KDDI、auオリジナルブランドのタブレット「Qua tab QZ8 KYT32」および「Qua tab QZ10 KYT33」を発表!防水・防塵対応で、ステーショナリーブランド「Rollbahn」とのコラボも



au向けタブレット「Qua tab QZ8・QZ10」が発表!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は9日、都内にて今春に発売する「2018年春モデル」の説明会を開催し、auオリジナルブランドのタブレット「Qua tab」シリーズに新たに8インチの「Qua tab QZ8(型番:KYT32)」および10インチの「Qua tab QZ10(型番:KYT33)」(ともに京セラ製)を発表しています。

発売時期はQua tab QZ8が2018年1月下旬、Qua tab QZ10が2018年2月下旬で、auショップなどのau携帯電話取扱店や公式Webストア「au Online Shop」にて事前予約受付が実施される予定。

同時発表された「Qua phone QZ(型番:KYV44)」と同じくステーショナリーブランド「Rollbahn(ロルバーン)」(DELFONICS製)とコラボレーションしたオリジナルの「Rollbahnフラップケース」を公式アクセサリーブランド「au +1 collection」から発売するほか、記念のオリジナルノートを抽選でプレゼントするキャンペーンも実施します。

なお、本体カラーはQua phone QZがチョコミントおよびカシスピンク、シトラスレモン、インディゴの4色ですが、Qua tab QZ8がチョコミントおよびオフホワイト、モカブラックの3色、Qua tab QZ10がオフホワイトおよびボルドー、オリーブブラックの3色となっています。



Qua tab QZ8

Qua tab QZ8およびQua tab QZ10はauオリジナルブランド「Qua」シリーズのタブレット「Qua tab」の最新機種で、前機種の10インチ「Qua tab PZ」や8インチ「Qua tab PX」がともにLG Electronics製でしたが、新たに京セラが開発・製造を担当しています。

共通仕様として画面がWUXGA(1920×1200ドット)TFT液晶や3GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大256GBまで)、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.2、位置情報取得(GPS)、3.5mmステレオイヤホンマイク端子、USB Type-C端子、防水(IPX5およびIPX8準拠)、防塵(IP5X準拠)、緊急速報メールあたり。



Qua tab QZ10

一方、画面サイズに伴ってサイズや質量、バッテリーが異なっているほか、チップセット(SoC)がQua tab QZ8が「Snapdragon 430(MSM8937)」(1.4GHz×4コア+1.1GHz×4コア)とQua tab QZ10が「Snapdragon 625(MSM8953)」(2.0GHz×8コア)となっており、さらにQua tab QZ10はワンセグおよびフルセグ(視聴・録画)にも対応しています。主な比較表は以下の通り。

機種Qua tab QZ8Qua tab QZ10
画面8.0型WUXGA10.1型WUXGA
大きさ126×214×8.3mm259×168×8.6mm
(暫定値)
重さ325g測定中
電池容量5200mAh7000mAh
(暫定値)
OSAndroid 7.1Android 7.1
SoCSnapdragon 430Snapdragon 625
RAM3GB3GB
ストレージ32GB32GB
背面カメラ1300万画素1300万画素
前面カメラ500万画素500万画素
防水IPX5・IPX8IPX5・IPX8
防塵IP5XIP5X
ワンセグ
フルセグ

リアカメラはピント合わせの早い「像面位相差オートフォーカス(PDAF)」や被写体と背景の明暗差が大きいシーンなどで露出を補正して白とびや黒つぶれを抑える「HDR撮影」に対応。連続待受時間および充電時間はQua tab QZ10は測定中ですが、Qua tab QZ8はそれぞれ約1000時間(4G LTE・WiMAX 2+)および約200分(Type C共通ACアダプタ01[別売]使用時)。

SIMカードサイズも同じで「au Nano IC Card 04 LE」となっており、最大通信速度はQua tab QZ8がLTE UE Category 4でキャリアアグリゲーション(CA)に対応せず下り最大150Mbpsおよび上り最大25Mbpsなのに対し、Qua tab QZ10は2CAに対応した下り最大225Mbpsおよび上り最大25Mbpsに対応。


Qua tab QZ8



Qua tab QZ10

また両機種ともに簡単にレシピ検索ができ、レシピを表示しながらマルチウィンドウでタイマーやYouTube、ミュージックプレイヤーを使用することが可能な「クックプラス」を搭載したことによって楽しみながら料理をすることができるようになっています。

Qua tab QZ10はディスプレイ両サイドにフロントステレオスピーカーを搭載し、迫力のある音を楽しめます。加えて、Qua tab PZで対応していた充電中に置時計やフォトフレームとして使える「Info Clock」機能を搭載し、部屋のインテリアとしても活躍します。

さらに子どもがタブレットを使う際に子どもが使うアプリを1つに指定できる「子どもロック」を搭載し、利用時間を設定して長時間の使い過ぎを防止することも可能。おサイフケータイ(FeliCa)やNFC、au世界サービス、赤外線、耐衝撃には非対応。それぞれRollbahnフラップケースのほか、保護フィルムや保護ガラスがau +1 collectionから発売されます。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・au 2018春モデル7機種を取り扱い | 2018年 | KDDI株式会社
・「Qua tab QZ8(キュア タブ キューゼットエイト)」登場 | ニュースリリース | 京セラ株式会社
・「Qua tab QZ10(キュア タブ キューゼットテン)」登場 | ニュースリリース | 京セラ株式会社
・Qua tab(キュア タブ)QZ8 | タブレット|au
・Qua tab(キュア タブ ) QZ10|タブレット|au
・Qua tab QZ8 | 製品情報 | スマートフォン・携帯電話 | 京セラ
・Qua tab QZ10 | 製品情報 | スマートフォン・携帯電話 | 京セラ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】際立つ薄さ約11.9mm!3Gハイスピード対応スリムケータイ「707SCII」

「707SCII」は、薄さ約11.9mmを実現したスリムケータイ。発売時期は今春を予定し、価格はオープンプライス。「707SCII」は、薄さ11.9mmのスリムボディーを採用したので、バッグやポケットに入れてもかさばらずに、スマートに持ち運べる…

【デジカメ調査室】乾電池対応!光学6倍ズームのコンパクトデジカメ「LZ7」

「LZ7」は、720万画素CCDを搭載した乾電池対応のコンパクトデジタルカメラで、2月9日より発売を開始する。カラーバリエーションは、シルバーのみ。価格は、オープンプライス。市場想定価格は、3万3,000円前後の見込み。外出先でも手…