携帯電話サービス「J:COM MOBILE」にて人気スマホ「iPhone 6s」の整備済製品を2月15日に発売!SIMカードとセットで6万4800円で、端末割や半額アシストも利用可能



J:COM MOBILEでiPhone 6sのリファービッシュ品が販売開始!

ジュピターテレコム(以下、J:COM)は1日、同社がNTTドコモやauから回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「J:COM MOBILE」( https://www.jcom.co.jp/service/mobile/ )においてスマートフォン(スマホ)「iPhone 6s」(Apple製)のリファービッシュ(整備済)製品を2018年2月15日(木)に取扱開始するとお知らせしています。

販売拠点はJ:COM MOBILEのすべての販路(ジェイコムショップや公式Webサイト、訪問販売)で、公式Webサイトでは2月15日10:00から申込受付を開始するとのこと。

価格はJ:COM MOBILEの「Aプラン」(au回線)におけるSIMカード(携帯電話回線契約)とセットで64,800円(分割1,350円/月×48回)となっており、270円/月×48回の割り引きが受けられる「端末割」や「半額アシスト」といった「スマホmoreプログラム」も利用可能。


iPhone 6sのシルバーとゴールド

日本ではiPhoneの人気が高く、いわゆる「格安SIM」としてシェアを伸ばしているMVNOでも消費者からiPhoneを販売して欲しいというニーズが多くあるということですが、iPhoneはAppleから直接仕入れることがMVNOでは難しいようでこれまでいくつかのMVNOでは新品ではないリファービッシュ製品を販売しています。

今回、J:COM MOBILEも新たにiPhone 6sのリファービッシュ製品の取扱を行うとのこと。なお、J:COMで販売されるiPhone 6sのリファービッシュ製品はメーカーのApple公式の整備済製品ではなく、サードパーティー業者によって整備されたものだとし、入手経路は非公開としています。

販売されるモデルは、内蔵ストレージ容量が64GBで、本体カラーがゴールドとシルバーの2色。付属品はLightningケーブルおよびイヤホン、SIMピンとなっているものの、新品には付属するACアダプターは付属しないということです。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・iPhone 6s 関連記事一覧 - S-MAX
・2018年2月15日 10:00申込受付開始!iPhone 6s (リファービッシュ) | J:COM MOBILE | J:COM

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

真のモバイル・ブロードバンド時代へ!「UQ WiMAXサービス開通式」レポート【ケータイラボ】

UQコミュニケーションズ株式会社は、高速モバイルデータ通信が利用できる世界基準のフューチャー・ブロードバンド通信サービス「UQ WiMAXサービス」を開始するのに先立ち、2009年2月26日、都内 帝国ホテル本館4階「桜の間」において「UQ…

有名ブランド製品の半値も? お値打ち地デジ対応液晶テレビを探せ【ネット物欲魂】

一時は高額家電の代名詞だった液晶テレビだが、地上デジタル放送への移行が近づくにつれ、価格破壊が起こっている。地上デジタル放送のハイビジョン映像を楽しむためには、ハイビジョン対応テレビが必要だ。自宅のテレビが未対応の場合…

FON公式サポート!高速で安価な「livedoor プロバイダ」

自宅でインターネットに接続するためには、プロバイダと契約しなければならないが、そこで問題となるのがプロバイダの選択だ。ひとくちにプロバイダといってもプロバイダごろにサービスは多種多様であり、同じプロバイダで複数のプラン…

iPhoneが開く国境なきビジネス 日本を飛び越え世界で勝負する【デジタルネイティブと企業】

アップル社が世界各国で発売したiPhone 3Gはスマートフォン市場に大きなムーブメントを巻き起こしたが、iPhone 3G登場の影響は、スマートフォンという端末市場だけではない。それ以上にiPhone 3G上で動作するアプリケーション市場が世界…

屋外でも光の高速ネットを実現!「UQ WiMAX」の仕組み【最新ハイテク講座】

仕事だけでなくプライベートでも、今やインターネットは欠かせない存在となってきた。インターネット白書2008によると、日本のインターネット市場はすでに成熟期に入り、光ブロードバンドも急速に普及している。会社や家庭だけでなく、…