【デジカメ調査室】トリプルブレ補正機能を搭載したキュートなデジカメ「FS1」


「FS1」は、薄さ24.2mmのスリムなボディに、600万画素CCDとトリプルブレ補正機能を搭載したコンパクトなデジタルカメラ。2月9日より発売が開始され、カラーバリエーションは、シルバー、ブルー、ピンクの3色。価格は、オープンプライス。市場想定価格は、3万円前後の見込みだ。

「FS1」は、2月22日に発売される「FX30」の姉妹モデル。コンパクトデジタルカメラだからこそ起こりやすい「手ブレ」と「被写体ブレ」の影響を軽減する「トリプルブレ補正」機能を搭載する。さらに、顧客から強い要望からキュートなカラーバリエーションを用意し、気軽で高画質なデジタルカメラとなる。

1/2.5型600万画素CCD、歪曲・解像度・ゴースト・フレアなどの各要素において優れたレンズ性能を実現した光学3倍ライカ DC VARIO-ELMARIT(バリオ・エルマリート)レンズを採用。600万画素CCDの使用領域を変え、焦点距離を望遠側にシフトして、ズームの最大倍率をアップさせるEX光学ズーム機能により、画質を落とさない最大4.1倍※ズームが可能。
※3M(300万画素)以下に設定時。

背面には、明るく大きな2.5型11.5万画素液晶モニターを搭載し、撮影時のフレーミングや、画像の確認・メニュー操作をより見やすい画面で行える。日中の屋外など画面が見にくいときに、液晶の明るさを約40%アップさせる「パワーLCD機能」に加え、画素混合方式の高感度CCDにより、暗い場所でも明るく見やすい表示を実現している。

バッテリーは専用のリチウムイオンバッテリーパックで、駆動時間は約370枚(CIPA規格)。記憶メディアは、約27Mバイトの内蔵メモリーに加え、 市販のSDHCメモリーカードやSDメモリーカード、マルチメディアカード(静止画のみ対応)を使用できる。

本体サイズは、幅94.1×高さ51.4×奥行き24.2mm(突起部を除く)、重さは、約153g(バッテリー、メモリーカード含む)。

デジタルカメラ「LUMIX」
松下電器産業株式会社

編集部:関口 哲司
Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【デジカメ調査室】これからの一眼レフは1000万画素がスタンダード

2006年は、一眼レフのブームや低価格化が進んだことにより各メーカーから数々のデジタル一眼レフカメラが発売された。その中でも脚光を浴びたのが、今回紹介するNikon「D80」とPENTAX「K10D」ではないだろうか。「D80」は、低価格の一眼…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】ゲーム機を彷彿させるタッチパネル付2画面ケータイ「D800iDS」

「D800iDS」は、タッチパネル付2画面ケータイ。形状は折り畳みタイプのケータイで、開いた状態で上下に液晶画面を搭載し、下部の画面がタッチパネルとなっている。ライフスタイルに合わせて、タッチパネルのデザインや操作方法を選択す…

【アキバ物欲】Vista導入前の下準備!バックアップ特集

2007年1月30日、マイクロソフトの新しいOS「Windows Vista」(以下、Vista)がついに発売される。同社が5年ぶりにパソコン市場に投入するOSであるだけに、パソコンのOSをVistaに移行する計画を立てている人は多いであろう。Windows …

【ケータイラボ】指紋センサーと1.3メガカメラを搭載!セキュリティに強い「WX321J」

「WX321J」は、ウィルコムの高度化通信規格「W-OAM」対応し、指紋センサーと1.3メガカメラを搭載した日本無線製の音声端末。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。発売時期は2月中旬予…