日本全国が無線LANスポットに!「どこでもWi-Fi」【ケータイラボ】


最近は、無線LAN機能を搭載するデジタルグッズが増えてきた。ニンテンドーDSiやプレイステーションポータブル(PSP)は無線LANで対戦型ゲームを遊べるし、iPod touchは無線LANを利用してネットサーフィンも楽しめる。

無線LANは携帯型デジタルグッズをケーブル無しでインターネットに繋げるてくれる便利な機能だが、屋外で利用しようとすると、使いたい場所で接続(アクセス)ポイント使えなかったりして不便な思いをすることも多々ある。

「いつでもどこでも無線LANが使えたらいいのに……」というモバイルユーザーの長年の願いだった。
ところが、そんな願いをかなえるグッズが、今登場したのだ。ここで紹介するウィルコムの「どこでもWi-Fi」だ。
価格はオープンプライス。発売は2009年春の予定。

■携帯できる無線LANアクセスポイント
「どこでもWi-Fi」は、ウィルコムとバッファロー、三洋電機の3社がモバイルデータ通信の新しいスタイルとして共同開発したアイテムだ。
本体サイズは幅70×高さ110×奥行き31mm、重さは約260g。

本体には「W-SIM」と呼ばれるウィルコムの小型通信モジュールを内蔵し、全国99.4%をカバーするウィルコムのPHSネットワークを介してインターネットへの接続が可能となる。一言でいえば、「携帯できる無線LANアクセスポイント」なのだ。
写真1 正面から見た「どこでもWi-Fi」写真2 背面から見た「どこでもWi-Fi」

●ボタンひとつで簡単接続
「どこでもWi-Fi」は、無線LANの接続が簡単にできる点も大きな魅力のひとつだ。「AOSS(AirStation One-touch Secure System)」と呼ばれるバッファローが開発した無線LANの設定を自動で行うシステムを備え、AOSSをサポートした機器であれば、なんと専用ボタンを押すだけで接続設定が完了するのだ。

つまり、AOSS対応機種であれば誰でもボタン一つで無線LANが使えてしまうのだ。これさえあればニンテンドーDSiやPSPは、ワンタッチで「どこでもWi-Fi」と接続してインターネットできてしまうのだ。
写真3「どこでもWi-Fi」のAOSSボタン写真4「ニンテンドーDSi」のAOSSの設定画面

ちなみにiPod touchやノートパソコンなど、AOSS非対応の機器と接続する場合には、本体背面に記載されているSSIDと暗号キーを設定する必要がある。


●「eneloop」で経済的に使える
持ち運びできるデジタル機器を携帯して使ううえで、一番気になるのはバッテリーの稼働時間だ。「どこでもWi-Fi」は、低消費電力でえあるPHSの特長を活かし、バッテリーに通信デバイスとしては初めて三洋電機の単3形充電池「eneloop」を採用した。製品には電池と専用充電器がセットで同梱されているのだ。「eneloop」は「約1,000回※の繰り返し利用が可能」という優れた経済性と環境配慮に加え、自己放電を抑え、あらかじめ充電しているため、「買ってすぐ使える」という特徴も持っている。追加のバッテリーも一般の家電量販店で容易に入手ができる。
写真5「どこでもWi-Fi」の中身写真6 専用充電器でバッテリーを充電

●子供にも安心
ゲーム機でネットが簡単に使えていまうことで心配なのが、出会い系サイトやアダルトサイトなどの有害サイトへのアクセスだ。「どこでもWi-Fi」では、子供に不適切なウェブサイトへのアクセスはデフォルトの設定で制限してくれるので、子供でも安心して利用できる。


●通信速度はどれぐらい?
「どこでもWi-Fi」は、どれぐらいのパフォーマンスがあるのか? 実際の通信速度をノートパソコンを使って測定してみた。
公式サイトによると、「どこでもWi-Fi」の通信速度は最大204kbps(W-OAM対応のW-SIM利用時)。今回の測定地はビルの13階で窓から離れている場所だったが、約100kbpsだった。
写真7「どこでもWi-Fi」とパソコンを接続

フラッシュコンテンツが入ったネットブラウズは表示までに少し時間が掛かるが、テキストが中心のブログページを閲覧したりメールの送受信には十分なパフォーマンスであり、どこでも繋がる(全国99.4%)というのは実感できた。

表1.転送速度
1回目100kbps
2回目90kbps
3回目100kbps
4回目100kbps
5回目90kbps
※通信速度は、パソコンの環境や測定地によって異なる

■スペック
表2.「どこでもWi-Fi」の主なスペック
対応通信方式4x/2x/1xパケット方式/フレックスチェンジ方式/64kPIAFS(ベストエフォート)/32kPIAFS
規格IEEE802.11g/IEEE802.11b(無線LAN標準互換プロトコル)準拠、ARIB Std-T66(2.4GHz帯小電力データ通信システム規格)
伝送方式直接拡散型スペクトラム拡散(DS-SS方式)、直交波周波数分割多重変調(OFDM方式)、単信(半二重)
周波数範囲2,412〜2,472MHz(1〜13ch)
データ転送速度6 / 9 / 12 / 18 / 24 / 36 / 48 / 54Mbps(IEEE802.11g)、1 / 2 / 5.5 / 11Mbps(IEEE802.11b)
アクセス方式インフラストラクチャモード
セキュリティWPA-PSK(TKIP/AES)、WPA2-PSK(TKIP/AES)、WPA/WPA2 mixed PSK、WEP(128/64bit)
電源AC100V 50/60Hz
単3形電池4本(推奨:単3形エネループ)
消費電力最大約3.7W
外形寸法W70×H110×D30mm
重量約270g(エネループ4本含む)
動作環境温度0〜35℃、湿度20〜85%(結露なきこと)


「どこでもWi-Fi」製品情報
ウィルコム直営オンラインショップ

■これもオススメ!ケータイ最新ニュース
ウォークマンとケータイ 2つの顔とカラーのWalkman Phone Xmin
ドコモ反撃ののろし PROシリーズ「HT-01A(Touch Pro)」
ウエアラブルへ AQUOSケータイ FULLTOUCH SoftBank 931SH
スマートフォンからケータイへ ソフトバンク OMNIA(930SC)
【ケータイラボ】記事バックナンバー

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】無線LAN内蔵!フルキーボード搭載ビジネスケータイ「X01NK/Nokia E61」

「X01NK/Nokia E61」は、無線LAN内蔵でフルキーボードを搭載したノキア製の法人専用ビジネスケータイ。発売時期は3月下旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「X01NK/Nokia E61」は、ストレートタイプの本体に、無線LAN機能を内蔵…

【気になるトレンド用語】″FON″は無線LANの無料天国をつくれるか?

最近、ITニュースなどでも、盛んに"FON(フォン)"という無料で使える無線LANの話題をよく見かけるようになりました。無線LANはケーブルレスでネットに接続できる便利な方法ですが、どうやって"無料"になるのでしょうか?今回は、無料で…

【デジカメ調査室】生まれ変わった斬新タテ型″ボディ″!写真で見る「PowerShot TX1」

キヤノンから2007年4月下旬に発売予定の「PowerShot TX1」は、今までのPowerShotシリーズからデザインを一新し、斬新かつ洗練された"タテ型ボディ"に変身した。有効画素数は710万、コンパクトなボディに新開発の光学10倍ズームレンズを…

【アキバ物欲】連休も安心!ケータイの電池切れもその場で解決するバッテリー特集

世間では、年に一度のゴールデンウィーク。9連休という長期休暇を満喫する人もいるだろう。長い休日を利用して海や山、川へレジャーを楽しむ人も多いこの時期に、旅行や遊行などで困るのが、携帯電話やゲーム機のバッテリー切れだ。宿…