KDDIが大容量通信時代に向けた新料金プランを提供!2時間映画が50本観られるコミコミの「auフラットプラン25 Netflixパック」がスタート【レポート】



auが新料金プラン「auフラットプラン25 Netflixパック」で新規顧客を開拓!

KDDIおよび沖縄セルラー電話が携帯電話サービス「au(エーユー)」向けの新料金プランの発表イベント「Netflixプラン提供開始イベント」を8月28日に開催し、新料金プランのサービス提供の開始とその背景について解説を行った。

VODサービスである「Netflix」の「ベーシックプラン」と同社の「ビデオパス」の「見放題プラン」のサブスクリプションがセットになった新料金プラン「auフラットプラン25 Netflixパック」は、通話と25GBのデータ通信がパックになったもの。

ソフトバンクも翌日、YouTubeやAbemaTV、Huluといった動画サービスやFacebookやLINE等もデータ容量にカウントされない「ウルトラギガモンスター+」を発表するなど、通信の大容量化と政府の値下げに対する圧力へのひとつの回答としているようである。

今回はそんな大容量通信時代の新料金プランとなるauフラットプラン25 Netflixパックのサービスについて紹介していく。


新料金プランについては、KDDI ライフデザイン事業本部 エンターテインメントビジネス推進部長の宮地悟史氏がプレゼンテーションを行った。

宮地氏はフラットプラン25という名称から、大容量データ通信を必要とするハイエンドの料金プランと思われるかも知れないが、「あらゆるお客様にエンターテイメントを楽しんでいただきたいということで、身近な料金プランになるような位置づけ」と説明した。


5分間のかけ放題が利用できるスーパーカケホと組み合わせた場合、5,500円(1年間の割引サービス、2018年12月31日加入分まで)からNetflix(800円/月)とビデオパス(562円/月)のサービスもコミコミで利用できるものである。


こうしたサービスを開始する背景には、有料コンテンツサービスは外で利用しているケースが多いことを挙げた。一方で、サービスに加入していないユーザーは料金や端末などの不安要素もあることから、すべてをコミコミにした料金でわかりやすくして市場の開拓を狙う。


25GBというデータ容量は、動画で約100時間相当であり2時間映画なら約50本分相当だという。


新料金プランは、新規契約や機種変更だけではなく契約中の料金プランの変更として申込み可能である。また、既にNetflixやビデオパスに加入している場合は、新たな月額料金を支払うことなく既存のIDをそのまま新料金プランに移行できると説明した。


新料金プランの割引施策として、Netflixプランに加入すると対象タブレットが最大5,000円割引となる「Netflixプランでタブレット割」もスタートする。対象となるタブレットは、以下となる。

・iPad:12.9インチiPad Pro、10.5インチiPad Pro、iPad (第6世代)、iPad(第5世代)、iPad mini 4
・Android:Qua Tab QZ10、Qua Tab QZ8、Qua tab PZ、Qua tab PX、XPERIA Z4 Tablet SOT31


動画リンク:https://youtu.be/6K3P7yKaoeM

動画をいつでもどこでも楽しみたいというユーザー向けの新料金プラン「auフラットプラン25 Netflixパック」は、すでに大容量プランとNetflixを契約中であればお得であるのだが、パックの中のNetflixのプラン自体はSD画質で同時視聴は1端末のみの「ベーシック」プランであるため、タブレット端末やPCでHD画質以上を視聴している場合は注意が必要である。

宮地氏が冒頭で説明した「ハイエンドの料金プランではなく」、あくまでエンターテイメントを楽しんでみたいというユーザー向けの、新機軸のプランであると理解すると良いだろう。



記事執筆:mi2_303


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・KDDIがNetflixとビデオパスの月額利用料金を含んだ新プラン「au フラットプラン 25 Netflix パック」を発表!20GB+5GBで月額5500円から【レポート】 - S-MAX
・auフラットプラン25 Netflixパック | au

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【デジカメ調査室】ハイビジョン画質の動画をDVDに記録する「HDR-UX7」レビュー

ソニーのハンディカムシリーズ「HDR-UX7」は、HD画質の映像を8cmDVDに記録する。ドイツの名門光学メーカー「カール ツァイス」のレンズを採用し、高画質の撮影ができることが特徴だ。動画撮影時の有効画素数は228万画素、静止画撮影時…

【気になるPC】データ放送対応!最強のUSBワンセグチューナー「SEG CLIP」

アイ・オー・データ機器より、USB接続ワンセグチューナー「SEG CLIP GV-1SG/USB」が発売された。標準価格は1万1,130円で、店頭実売価格は1万円前後。USBコネクタに挿すことで、携帯機器向けのデジタル放送であるワンセグ放送をPCで受信…

【Wii特集】-5 WiiでYouTubeを見放題!お宝動画を楽しもう

動画共有サイト「YouTube」は、インターネットの楽しみを大きくしたと言っても過言ではないだろう。YouTubeは、世界中の人が自由に動画をアップロードすることで、今まで見ることができなかったムービーが次から次へと投稿されている。…

【ゲームの穴】 お宝動画を見放題!DSで楽しむマルチメディア・ツールを大公開

任天堂の携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」は、ペン入力による直感的な操作が人気を呼び、子供から大人までが夢中になる空前のヒット商品となった。しかし、武蔵坊弁慶ほどの豪傑でも「弁慶の泣きどころ」と呼ばれる弱点があるように、…