KDDI、au向けキッズケータイ「mamorino4 ZTF32」を発表!VoLTE・防水・防塵・耐衝撃に対応し、タッチパネルや音声による操作が可能に



au向けキッズケータイ「mamorino4」が発表!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は9日、都内にて今春に発売する「2018年春モデル」の説明会を開催し、防水・防塵・耐衝撃に対応したタッチ操作のキッズケータイ「mamorino4(型番:ZTF32)」(ZTE製)を発表しています。

発売時期は2018年2月上旬を予定。au向けキッズケータイ「mamorino」シリーズとしてはスマートウォッチを除くと実に5年ぶりで、新たにAndroidベースとなり、タッチパネル操作や音声操作、au VoLTEなどに対応し、ココセコムとの連携もできるようになっています。

また新たにmamorino4向け料金プラン「ジュニアケータイプラン」も発売と同時に提供され、月額500円で家族宛通話や家族宛SMS送信、国内SMS受信が無料となるとのこと。家族宛以外は通話は一律20円/30秒、SMS送信は3円/通(金額はすべて税別)。



mamorino4はOSにAndroidベースを採用したタッチ操作のキッズ向けケータイで、2013年1月に発売された前機種「mamorino3(型番:KYY01)」(京セラ製)の後継機種で、新たにキッズ向けスマートウォッチ「mamorino watch(型番:ZTF31)」に続いて開発・製造をZTEが担当しています。

大きく見やすい約2.8インチQVGA(240×320ドット)液晶を搭載し、タッチパネルでの操作も快適。また手入力不要で、声を使って簡単に操作が可能な「音声操作補助機能」を搭載し、音声操作で電話やメッセージ(SMS)が利用可能。

他にも音声操作補助機能でストップウォッチや歩数計、録音、ボイスチェンジなどの画面を立ち上げることが可能。なお、mamorino3で対応していたEメールには非対応となっています。



緊急速報メールやau VoLTE、Bluetooth、GPSには対応、おサイフケータイ(FeliCa)や赤外線、NFC、無線LAN(Wi-Fi)には非対応。内蔵メモリー(RAM)は512MB、内蔵ストレージは4GB。アドレス帳登録は最大50件で、メッセージ(SMS保存件数)は最大500件、定型文登録件数は最大30件まで。

サイズは約99×56×15.5mm、質量は約105g、本体カラープリンセスパープルおよびサニーイエロー、スポーティーブルー。デザインは丸みを帯びたフォルムと光沢ある素材が特徴で、ランドセルなどで人気色のあるパープルを新たに採用し、スポーティーブルーではディスプレイまわりのボード部分をネイビーにして色調の統一感を持たせています。

電池容量は1200mAhで、連続通話時間(VoLTE)は約530分、連続待受時間(LTE)は約300時間、充電時間は約140分(共通ACアダプタ05[別売]仕様時)。電池パックは取外可能で、背面カバーは専用の工具が必要。試供品として背面カバー取り外し用工具および背面カバー止めネジ、防犯ブザー用ストラップが付属。



また別売で「充電用卓上ホルダ」も用意。ACアダプタを本体に挿さなくても手軽に充電可能。SIMカードはnanoSIMカード(4FF)サイズの「au Nano IC Card 04 LE」。防水はIPX5およびIPX7準拠、防塵はIP5X準拠。最大通信速度はジュニアケータイプラン加入時で128Kbps。

防犯ブザーを搭載し、防犯ブザーを鳴らすと鳴動とともに緊急連絡先への音声発信、「居場所お知らせメール」が送信されることによって子どもの安全を守るほか、防犯ブザーを鳴らすと、自動的にココセコムオペレーションセンターに通報する「通報サービス」に対応。






記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・au 2018春モデル7機種を取り扱い | 2018年 | KDDI株式会社
・[ZTEジャパン] 画面タッチ&音声操作で使いやすい。見守り機能充実のキッズ向けケータイ<br>ZTE、『mamorino4』を2月上旬よりKDDIから発売 - ZTE Japan
・mamorino4(マモリーノ フォー) | ケータイ | au

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】際立つ薄さ約11.9mm!3Gハイスピード対応スリムケータイ「707SCII」

「707SCII」は、薄さ約11.9mmを実現したスリムケータイ。発売時期は今春を予定し、価格はオープンプライス。「707SCII」は、薄さ11.9mmのスリムボディーを採用したので、バッグやポケットに入れてもかさばらずに、スマートに持ち運べる…

【デジカメ調査室】乾電池対応!光学6倍ズームのコンパクトデジカメ「LZ7」

「LZ7」は、720万画素CCDを搭載した乾電池対応のコンパクトデジタルカメラで、2月9日より発売を開始する。カラーバリエーションは、シルバーのみ。価格は、オープンプライス。市場想定価格は、3万3,000円前後の見込み。外出先でも手…