月の裏側の景色を自宅で鑑賞できるセガトイズ「HOMESTAR Classic Satellite MOON」


セガトイズは、家庭用プラネタリウム「HOMESTAR」から、月の神秘さ美しさを精密に再現した「HOMESTAR Classic Satellite MOON」を2019年9月13日(金)に発売する。価格は1万1,000円(税別)。

■家庭用プラネタリウムとして大人気のシリーズ
「HOMESTAR」は、世界屈指のプラネタリウム・クリエーター大平貴之氏が監修した最高峰の家庭用プラネタリウム。星空を凝縮した原板と光学式の投影方法を採用することより、鮮明な星の輪郭と、圧倒的な星数を映し出すことを可能にした。未知への探究心を刺激する世界初の光学式プラネタリウムは、世界で120万台以上の累計販売台数を誇るシリーズに成長している。

■月の裏側の景色を自宅で見れる
「HOMESTAR Classic Satellite MOON」は、人類が未だ見ぬ、月の裏側の景色を自宅の天井に投影することができる。今回再現する月の裏側の南半球の星空には、濃い南天の天の川やマゼラン星雲が見え、壮大な眺めを楽しめる。周囲の地形も可能な限り忠実に再現しているほか、周囲の地形も可能な限り忠実に再現している。月面探査機が見上げているであろう、肉眼では見ることのできない未知の世界を堪能してみてはいかがだろうか。

また本製品では、太陽の光によって見え方が変わる月の変化を、日周運動機能を用いて再現した。 1年で最も美しいとされる中秋の名月でおなじみの「満月とススキ」と、どこか寂し気で気分を落ち着かせる「三日月と雲」を、カラー恒星原板で楽しめる。心奪われる6万個の星々と共に投影される幻想的な月の夜空を堪能してみよう。

■商品概要
商品名:HOMESTAR Classic Satellite MOON ホームスタークラシック サテライトムーン)
内容物:本体、原板2枚(カラー1枚 白黒1枚)、 ACアダプター、取扱説明書(保証書)
商品サイズ:幅159×高167×180mm
素材:本体:ABS、 PC、鉄、ガラス、 PE 原板:アクリル ACアダプター:PC、 ABS、 PVC
対象年齢:15才以上
発売予定日:2019年7月18日(木)



©SEGATOYS

■セガトイズ

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
・77インチの迫力に北川景子さんも感嘆!ソニーの4Kテレビ「ブラビア」の新テレビCM、スペシャルサイトにて6月3日より公開中
・車内をより快適に!3つのファンで強力吸気、お尻も背中も超快適な車用「トリプルファン爽快シート」
・組み合わせ自由自在、1,600万色を自由に選べるIoTインテリアの「Nanoleaf Light Panel」
・暑さ対策に最適!足をのせるだけで心地よい風で足もとから涼しい「ファン内蔵足もと爽快フットレスト」
・JAPANNEXT、55型4K液晶ディスプレイ「JN-IPS5500TUHD」を発売

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【デジカメ調査室】1,406万画素の極上の色再現性!撮るためのカメラ「シグマ SD14」レビュー

シグマより、1,406万画素のイメージセンサーを搭載した一眼レフデジタルカメラ「SD14」が発売された。本体の価格は、実売価格で19万5,000円前後となる。前モデルの「SD10」と比較すると、イメージセンサーの画素数が1,029万画素から1,40…

【大人の物欲】本格的なエンジンを再現!蒸気エンジン自動車

蒸気機関車は、その力強い走りに感動する人も多く、いまでも衰えない人気を誇っている。蒸気機関車は、駆動方式や動力伝達方式で分類できるが、蒸気の圧力を動力として列車を動かしている点では同じだ。今回はそんな蒸気機関の仕組みを…

【アキバ物欲】ガンダムの世界をリアルに再現!川口名人が″ガンプラ″の超テクニックを伝授

株式会社バンダイは、都内 秋葉原UDXビル2階 秋葉原スクエアで開催された「秋葉原 週アスまつり」において、ガンダムの世界を精巧に再現したプラモデル「ガンプラ」を集めた「バンダイ ガンプラショップ」を出店した。主に1年戦争モノ…

【気になるトレンド用語】都心を走る東京マラソン 誕生から運営裏側まで

マラソンといえば、オリンピックで日本が上位を狙える種目ですが、オリンピックだけでなく、市民マラソンにも多くの人々が参加し人気を集めています。そのなかでもとりわけ話題になるのが、今年で2回目の開催となった都心の公道を3万人…

報道番組の裏側を伝える!日本テレビ「ZERO 写真展」を開催へ

株式会社リコーは、フォトギャラリー「RING CUBE」において写真家 大村克巳氏による「ZERO 写真展」を2009年4月1日より開催する。「ZERO 写真展」は、大村克巳氏が日本テレビで放送中のニュース番組「NEWS ZERO」に密着し、番組を支える出演者…