ソフトバンク、SoftBank向けフラッグシップスマホ「Xperia XZ3」の事前予約受付を開始!11月上旬発売で価格は本体代11万9040円の実質6万4320円に



SoftBank向けフラッグシップスマホ「Xperia XZ3」が予約スタート!

ソフトバンクは12日、携帯電話サービス「SoftBank」向け「2018年冬モデル」のうちのAndroid 9(開発コード名:Pie)搭載フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ3」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を予約開始したとお知らせしています。

発売は2018年11月上旬以降を予定しており、ソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店舗および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」」にて予約受付を実施しています。価格も案内されていますので合わせて紹介したいと思います。



Xperia XZ3はディスプレイに「[[Xperia]]」シリーズでは初の有機ELパネルを採用した新しいフラッグシップスマホで、縦長画面と丸みのあるデザインコンセプト「Ambient Flow」で近未来感のある製品に仕上がっています。

主な仕様は画面上部中央には切り欠き(いわゆる「ノッチ」)のないアスペクト比9:18の縦長なHDR対応の約6.0インチQHD+(1440×2880ドット)有機ELやSnapdragon 845、4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージ、microSDカードスロット、3200mAhバッテリー、USB Type-C端子など。

カメラは背面および前面ともに「Exmor RS for mobie」のシングルカメラで、約1920万画素メモリー積層型CMOSリアカメラおよび約1300万画素CMOSフロントカメラを搭載。防水・防塵に対応するほか、SoftBank版などの日本向け製品ではおサイフケータイ(FeliCa)やワンセグ・フルセグにも対応しています。

SoftBankでは前機種「Xperia XZ2」で海外版やNTTドコモ、auと比べてカラーバリエーションが少なかったのですが、今回はきちんと4色揃ってブラックおよびホワイトシルバー、フォレストグリーン、ボルドーレッドの4色展開。サイズは約158×73×9.9mm、質量は約193g。

またSoftBank回線での携帯電話ネットワークは下り最大774Mbpsおよび上り最大37.5Mbpsとなっており、対応周波数帯は以下の通り。外観はSoftBankロゴはなく、海外版と同じになっています。その他の詳細な製品情報は『ソフトバンク、SoftBank向け最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ3」を発表!縦長な6インチQHD+有機ELや4GB RAM、防水・防塵など。11月上旬以降発売予定 - S-MAX』をご覧ください。

4G LTE(FDD-LTE方式):Band 1、2、3、4、8、11、12、17、28
4G(TDD-LTE方式):Band 38、39、40、41、42
4G(AXGP方式):Band 41
3G(W-CDMA方式):Band I、II、IV、VIII
2G(GSM方式):850、900、1800、1900MHz

今回予約が開始されたSoftBankのXperia XZ3ですが、現在、ソフトバンクオンラインショップで案内されている本体価格(税込)は以下の通り。また機種代金が最大半額になる「半額サポート for Android」の対象機種にもなっており、分割払いは48回も選べます。

なお、新料金プラン「ウルトラギガモンスター+」は分離プランとなっているため、月月割は付かないほか、月月割については「通話定額プラン」および「通話定額ライトプラン」、「ホワイトプラン」を継続利用して機種変更する場合に2019年1月31日(木)以降は対象とならないのでご注意ください。

Xperia XZ3新規契約・機種変更・他社から乗り換え(MNP)
本体価格119,040円(分割4,960円/月×24回)
月月割-2,280円/月×24回(総額-54,720円)
実質負担額64,320円(分割2,680円/月×24回)




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Xperia XZ3 関連記事一覧 - S-MAX
Xperia XZ3 | ソフトバンクオンラインショップ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】際立つ薄さ約11.9mm!3Gハイスピード対応スリムケータイ「707SCII」

「707SCII」は、薄さ約11.9mmを実現したスリムケータイ。発売時期は今春を予定し、価格はオープンプライス。「707SCII」は、薄さ11.9mmのスリムボディーを採用したので、バッグやポケットに入れてもかさばらずに、スマートに持ち運べる…

【ケータイラボ】福岡ソフトバンクホークス公認!プロ野球ケータイ「ホークスケータイ」

「ホークスケータイ」は、本体表面に福岡ソフトバンクホークスオフィシャルロゴを配置した、シャープ製のケータイ。発売時期は、3月上旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「ホークスケータイ」は、待受け画面やメニュー画面、着…