NTTドコモがハイエンドスマホ「Xperia XZs SO-03J」をMNPで一括約1.5万円に!端末購入サポートに追加――960fpsスローモーション撮影に対応したMotion Eyeカメラ搭載



ハイエンドスマホ「docomo Xperia XZs SO-03J」がMNPで約1.5万円に!

NTTドコモは17日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて「2017年夏モデル」として今年5月に発売したハイエンドスマートフォン(スマホ)「Xperia XZs SO-03J」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を他社から乗り換え(MNP)において12ヶ月の継続契約を条件に機種の購入代金を割り引く「端末購入サポート」に追加したとお知らせしています。

これにより、Xperia XZs SO-03JのMNPは本体価格85,536円から購入時に端末購入サポート69,984円を引いた一括15,552円(分割648円/月×24回)となっています。端末購入サポートなので13ヶ月目以内の解約などでは解除料(34,992円)がかかります(金額はすべて税込)。

2017年11月17日(金曜)より、下記対象機種を追加!
■他社からのりかえ(MNP)
Xperia XZs SO-03J

Xperia XZs SO-03Jは昨冬モデル「Xperia XZ」のカスタマイズモデルでリアカメラのセンサーを最新の960fpsスローモーション撮影に対応した「Motion Eye」カメラシステムを搭載した「Xperia XZs」のNTTドコモ版です。そのため、SoCはXperia XZと同じSnapdragon 820を搭載。

それ以外では約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)TFT液晶「トリルミナス ディスプレイ for mobile」や4GB内蔵メモリー(RAM)、USB Type-C、指紋センサー、防水・防塵などと今冬の最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ1」と基本的にはほぼ同じような仕様となっています。

そんなXperia XZs SO-03Jが後継機種の「Xperia XZ1 SO-01K」の発売によって処分価格モードに入り、まずはMNPで端末購入サポート入りとなりました。ドコモオンラインショップで案内されている価格は以下の通り。なお、Xperia XZs SO-03Jは最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップも予定されています。

◯新規契約・機種変更(契約変更含む)
本体価格  :85,536円(分割3,564円/月×24回)
月々サポート:-2,484円/月×24回(総額-59,616円)
実質負担額 :25,920円(分割1,080円/月×24回)

◯MNP
本体価格    :85,536円
端末購入サポート:-69,984円
支払額     :15,552円(分割648円/月×24回)



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Xperia XZs 関連記事一覧 - S-MAX)
Xperia XZs SO-03J | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【ケータイラボ】ドコモにもついに登場!「サイクロイドスタイル」

誰もがキレイな液晶画面だと納得するのがシャープの携帯電話である。ようやく、ドコモの携帯電話にも3.0インチワイドQVGAモバイルASV液晶を搭載し、「AQUOS」の冠を与えられた端末が登場した。ドコモショップに聞いてみると、問い合わせ…

【ケータイの疑問】2in1でドコモの反撃はあるのか? 2007年夏モデルにみるドコモの可能性

例年通り5月のゴールデンウィークを明けてから、auやソフトバンクの2007年夏モデルも発表されました。また、各社の2007年3月度の決算発表も行われ、MNP以降の各社の明暗が鮮明になりました。2007年4月のMNP利用動向では、ついにソフ…

【ケータイラボ】ケータイの常識を変える!シリーズ唯一のハイスピード携帯、ドコモ″N904i″の真価

このあいだ、新聞を見てびっくりした。ドコモのことをはっきりと"独り負けドコモ"と書いてある。まさかこんなことになるとは…。「そろそろ反撃してもいいですか」という広告で、au、SoftBankなどにライバル心むき出しにしたドコモ。反撃…

【世界のモバイル】ドコモは世界に反撃できるか? 海外でiモードは普及するのか?

5月30日から香港でもiモードサービスが始まり、これでiモードは日本を含む世界18の国と地域でサービスが展開されることになった。着々と海外でも導入されるiモードだが、果たして今後のさらなる普及と展開はどうなるのだろう。国内で話…