UQ mobile向けハンドソープで洗える新スマホ「arrows M04 PREMIUM」を発表!防水・防塵・耐衝撃やFeliCa、ワンセグなどはそのままで3GB RAMや32GBストレージに強化し、10月26日発売



UQ mobileの新スマホ「arrows M04 PREMIUM」が発表!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄は23日、都内にて「新商品タッチ&トライ会」を開催し、auから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」において「2017年冬モデル」として新しいスマートフォン(スマホ)「arrows M04 PREMIUM」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しています。

発売日は2017年10月26日(木)で、UQスポットや量販店などのUQ mobile取扱店店頭および公式Webストア「UQモバイルオンラインショップ 」にて販売されます。

価格(税込)はUQモバイルオンラインショップでは本体価格が36,396円(分割なら初回のみ1,620円+1,512円/月×23回)、マンスリー割がおしゃべりプランおよびぴったりプランのプランSで-432円/円×24回、プランM・Lで-972円/円となっており、実質負担額はプランSで26,028円(分割なら初回のみ1,188円+1,080円/月×23回)、プランM・Lで13,068円(分割なら初回のみ648円+540円/月×23回)。


arrows M04 PREMIUMは今年7月から販売されているSIMフリースマホ「arrows M04」をベースに内蔵メモリー(RAM)を2GBから3GBへ、内蔵ストレージを16GBから32GBへ強化したモデルです。

その他の仕様はほぼそのままでハンドソープで洗える防水(IPX5およびIPX8準拠)や防塵(IP6X準拠)だけでなく、米国国防総省が定めたMIL規格の23項目に準拠した高温動作や氷結に対する試験をクリアしており、キッチンやお風呂などの日常生活での利用はもちろん、アウトドアやスポーツなど様々な環境でも安心して使えます。


主な仕様は約5.0インチHD(720×1280ドット)IPS液晶やQualcomm製1.2GHzクアッドコアCPU「Snapdragon 410(MSM8916)」、microSDXCカードスロット(最大256GBまで)、2580mAhバッテリー、IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.1、位置情報取得(A-GPS)、約1310万画素リアカメラ、約500万画素フロントカメラなど。

ディスプレイを覆うのはCorning製「Gorilla Glass 3」で、画面保護フレームの他に内部にステンレスフレームとフロントホルダーを配置し、1.5mの高さからコンクリートへの落下試験もクリアしています。また外装も樹脂製ながらウルトラタフガードで傷が付きにくく、コーナーをラウンドさせることで落下時の衝撃を分散させて画面割れが起きにくくなる「リジッドベゼル」を採用しています。


またおサイフケータイ(FeliCa)やワンセグにも対応し、エントリークラスとはいえ多くの機能が利用可能です。連続通話時間はau VoLTEで約520分、連続待受時間はau VoLTEで約500時間、バッテリー充電時間は約160分(共通ACアダプタ05[別売]使用時)。SIMカードはnanoSIMカード(4FF)サイズ。

サイズは約144×71×8.0mm、質量は約148g。本体色はarrows M04がBlackおよびWhite、Gold、Green、Denim Blueの5色でしたが、ホワイトとブラックは同じものの、新たにレッドが追加された3色展開となっています。OSはAndroid 7.1.1(開発コード名:Nougat)を採用。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・UQ mobile 秋冬ラインアップとして2機種を新たに発売 | 【公式】UQコミュニケーションズ
・arrows M04 PREMIUM|UQmobile|格安スマホ・格安SIMのUQmobile

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【ケータイの疑問】ソフトバンクのホワイトプランは本当に安いのか? 店頭お持ち帰り価格″0円″の秘密とは?

はじめまして、memn0ckといいます。今回から、日本のケータイ市場について、あれやこれと探っていくことになりました。よろしくお願いします。さて、今週は月曜日にNTTドコモが同社のフラッグシップモデルとなる「FOMA 904i」シリーズを…

【世界のモバイル】ドコモの2in1より便利? 中国のデュアルSIMカード端末

1台の携帯電話で2つの電話番号とメールアドレスが利用できるNTTドコモの「2in1」サービスは"仕事とプライベート"、"メイン用とサブ用”など、電話番号を複数利用したい利用者には便利なサービスだ。諸外国でも同様のサービスはあるが、…

【世界のモバイル】1回線契約なのに複数の端末が利用できる!海外のマルチSIMカードサービスの恩恵

一人で複数の携帯電話を利用したり、ノートPC用にデータ通信カードを利用するなどの回線を複数契約して利用しているユーザーも多いだろう。利用する端末の数が増えれば回線契約も増えるのは当然のことだが、海外では一つの回線契約で複…

【気になるトレンド用語】携帯会社が争う″モバイルWiMAX″って何?

近頃、"WiMAX"という言葉がインターネットニュースなどで多く見るようになりました。どうやら無線LANと関係がありそうなのですが、携帯メーカーも乗り出しているモ"バイルWiMAX"というのもあるようです。■WiMAX(ワイマックス)ってなに…