【気になるトレンド用語】ニコニコ動画に迫る急成長の「優酷網(Youku)」って何


近年、日本や世界のインターネットで人気のあるサービスが動画共有サイトです。特に有名なのが、米国のYouTube(※1)と日本のニコニコ動画(※2)ですが、最近この二強に迫る勢いで急成長している動画共有サイトがあります。それが、中国の優酷網(Youku)です。

※1:YouTube
米国のグーグル傘下の動画共有サイト。ユーザーがアップロードした動画がFlash Video形式(.flv)に変換されて公開されます。
※2:ニコニコ動画
ニワンゴが提供している動画配信関連サービス。配信されている動画上にコメントを書き込み、表示できるという特徴があります。

■優酷網とは
優酷網は、中国版YouTubeともいわれる動画共有サイトです。
最高経営責任者(CEO)である古永鏘(Victor Koo)によって2005年11月に創業されました。
2006年に6月21日にベータ版が公開され、YouTubeより遅れること1年、同年12月21日に正式版が公開されています。

YouTubeは、2006年3月28日からアップロードできる動画ファイルの長さが10分間までに制限されましたが、優酷網ではアップロードするファイルの容量には制限がありません。
このことも手伝って、日本のドラマやアニメなどが数多く登録されています。
試しに、日本語でアニメのタイトルを入力して検索したところ、簡単に多数の動画が検出されました。
こうしたことから、優酷網では1日に1億回を上回る動画視聴数を誇っています。
優酷網

■優酷網は、なぜ人気があるのか
中国の若者は、テレビよりもネットを見る習慣があるそうです。中国の政府系調査機関China Internet Network Information Centerの調べによると2007年6月の時点でインターネットユーザーの61%がオンラインでの動画を見ていることが分かっています。


「百度(Baidu)」(※3)、「優酷網(Youku)」の月間利用者数推移 ネットレイティングス調べ

また、日本のインターネットユーザーにも利用者が増えていて、その急増ぶりは知名度が上がり始めた時期のYouTubeやニコニコ動画の状況に酷似しています。

優酷網の人気の背景には、アップロードされているコンテンツにあります。YouTubeやニコニコ動画では、著作権侵害放送番組動画は運営会社や著作権者の要請やサイト自身によって削除されています。
たとえば、ニコニコ動画については、テレビ局6社に対して次のような申し入れ書を提出しています。
・ニコニコ動画内における既存の著作権侵害放送番組動画は全て削除する
・新規投稿動画の監視を行い著作権侵害放送番組動画については直ちに削除する

しかし、優酷網は中国企業であることから著作権侵害放送番組動画の配信をやめさせるまでにはまだ至ってないようです。

※3:百度
中国版グーグルともいえる検索サイト。高速な動画検索で人気があります。

■中国政府の規制緩和も追い風
中国政府は「全てのビデオストリーミングサイトを政府が保有あるいは管理する」という規制を打ち出していました。ところが、2008年2月3日の声明で既存の動画サイトには適用しないことを明らかにしています。この声明によると、規制が施行される前の「法律に従っていた企業」は再登録することで事業を継続することができるとしています。
この声明によって優酷網のような既存サイトは救われ、中国に進出していないYouTubeなどの海外勢力や新規にビデオストリーミングに参入を考えている企業にとっては、依然として大きな障壁が残る形となっています。

■こちらもオススメ!気になるトレンド用語
最近見かけるWindows Mobileって何
スーパー3Gで大容量データ通信もサクサク?
癒されたい女性が憧れる「枯れ専」とは
テレビでは論じられないB-CASタブーってなに
北京五輪に影を落とすチベット紛争の中心ダライ・ラマ
気になるトレンド用語 バックナンバー

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【気になるPC】君はいくつ知っているか?なつかしの名機に出会える「日本電気レトロ博物館」

今日では、パソコンは日常生活の一部となり、主婦や子供にも使われるほど身近な道具となっている。そんなパソコンも黎明期は、マニアやマイコン少年のあこがれのアイテムであった。そんなパソコン(マイコン)黎明期から活躍した名機に…

【デジカメ調査室】ハイビジョン画質の動画をDVDに記録する「HDR-UX7」レビュー

ソニーのハンディカムシリーズ「HDR-UX7」は、HD画質の映像を8cmDVDに記録する。ドイツの名門光学メーカー「カール ツァイス」のレンズを採用し、高画質の撮影ができることが特徴だ。動画撮影時の有効画素数は228万画素、静止画撮影時…

【Wii特集】-5 WiiでYouTubeを見放題!お宝動画を楽しもう

動画共有サイト「YouTube」は、インターネットの楽しみを大きくしたと言っても過言ではないだろう。YouTubeは、世界中の人が自由に動画をアップロードすることで、今まで見ることができなかったムービーが次から次へと投稿されている。…