは、iPhoneへ戻ることができなくなりそうだ。
機能ではiPhoneより進んでいるため、Android2.3が主流になると、シェアでも一気に形成逆転がありえそうだ。

このほか、とにかくAndroidのニュースが詰まった1週間だった。NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイル、イー・モバイルとも、Androidに力を入れているのがわかる。スマートフォンの話題の中心がすでにAndroidに移っている。これからもAndroidの動きが楽しみだ。

●Androidの主な1週間の動向
12月6日:Google、Android 2.3マシン「Nexus S」を12月16日に発売すると発表
12月6日:Google、次期Android搭載タブレットをイベント「D: Dive into Mobile」で披露
12月6日:KDDI、Android端末向けリモートデータ削除サービスを試験提供
12月7日:クリエイティブメディア、Androidタブレット「Creative Ziio」などの発売を発表
12月8日:ソフトバンクモバイル、「DELL Streak 001DL」を12月8日発売と発表
12月8日:ソフトバンクモバイルなど、Android端末でのNFC実証実験開始を発表
12月8日:ソフトバンクテレコム、Googleと提携し企業向けクラウドサービス提供を発表
12月9日:KDDI、「LISMO Video DVD レンタル」がAndroid端末に対応
12月10日:NTTドコモ、「REGZA Phone T-01C」の12月17日発売を発表
12月10日:ソフトバンクモバイル、「GALAPAGOS 003SH」の12月17日発売を発表
12月10日:ソフトバンクモバイル、「DELL Streak 001DL」発売を延期
12月10日:BIGLOBE、iPhoneで閲覧中のサイトのURLをクラウド経由でAndroid端末と共有するサービスを提供
12月10日:ベクター、ドコモマーケット向けに「ベクターApps ツールズ」などを公開

Nexus S - The new Android phone from Google

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■ITフラッシュバック関連の記事をもっと見る
シャープ「GALAPAGOS」とソニー「Reader」はどっちが買い?
iOS4.2なら無線でプリント・ストリーミング でもiPhoneは本当に便利になる?
これはガラ端末か!?BIGLOBEの新タブレットに潜む危険性
ドコモ、au、ソフトバンクが最新タブレットで頂上対決!
緻密で繊細そして大胆に!ウィルコム復活劇が始まる

Androidこのアプリがすごい!―本当に使えるアプリを厳選紹介!最新アプリカタログ (アスペクトムック)Androidこのアプリがすごい!―本当に使えるアプリを厳選紹介!最新アプリカタログ (アスペクトムック)
アスペクト(2010-10-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…