モバイルSuicaの銀行チャージ順次終了へ 年会費は2020年から無料に



モバイルSuicaの銀行チャージが終了に!

東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)は8日、ケータイ(フィーチャーフォン)およびAndroidスマートフォン(スマホ)向け提供している「モバイルSuica」において銀行チャージ(銀行口座からの入金)のサービス提供を2019年7月より9月にかけて順次終了するとお知らせしています。

終了日時は三菱UFJ銀行からの入金は2019年7月24日午前1時、みずほ銀行およびじぶん銀行からの入金は2019年9月25日午前0時。なお、現金によるチャージはコンビニエンスストアや一部の駅に設置してあるモバイルSuica対応のチャージ専用機で今後も利用できます。

また同社ではすでに案内しているようにモバイルSuicaにおける年会費を2020年2月26日(水)以降はクレジットカードの種類によらず無料にする予定で、入金はクレジットカードからも従来通り可能となっています。


モバイルSuicaにおける銀行チャージは、おサイフケータイ(FeliCa)に対応したAndroidスマホ・タブレットおよびケータイ(フィーチャーフォン)を利用している会員向けにチャージの決済方法のひとつとして提供しています。

今回、モバイルSuicaにおける銀行チャージの利用状況を踏まえて取り扱いを終了することになったとのこと。サービス終了後は上述通り、クレジットカード決済もしくは現金によるチャージを利用するよう案内しています。

なお、JR東日本ではサービス終了日以前に銀行チャージでモバイルSuicaに入金した場合には決済日から1年以内に「Suicaポケット一覧」から受け取りを完了するよう案内しています。

「Suicaポケット一覧」の確認手順
 https://www.jreast.co.jp/mobilesuica/use/sf/chk_status.html
クレジットカード決済による入金(チャージ)方法
 http://mobilesuica.okbiz.okwave.jp/faq/show/26
現金による入金(チャージ)方法
 http://mobilesuica.okbiz.okwave.jp/faq/show/25


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Suica 関連記事一覧 - S-MAX
・JR東日本:モバイルSuica>銀行チャージのサービス提供の終了について

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【ケータイラボ】安心と使いやすさを実現!子どもを守るケータイ「コドモバイル 812T」

「コドモバイル 812T」は、ソフトバンクモバイル初の子ども向けGPS機能付ケータイ。発売時期は2月中旬以降を予定し、価格はオープンプライス。カラーバリエーションは、ブルーとピンクの2色。「コドモバイル 812T」は、液晶上部のスイ…

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【世界のモバイル】世界はモバイルインターネットの時代へ

今や一大産業となった携帯電話コンテンツビジネス。しかし日本や韓国では携帯コンテンツの利用は日常的になっているものの、他の市場ではまだまだ普及途中の段階で、携帯電話を音声端末としてのみ利用しているユーザーが大多数に上って…

【ケータイラボ】ワンセグ対応!定額モバイルブロードバンド端末「EM・ONE」を体験

イー・アクセス株式会社が2007年2月19日に発表した「EM・ONE(エムワン)」は、OSにMicrosoft Windows Mobile 5.0 software Pocket PC 日本語版(Windows Mobile 5.0)を採用し、最大3.6MbpsのHSDPA通信サービス"EM モバイルブロードバ…