これぞ有終の美!「囲碁電王戦FINAL」最終局で「DeepZenGo」が趙治勲名誉名人に勝利


ドワンゴは、日本棋院の協力のもと、2018年4月7日(土)に、日本発の囲碁AI「DeepZenGo」が過去に敗退した中国、韓国、日本のトップ棋士達に挑む「囲碁電王戦FINAL」 の第3局を日本棋院 東京本院で開催した。

その結果、「DeepZenGo」は趙治勲名誉名人に対し、85手まで黒番中押し勝ちし、「囲碁電王戦FINAL」は「DeepZenGo」の2勝1敗で幕を閉じた。

なお、2016年3月に発足した日本発の囲碁AI開発プロジェクト「DeepZenGoプロジェクト」は本対局をもって終了し、囲碁AI「DeepZenGo」は引退となる。

■第3局 対戦結果
開催日時:2018年4月7日(土) 10:00〜14:00
対局場所:日本棋院 東京本院
対局結果:【先手】「DeepZenGo」 vs 【後手】趙治勲名誉名人 ⇒85手で「DeepZenGo」の黒番中押し勝ち
対局ルール:19路盤、互先(黒番6目半コミ出し)日本ルール、持ち時間3時間・5分前から1分の秒読み
※休憩時間は設けず終局まで打ち継ぐ

■終局後の両対局者のコメント
<趙治勲名誉名人>
「『DeepZenGo』の実力は2年前とは比べられない程強くなっています。2年前の対局時は勝てるという自信を持てたのですが、今回は思うように並べられませんでした。『DeepZenGo』は、棋士の皆さんの勉強にもなりますし、幽玄の間でも若手棋士と24時間相手をしてくれるので、感謝の言葉しかないです。『DeepZenGoプロジェクト』が終わってしまうことは残念でなりません。」

<「DeepZenGo」の開発メンバー加藤英樹氏>
「まずは、勝ち越ししてよかったです。趙治勲先生は、『DeepZenGoプロジェクト』が始まって最初に3局を打っていただいた相手で、その時負け越した相手でもあるので、色々な意味で思い出があります。「囲碁電王戦FINAL」の3局は中国、韓国、日本と、忙しく駆け巡っていましたが、『DeepZenGo』としてはこれが最後となります。ファンの皆様にはこれまでの応援ありがとうございました。これからも現役で研究を続けますので、よろしくお願いいたします。」

■ニコニコ生放送

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
・みんなの競走馬を育てていく「リアルダービースタリオン」。2回目の種付け予定
・コスプレイヤーと企業を繋ぐコスプレイヤー専用エージェンシーサービス「COSPLAY AGENCY」開始
・「ニコニコ生放送」&「ニコニコチャンネル」の2018年4月期TVアニメ新番組発表
・やったぜ!「囲碁電王戦FINAL」第2局の結果「DeepZenGo」が世界最強棋士に勝利
・ニコ生でももいろクローバーZ、「ももクロ春の一大事2018」独占生中継

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

日本全国が無線LANスポットに!「どこでもWi-Fi」【ケータイラボ】

最近は、無線LAN機能を搭載するデジタルグッズが増えてきた。ニンテンドーDSiやプレイステーションポータブル(PSP)は無線LANで対戦型ゲームを遊べるし、iPod touchは無線LANを利用してネットサーフィンも楽しめる。無線LANは携帯型デ…

報道番組の裏側を伝える!日本テレビ「ZERO 写真展」を開催へ

株式会社リコーは、フォトギャラリー「RING CUBE」において写真家 大村克巳氏による「ZERO 写真展」を2009年4月1日より開催する。「ZERO 写真展」は、大村克巳氏が日本テレビで放送中のニュース番組「NEWS ZERO」に密着し、番組を支える出演者…

日本一短いスカートの想い出と政治家は酒杯の陰謀にはご用心【4コマでわかる時事ニュース】

時事4コマは、最新のニュースを笑いあり、風刺ありでお伝えする4コマ漫画です。ちょっと見逃されているようなニュースも、4コマ作家の鋭いセンスで毎日ピックアップ!されています。今週は、スカイマークの制服が廃止、新潟の日本一短い…

iPhoneが開く国境なきビジネス 日本を飛び越え世界で勝負する【デジタルネイティブと企業】

アップル社が世界各国で発売したiPhone 3Gはスマートフォン市場に大きなムーブメントを巻き起こしたが、iPhone 3G登場の影響は、スマートフォンという端末市場だけではない。それ以上にiPhone 3G上で動作するアプリケーション市場が世界…

狂い咲け日本の春はコレからだ!お花見でブレイクする最新グッズ【ネット物欲魂】

春一番の恒例行事といえば、「お花見」をおいてほかにはない。本来、お花見は桜などの春の花の開花を鑑賞し春の訪れを寿ぐ慣習だが、今日では桜の花の下で繰り広げられる大宴会となっている。お花見の宴会については賛否両論はあるだろ…