セブン銀行ATMで「LINE Pay」にチャージしてみた!銀行口座への入金と同じ感覚でスピーディーにチャージ完了【レポート】



ゼロから始めるスマートフォン

LINE Payが10月23日よりコミュニケーションサービス「LINE(ライン)」と連携する決済サービス「LINE Pay」( http://line.me/pay )においてセブン銀行のATMで現金の入金(チャージ)と出金を可能とする連携を開始しました。

また同社ではLINE Payの2017年10月末の時点で月間取引件数1000万件を突破し、さらに今年に入ってから11月までの時点で月間流通総額550億円を記録、累計流通総額は日本円で3,000億円となっていることを明らかにしています。

徐々に利用者や件数、認知度などが上がってきているLINE Payですが、オンライン決済のほか、専用プラスチックカード「LINE Payカード」によってプリペイドカードとしても利用できます。以前は、LINE Payカードは「LINEプリペイドカード」と同様に店頭でも手に入れられましたが、現在はWebサイトでの申込後の郵送によっての発行となっています。

今回はセブン銀行ATMでLINE Payへのチャージや出金ができるようになったということで、実際に試してみたので紹介したいと思います。なお、試したのはチャージだけです。


LINE Pay カードをATMに入れます。


入金(チャージ)か出金かを選びます。


手数料の確認をします。チャージに手数料はかかりません。1,000円から、1,000円単位でチャージできます。


お金を投入します。


入金金額を確認します。一部入金はできませんから、例えば5千円札を使って2千円だけチャージするというのはできません。


チャージできました。カードと明細書が排出されます。


明細書はこんな感じ。


スマートフォンにはチャージ完了の知らせが来ました。


アプリからも残高を確認できます。ちゃんと1,000円がチャージされていました。

LINE Payカードがあると、キャッシュカードで銀行口座へ預け入れするときとまったく同じ流れでチャージができます。

店員さんに声掛けする必要もありませんし、手軽でいいです。子供や高齢の母親にも気兼ねなく利用をすすめられます(主にポイント獲得を狙って)。


LINE Payカードを使わないチャージもやってみました。LINE Payの画面で緑色のボタンをタップし、「セブン銀行ATM」を選択します。


次へをタップしてQRコードの読み取り画面を表示させます。


ATMの操作に移ります。画面右下の「スマートフォン出金・入金」をタップ。


QRコードが表示されるので、スマートフォンから読み取ります。


スマートフォンに企業番号が表示されます。


ATMのテンキーで企業番号を入力します。


ATMの画面で「確認」をタップします。この後の流れはカードを使ったチャージの時と同じです。手数料確認、紙幣投入、金額確認、チャージ完了……となります。

LINE Pay カードを使ってチャージする方法に比べて、画面を行ったり来たり、コードを読み込んだりと、行程が増えて一気に操作が煩わしくなります。

カードをいつも手元に持っておく必要はありますが、より簡単にチャージしたいならカードを使ったチャージがオススメです。

記事執筆:ゼロから始めるスマートフォン


■ゼロから始めるスマートフォン
■セブン銀行ATMでLINE Payにチャージしてみた。銀行口座への入金と同じ感覚でスピーディーにチャージ完了 - ゼロから始めるスマートフォン

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・【LINE Pay】セブン銀行ATMとの連携を開始 | LINE Corporation | ニュース
・【LINE Pay】全世界で月間取引件数1,000万件突破 | LINE Corporation | ニュース
・LINE Pay

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】このサイズでスマートフォン、ノキア「705NK」

昨年中に発売されそうだと予想されていたものの、結局年を越して発売になったのがノキア「705NK」である。Vodafone時代……ひとつ前に出た「804NK」が折りたたみモデルだったのに対して、今回のモデルはストレートモデルである。ウリはな…

【モバイル通信の実力チェック】ついに夢の2Mbps超え!高速通信カード″FOMA M2501 HIGH-SPEED″を徹底チェック

先週のモバイル通信の実力チェックでは、イー・アクセスが提供する最大3.6Mbps※のHSDPA通信サービス"EM モバイルブロードバンド"を利用できるモバイル端末"EM・ONE"の実力を検証した。実はNTTドコモも、最大3.6Mbps※のHSDPA通信サービス…

【ケータイラボ】出先で利用するのはどれがオススメ? 最新の″カード型通信端末″をチェック

筆者は、出先で仕事をすることが多くあるので、ノートパソコンを持ち歩くことが多い。特に最近はモバイルタイプのノートパソコンが軽量化したことで、持ち運びに苦痛を感じなくなったから持ち歩くことが多くなった。また、無線LANに対応…

【モバイル通信の実力チェック】PHS高度化通信の限界に挑戦!W-OAM typeG対応通信カード″AX530IN″を徹底チェック

モバイル通信の実力チェックでは、最大3.6Mbps※1のHSDPA通信サービスを利用できる端末として、イー・アクセスの"EM・ONE"と、NTTドコモの"FOMA M2501 HIGH-SPEED"を紹介した。EM・ONEは1.6Mbps超え、"FOMA M2501 HIGH-SPEED"にいたっては…

【ケータイラボ】ケータイからスマートフォン時代へ!無線LAN搭載の″新W-ZERO3[es]″が登場

■ウィルコムの"スマートフォン"がさらに小さくスマートに!通話ができて、インターネットに接続できて、ワードやエクセルが使える…高機能であるが故に多少大きくてもかまわない……というような感じで認識されているスマートフォン。しか…