PUBG MOBILEとのコラボで最新プレミアムスマホ「Galaxy Note9」のゲーミングスマホとしてのパフォーマンスを実感!ゲーム大会「Galaxy Championship」を写真と動画で紹介【レポート】



大画面とハイパフォーマンスはゲーミングスマホのトレンドに?!

サムスン電子ジャパンが都内にて「Galaxy Championship発表会」を10月24日に開催し、同社のスマートフォン(スマホ)「Galaxy」シリーズとPUBG Corporationが開発するバトルロイヤルゲーム「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(以下、PUBG)」とのコラボレーション(コラボ)を発表した。

今回のコラボの1つが「Galaxy Note9×PUBG MOBILE 特別キャンペーン」と題して2018年12月31日(月)までにSペンが使える最新プレミアムスマホ「Galaxy Note9」を購入し、応募した全員にPUBGのスマホなど向け「PUBG MOBILE」内で使用できるGalaxy オリジナルスキンをプレゼントするというもの。応募期間は2019年1月15日(火)まで。

そしてPUBG MOBILEの大会「Galaxy Championship」を開催する。六本木、名古屋、西宮、福岡の「Galaxy Studio」で予選を開催し、決勝大会が12月8日(土)に実施される。ゲームのルールとしては2人で協力プレイを行う「Duo」モードを使い、4会場で10チームが決勝に進出し、40チームの中から「#1ドン勝チーム」を選出する。優勝商品は、Galaxy Note9(本体)とオリジナル限定フィギュア、ドン勝メダル、ドン勝Tシャツが贈られる。

ここ最近はスマホでゲームを本格的にプレイするために“ゲーミングスマートフォン”というカテゴリーができつつあり、日本でもASUS JAPANから「ROG Phone」が発売されたが、今回はGalaxy Note9の“ゲーミングスマートフォン”としての特徴を発表会のプレゼンテーションの内容とともに写真と動画で紹介していく。


これまでGalaxy Note9の機能としてBluetooth機能を搭載したSペンやAIを搭載したカメラ機能が紹介されてきたが、今回はパフォーマンスにフォーカスしたプレゼンテーションとなっていた。


ゲームに最適化された機能としてQualcomm製ハイエンドチップセット(SoC)「Snapdragon 845(SDM845)」と冷却効率をアップした銅製の冷却システム、6GB内蔵メモリー(RAM)、128GB内蔵ストレージ、そして長時間のゲーミングを可能とした4000mAhのバッテリーが紹介された。


昨年発売の前モデル「Galaxy Note8」よりCPUパフォーマンスは33%向上し、GPUパフォーマンスは44%向上しているという。Galaxy Note8自体が遅くて使い物にならないというわけではなく、今でも十分サクサク動作するスマホだが、Galaxy Note9ではさらにその上を行く性能となったわけだ。


画面サイズは約6.4インチQHD+(1440×2960ドット)Super AMOLED(有機EL)ディスプレイとなったことで、まずは大画面とゲームの相性が良いことと、美しい映像でゲームが楽しめることがGalaxy Note9のセールスポイントである。

特に大画面化はPUBG MOBILEなどのバトルロワイヤルゲームにおいて遠くで動く敵を発見することが重要となるため、必須条件の1つだ。また、ある程度画面サイズが大きくないと、親指と人差し指による同時入力がやりにくいということもある。つまり画面が小さいと、索敵が難しく、4本指で操作する際に指が画面に収まりきらず、さらに画面を指で隠してしまって見づらいというデメリットだらけとなる。


Galaxy Note8比で21%の冷却機能が向上したという「ウィーターカーボンクーリングシステム」は、SoCの発熱をカーボンシートからクーリング用のヒートパイプに伝えて放熱するというもの。


auの新製品発表会ではそのクーリングシステムの比較展示も行われていたが、今回のプレゼンテーションでGalaxy Note9はハイパフォーマンスを維持することに重きを置いて開発していることを再認識した。


発表会にはゲストとしてタレントの最上もがさんとYouTuberのやれいしーさんが登壇し、PUBG TOKYO OFFICE室長の井上 洋一氏、サムスン電子ジャパンプロダクトグループの牧 拓未氏と4人でPUBG MOBILEにチャレンジするエキシビジョンマッチが行われた。

スクワッド(4人プレイ)では井上氏や牧氏のサポートを受けながら、最上さんが最後に決めてどん勝をするなど見せ場もしっかりと作っていた。普段はソロプレイをしているという最上さんだが、スクワッドの面白さも実感しているようであった。


動画リンク:https://youtu.be/ryBAHZFKNhM

最近ではスマホもゲーミングに重点を置いた製品が出ているが、Galaxy Note9は基本設計の高さとそれをサポートする冷却設計があり、見えないところもしっかりと作り込まれていることに12万円を超えの価格に価値を見いだすことができた。





記事執筆:mi2_303


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Galaxy Note9 関連記事一覧 - S-MAX
・Galaxy Note9購入&応募でGalaxyオリジナルスキンがもれなくもらえる! | イベント | Discover - Galaxy Mobile Japan 公式サイト

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】ゲーム機を彷彿させるタッチパネル付2画面ケータイ「D800iDS」

「D800iDS」は、タッチパネル付2画面ケータイ。形状は折り畳みタイプのケータイで、開いた状態で上下に液晶画面を搭載し、下部の画面がタッチパネルとなっている。ライフスタイルに合わせて、タッチパネルのデザインや操作方法を選択す…

【ケータイラボ】3.2メガピクセルカメラやGPS機能が使える!ハイスペックケータイ「813T」

「813T」は、コンパクトなボディーに、3.2メガピクセルカメラやGPS機能を内蔵した東芝製のハイスペックケータイ。発売時期は3月上旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「813T」は、落ち着いた雰囲気の上質感漂うクールカラーをま…

【デジカメ調査室】トリプルブレ補正機能を搭載したキュートなデジカメ「FS1」

「FS1」は、薄さ24.2mmのスリムなボディに、600万画素CCDとトリプルブレ補正機能を搭載したコンパクトなデジタルカメラ。2月9日より発売が開始され、カラーバリエーションは、シルバー、ブルー、ピンクの3色。価格は、オープンプライ…

【ケータイラボ】ほぼフルスペックの高機能ケータイ「W52T」

3インチのワイドVGA液晶画面(800×480ドット)にワンセグ、デジタルラジオ、おサイフ機能にBluetoothなど、現在auの携帯電話で考えられるほとんどのスペックが詰め込まれた高機能端末「W52T」が発売になった。ただ、auの高速通信規格「…

【ゲームの穴】 Wii Sportsを10倍楽しもう!もっとリアルにプレイするアクセサリーで遊ぼう

家庭向けゲーム機の中で、迫力の体感ゲームを満喫できるのが任天堂の「Wii」だ。Wiiの魅力は、体を使って付属のWiiリモコンを動かすことで、誰でも簡単にゲームを楽しめる点だ。Wiiリモコンは、バイブレーションにも対応しており、振動…