電波法違法になるのでただちにWi-Fiをオフにするようお願い!MAYA SYSTEM、Android 7.0 NougatにしたSIMフリースマホ「FREETEL Priori 4」のWi-Fi電波出力が規定以上になっていると案内



SIMフリースマホ「FREETEL Priori 4」のWi-Fi電波出力が規定以上に!

MAYA SYSTEMは8日、プラスワン・マーケティングから事業譲受したSIMフリーブランド「FREETEL(フリーテル)」におけるスマートフォン(スマホ)「Priori 4」において2017年11月6日より配信されているソフトウェア更新を適用すると認められていない無線LAN(Wi-Fi)の電波が出力されていることが判明したとお知らせしています。

これにより、Priori 4を該当するビルド番号「FREETEL_FTJ162D_20170914_1455」で利用すると電波法違反となってしまうため、同社ではただちにWi-Fiの利用を停止するようお願いし、今後の対応については改めて案内するとしています。なお、認証取扱業者はプラスワン・マーケティングだとのこと。


Priori 4はFREETELの低価格なエントリークラスの「Priori」シリーズの第4段で、約5.0インチHD(720×1280ドット)IPS液晶や2GB内蔵メモリー(RAM)、大容量4000mAhバッテリー(取外不可)などを搭載したSIMフリースマホです。

該当する2017年11月6日より配信しているソフトウェア更新では「Android 7.0(開発コード名:Nouga)」へのOSバージョンアップを含んでおり、同社では該当するかどうかはPriori 4がAndroid 7.0であることを確認するよう案内しています。

またAndroid 7.0 NougatにしたPriori 4では電波法違反となったしまうため、ホーム画面から「設定」→「Wi-Fi」にてスイッチをオフにする手順でWi-Fiをオフにするよう案内しています。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Priori 4 関連記事一覧 - S-MAX
・【緊急のお願い】Priori 4に関する重要なお知らせ | FREETEL(フリーテル)

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【ケータイラボ】出先で利用するのはどれがオススメ? 最新の″カード型通信端末″をチェック

筆者は、出先で仕事をすることが多くあるので、ノートパソコンを持ち歩くことが多い。特に最近はモバイルタイプのノートパソコンが軽量化したことで、持ち運びに苦痛を感じなくなったから持ち歩くことが多くなった。また、無線LANに対応…

【アキバ物欲】何かお探し物ですか? ご主人様!メイドさんが教えてくれる″秋葉原無料案内所″

秋葉原は、世界的な電気街であるとともにサブカルチャーの情報発信地としてすでに観光地化されている。訪れる人も、国内のみならず海外からも非常に多くなっている。アキバ自体の広さは、たかが知れているが、そこのひしめくショップは…

【世界のモバイル】ドコモの2in1より便利? 中国のデュアルSIMカード端末

1台の携帯電話で2つの電話番号とメールアドレスが利用できるNTTドコモの「2in1」サービスは"仕事とプライベート"、"メイン用とサブ用”など、電話番号を複数利用したい利用者には便利なサービスだ。諸外国でも同様のサービスはあるが、…

【世界のモバイル】1回線契約なのに複数の端末が利用できる!海外のマルチSIMカードサービスの恩恵

一人で複数の携帯電話を利用したり、ノートPC用にデータ通信カードを利用するなどの回線を複数契約して利用しているユーザーも多いだろう。利用する端末の数が増えれば回線契約も増えるのは当然のことだが、海外では一つの回線契約で複…