ついに前面の物理ボタンを廃止!約5.7インチディスプレイや画面操作も可能な指紋センサーを新たに搭載したau向け京セラ製の「URBANO V04」を写真と動画で紹介【レポート】



URBANO V04の実力は!?

京セラは、KDDIおよび沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」向けの新しいスマートフォン(スマホ)「URBANO V04(アルバーノ ブイゼロヨン)」(型番:KYV45)を2019年2月8日(金)に発売した。

また、3月1日(金)からは、俳優の宇梶剛士さんを起用した新CM「7人のマイルドダンディー篇」を放映している。この新CMの放映に先立ち、京セラは2月28日(木)に都内で「新CM発表会」を開催し、CMに出演する宇梶剛士さんのほか、女優の橋本マナミさん、お笑いタレントのダンディ坂野さん、マーケティングライターで世代・トレンド評論家の牛窪恵さんが登壇した。

発表会では、京セラ 通信機器事業本部 マーケティング部責任者の湯浅紀生氏も登壇。URBANO V04の特徴や、ターゲット層となる「マイルドダンディー」について説明した。


京セラ 通信機器事業本部 マーケティング部責任者 湯浅紀生氏

湯浅氏は、これまでのURBANOシリーズを振り返りつつ、今回のURBANO V04では、これまで搭載されていた前面の3つの物理ボタンを搭載していないことについて触れた。前面の物理ボタンを廃止した一方で、ディスプレイは「URBANO史上最大」の約5.7インチであることをアピール。なお、URBANO V04のディスプレイは、アスペクト比9:18のFHD(1080×2160ドット)のTFT液晶を搭載している。

さらに湯浅氏は、URBANOシリーズとしては、背面の指紋センサーやFMラジオ(radiko+FM)を初めて搭載したことにも触れつつ、これまで培ってきた防水・防塵性能や耐衝撃性能も備えた「使いやすさにこだわったモデル」だと話した。

URBANO V04では、40代〜60代の大人の男性の中でも質実を優先した自分なりのこだわりを持つ人をターゲット層にしているという。


ターゲット層


新たな男性像を言語化


マイルドダンディー 7つの定義

湯浅氏によると、ターゲットになる「現代に生きる『こだわりのある大人の男性』」は、潜在クラスタだと思っているとのこと。定義化、言語化することで、新たな男性像からマーケットを創出したいという想いがあり、そうした背景を元に今回の「マイルドダンディー」という言葉が生まれたのだそう。

マイルドダンディーの7つの定義は、
1)ギラギラはさりげなく。無理な若作りをせず、重ねた歳を味にする。
2)流行に関心はあるが、左右されない。流行の店より、馴染みの店へ。
3)なんだかんだ言っても「日本」が好き。旅行も、やっぱり海外より国内。
4)何ごとも量より質が大事だ。食事も、仕事も欲張らずに腹八分目。
5)こだわりがあるが、主張は控えめ。SNSも、上げずに見るだけ。
6)常に謙虚さと、自分らしさを大切に。見栄は張らずに、胸を張る。
7)ハイスペック・ハイブランドより、マイスペック・マイブランド主義!
といった内容だ。

この定義に登場する言葉は、新CMの中でも宇梶さんが力強く発している。



そんなURBANO V04だが、発表会会場のタッチアンドトライで実機を試すことができたので、その様子もレポートする。


本体正面


本体背面。左からノーブルグリーン、ボルドー、プラチナシルバー

本体サイズは、幅約74mm×高さ約153mm×厚さ約7.9mm(最厚部8.6mm)、重量は約163g。本体側面のエッジに丸みを持たせ、厚みを感じさせないたデザインになっている。また、手に馴染みやすく、持ちやすい印象を受ける。

カラーは、ノーブルグリーン、ボルドー、プラチナシルバーの3色展開。背面は艶消し仕様、金属ならではの質感で、指紋が目立ちにくい。


背面のカメラ、指紋センサー部分


指紋センサーによる操作は「ユーザー補助」で設定する

背面上部には、カメラ、FeliCaポート、指紋センサーを搭載。指紋センサーは、上下になぞったり、2回タップといった操作で、画面のスクロール(センサースクロール)や拡大縮小表示(センサーズーム)が可能。指紋センサーによる画面操作の設定は「ユーザー補助」からできる。

この指紋センサーによるスクロールやズーム表示は、ホーム画面や設定画面、また、Webのスマホサイトでも有効。通常操作ではピンチイン/アウトができない画面でのズーム表示もできるため、見やすいサイズに瞬時に拡大縮小できる機能として重宝するだろう。


端末情報画面(左)と、ストレージ画面(右)


京セラオリジナルの「おまかせメンテナンス」機能や「モテる動画」も搭載する

OSはAndroid 9(開発コード名:Pie)、チップセットは、SDM630(2.2GHz×4コア+1.8GHz×4コア)、内蔵メモリ(RAM)は4GB、内部ストレージ(ROM)は64GBを搭載。外部メモリはmicroSDHC(最大400GB)まで対応する。

カメラは背面のメインカメラが約1600万画素CMOS、内側のサブカメラは約800万画素のCMOSを搭載。防水(IPX5/IPX7)性能、防塵(IP5X)性能、耐衝撃(MIL-STD-810G Method516.7:Shock-ProcedureIV)性能も備える。

通信系は、4G LTEおよびWiMAX 2+に対応し、最大通信速度は受信時275Mbps、送信時75Mbps。そのほか、Wi-Fi(IEEE802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth Ver.5.0にも対応している。

auの主なサービスには、au VoLTE、Wi-Fiテザリング(最大10台接続)、おサイフケータイ、au世界サービス、緊急速報メールなどに対応する。

最後に、発表会の会場で説明員にURBANO V04の主な特徴や操作について説明をしてもらったので、その様子を動画で紹介する。





記事執筆:2106bpm(つとむびーぴーえむ)


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・URBANO 関連記事一覧 - S-MAX
・URBANO(アルバーノ)V04 | スマートフォン(Android スマホ) | au
・URBANO V04 | 製品情報 | スマートフォン・携帯電話 | 京セラ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】ゲーム機を彷彿させるタッチパネル付2画面ケータイ「D800iDS」

「D800iDS」は、タッチパネル付2画面ケータイ。形状は折り畳みタイプのケータイで、開いた状態で上下に液晶画面を搭載し、下部の画面がタッチパネルとなっている。ライフスタイルに合わせて、タッチパネルのデザインや操作方法を選択す…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…