ASUS JAPAN、電池持ちの良いSIMフリースマホ「ZenFone Max Pro (M2) ZB631KL」と「ZenFone Max (M2) ZB633KL」を発表!3月15日発売で、価格は3万8340円と2万8620円



エイスースから大容量バッテリー搭載スマホ「ZenFone Max Pro (M2)」と「ZenFone Max (M2)」が登場!

ASUS JAPANは8日、都内にて「ZenFone Max新製品発表会」を開催し、新たにASUSTeK Computer(以下、ASUS)製のSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone Max Pro (M2)」(型番:ZB631KL)および「ZenFone Max (M2)」(型番:ZB633KL)を日本市場にて2019年3月15日(金)に発売すると発表しています。

両機種ともに大容量バッテリーを搭載した「ZenFone Max」シリーズの最新機種で、同シリーズ初のAIカメラ対応によって撮影モードを自動選択するAIシーン分析機能を搭載しているほか、ほぼフレームレスのオールスクリーンディスプレイやゲームなどでも性能の不足を感じさせないオクタコアCPUの搭載など、バランスの取れたスペックや便利な搭載機能が大きな特徴となっています。

販路は直営店「ASUS Store Akasaka」や公式Webショップ「ASUS Store」のほか、量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)となっており、価格はメーカー希望小売価格でZenFone Max Pro (M2)が税別35,500円(税込38,340円)、ZenFone Max (M2)が税別26,500円(税込28,620円)。すでに各所で予約販売が開始されています。

なお、同社では両機種の発売に合わせてZenFone Max (M2)向け専用ケース「ZenFone Max (M2) (ZB633KL) Clear Soft Bumper」(型番:90AC03G0-BCS001)を販売するとのこと。価格はメーカー希望小売価格で税別980円(税込1,058円)。その他、ASUS Storeでは2019年4月30日(火)までに買取サービスを利用して両機種を購入した場合に最大税込3,000円分のクーポンをプレゼントしています。


ZenFone Max Pro (M2)



ZenFone Max (M2)

ZenFone Max Pro (M2)およびZenFone Max (M2)はともに30日間以上の連続待受時間を実現した驚異的なスタミナを備える電池持ちの良いミッドレンジスマホで、ともに画面上部中央にノッチ(切り欠き)のあるアスペクト比9:19の縦長な約6.3インチIPS液晶を搭載しています。

画面解像度およびバッテリー容量、チップセット(SoC)はそれぞれZenFone Max Pro (M2)がFHD+(1080×2280ドット)および5000mAh、Qualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 660」、ZenFone Max (M2)がHD+(720×1440ドット)および4000mAh、Qualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 632」となっています。

これにより、電池持ちは連続待受時間でZenFone Max Pro (M2)が最長約35日間、ZenFone Max (M2)が最長約33日間、無線LAN(Wi-Fi)における連続Webブラウジング利用時間でZenFone Max Pro (M2)が最長約23時間、ZenFone Max (M2)が最長約22時間。主な違いは以下の通り。

製品名ZenFone Max Pro (M2)ZenFone Max (M2)
型番ZB631KLZB633KL
本体色ミッドナイトブルー
コズミックチタニウム
ミッドナイトブラック
スペースブルー
メテオシルバー
画面6.3型FHD+液晶6.3型HD+液晶
大きさ157.9×75.5×8.5mm158.4×76.2×7.7mm
質量175g160g
SoCSnapdragon 660Snapdragon 632
CPU1.95GHz×8コア1.8GHz×8コア
GPUAdreno 512Adreno 506
RAM4GB
(LPDDR4X)
4GB
(LPDDR3)
内蔵ストレージ64GB32GB
電池容量5000mAh4000mAh
連続通話時間3G:2400分
VoLTE:1860分
3G:2100分
VoLTE:測定中
連続待受時間3G:816時間
VoLTE:840時間
3G:測定中
VoLTE:792時間
USBmicro-Bmicro-B
背面カメラ1200万画素+500万画素(深度測定用)1300万画素+200万画素(深度測定用)
前面カメラ1300万画素800万画素
Bluetooth5.04.2
NFCType A/B

さらに内蔵バッテリーをモバイルバッテリーとして使用できる便利な「リバースチャージ」機能に対応しており、他のスマホやBluetoothイヤホンなどの機器を充電することができます。外部接続・充電端子はともにmicroUSB端子を採用し、3.5mmイヤホンマイク端子も搭載。

外観はともにベーシックな2.5Dガラスを用いたデザインとなっており、画面占有率はZenFone Max Pro (M2)が90%、ZenFone Max (M2)が88%で、画面を覆う強化ガラスはZenFone Max Pro (M2)では「Corning Gorilla Glass 6」を採用しています。ともに背面に指紋センサーも搭載し、生体認証は顔認証にも対応。


ZenFone Max Pro (M2)の本体カラー



ZenFone Max (M2)の本体カラー

背面はZenFone Max Pro (M2)はどの角度から見ても美しい光の反射を生み出す、光沢のある16層のレイヤーコーティング(16 Wave finish)を施してあり、ZenFone Max (M2)は上質感のあるマットな表面処理を施してあってシンプルで高級感のあるデザインに仕上げてあります。

本体カラーはZenFone Max Pro (M2)がミッドナイトブルー(ZB631KL-BL64S4)およびコズミックチタニウム(ZB631KL-TI64S4)の2色展開、ZenFone Max (M2)がミッドナイトブラック(ZB633KL-BK32S4)およびスペースブルー(ZB633KL-BL32S4)、メテオシルバー(ZB633KL-SL32S4)の3色展開となっています。


ZenFone Max Pro (M2)のリアカメラ



ZenFone Max (M2)のリアカメラ

カメラは背面がZenFone Max Pro (M2)では約1200万画素CMOS(ソニー製「IMX486」)/F1.8レンズ+約500万画素CMOS/広角84°レンズのデュアル、ZenFone Max (M2)では約1300万画素CMOS/F1.8+約200万画素CMOSのデュアル、前面がZenFone Max Pro (M2)では約1300万画素CMOS、ZenFone Max (M2)では約800万画素CMOSに。

リアカメラには深度測定用のサブカメラとのデュアルカメラとなっているため、簡単にボケ感のあるポートレート写真を撮影することができるほか、AIによるシーン分析機能に対応しており、ピープルモードやフードモードやフラワーモードなどの13種類の撮影モードから被写体に最適なモードを自動で選んで撮影してくれます。 なお、ZenFone Max Pro (M2)でAIカメラを利用するにはソフトウェア更新によって最新バージョンにする必要があるとのこと。


ZenFone Max Pro (M2)の左右側面



ZenFone Max Pro (M2)の下側面



ZenFone Max (M2)の右側面



ZenFone Max (M2)の下側面

その他、Wi-FiはIEEE802.11b/g/n準拠(2.4GHz帯)、センサーは加速度・光・近接・ジャイロや電子コンパス、位置情報取得はA-GPS・GLONASS・BeiDou・Galileo・QZSSをサポート。音響面ではスマートアンプ「NXP 9874」を内蔵した5マグネットスピーカーを搭載。

また両機種ともにmicroSDXCカードスロット(最大2TBまで)を搭載し、別に2つのnanoSIMカード(4FF)スロットがあるトリプルスロットモデルとなっており、SIMカードスロットは両方とも4Gに対応した「デュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)」のほか、NTTドコモおよびau、ワイモバイルのVoLTEや2波(2CC CA)までのキャリアアグリゲーション(CA)をサポート。

ZenFone Max Pro (M2)
FDD-LTE: B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B28
TD-LTE: B38/B41
W-CDMA: B1/B2/B4/B5/B6/B8/B19
GSM/EDGE: 850/900/1800/1900MHz

ZenFone Max (M2)
FDD-LTE: B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B26/B28
TD-LTE: B38/B41
W-CDMA: B1/B2/B4/B5/B6/B8/B19
GSM/EDGE: 850/900/1800/1900MHz

同梱品は本体のほか、USB ACアダプターセットおよびSIMイジェクトピン、イヤホン「ZenEar」、ZenEar交換用イヤーピース、クリアケース、ユーザーマニュアル、製品保証書となっており、Googleドライブの100GB(1年間無料版)が付属します。







記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・ZenFone Max Pro (M2) ZB631KL 関連記事一覧 - S-MAX
・ZenFone Max (M2) ZB633KL 関連記事一覧 - S-MAX
・ZenFone Max Pro (M2) (ZB631KL) | スマートフォン
・ZenFone Max (M2) (ZB633KL) | スマートフォン

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【デジカメ調査室】これからの一眼レフは1000万画素がスタンダード

2006年は、一眼レフのブームや低価格化が進んだことにより各メーカーから数々のデジタル一眼レフカメラが発売された。その中でも脚光を浴びたのが、今回紹介するNikon「D80」とPENTAX「K10D」ではないだろうか。「D80」は、低価格の一眼…

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…