【ケータイラボ】ケータイで音楽を聴きまくれ! ウォークマン ケータイ「W52S」


移動中に音楽を聴いている人って確実に増えていると思う。だって、電車の中や移動中に周りを見渡してみると、ヘッドフォンしてる人がやたらと多いもんね。どのような機器で音楽を聴いているのかもさらに見てみると、iPodを代表とするようなメモリオーディオプレーヤーを利用している人が多いようだ。しかし、最近ケータイで音楽を聴いている人が増えているような感じだ。

ケータイで音楽が聴ければ、ケータイとメモリオーディオプレーヤーのふたつを持ち歩く必要がないから絶対に便利! とこれまで何度も言ってきた。でもでも、バッテリーの問題があって、いざ電話しようって時にバッテリーが少なくなっているっていうのでは本末転倒ってもの。だから、ケータイと音楽再生用のプレーヤーは別にしているって人が多いのだと思うのである。しかし、最近では、音楽に特化したケータイ端末はバッテリーの持ちを重要視してきている。なので、ケータイで音楽を聴く人が増えているのだと筆者は考えるのである。

そんな中、auから楽曲連続再生時間が最大で110時間もあるという端末が発売になった。「W52S」、ソニー・エリクソン端末である。ウォークマンケータイという名称まで与えられているのだ。ただ、名称に関しては驚くことじゃない、以前のモデル「W42S」でも「ウォークマンケータイ」という名称がつけられていたのだから。

■まずは本体のスペックを知っておこう

まずはスペックを紹介しておこう。数値につく"約"は省略させていただいた。サイズは高108mm×幅54mm×厚19.9mm。重さは130g。連続待ち受け時間が270時間で、連続通話時間が230分だ。メインディスプレイはTFTで2.7インチのWQVGA表示(横240ドット×縦432ドット)、最大26万色表示が可能だ。スライド式なのでサブディスプレイはない。

本体をスライドさせた状態のW52S。ボタン類ははけっこう大きめで押しやすい。


メインカメラは、有効画素数201万画素のCMOSで、最大記録サイズが1600×1200ピクセルだ。サブカメラは付いていない。データフォルダ容量は2Gバイト(別途BREW用26Mバイト)と大容量。また、外部メモリ用のスロットが準備されていて、1Gバイトまでのメモリースティックマイクロと2GバイトまでのmicroSDタイプの外部メモリーに対応している。ちなみに外部メモリーは別売だ。本体カラーは「ARPEGGIO BLUE」「PIZZICATO PINK」「HARMONICS WHITE」の3色が準備されている。筆者は「PIZZICATO PINK」を購入した。

本体左側面。左上がロックキー、右上が発信/ペアキーだ。下段左より、外部メモリ挿入口、外部接続端子、イヤホン端子。本体右側面。左よりカメラキー、メモキー、マナーキー、音量キー(大/小)、早送りキー、ミュージックキー/着信ランプ、巻き戻しキーが配置されている。本体裏面。レンズとその下にフォトライト、その下に赤外線ポートがある。レンズの周りにあるのがスピーカーである。


■操作性はかなりいい。でもちょっと気になるところも

さっそく使ってみると、ボタン操作はいい感じだ。ボタンが多いのでダイレクトに利用できる機能が多いのが便利。また、ボタン類もそこそこ大きめなので押しやすい。液晶画面の下にある上下左右のクロスコントローラーの上と下がちょっと押しづらいかな…って感じだろうか。

ボタンでいちばん問題に感じたのが、"電源/終話"キーだ。筆者は電話するとき、どちらかというとスライドさせて電話することが多い。右利きなので、右手で持って通話する。そうするとちょうど親指が"電源/終話キー"の場所にあたるのである。なので、通話中によく電話を切ってしまうのである。この端末を使ってもう2週間近くなるのだが、慣れない。毎日何回か通話中に電話を切ってしまうのだ。それならスライドさせなければいい、と言われそうだがどうもクセで開いてしまうのである。まっ、左手で通話するっていう人にはまったく関係ないのだろうが…。

ボタン類はけっこう大きめ。押しやすい端末だ。発信/ペアキーと電源/終了キーがサイド側についている。押す際にちょっとワンテンポ遅れてしまう感じだ。

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【ケータイラボ】驚異的な薄さ!折りたたみ型で11.4mmのスリムケータイ「N703iμ」

「N703iμ」は、折りたたみ型で11.4mmの薄さを実現したNEC製のFOMA端末。11.4mmという驚きの薄さに1メガピクセルの高性能カメラ、microSDカードスロットを搭載している。液晶画面は、照度センサーの搭載により、周囲の明るさに合わせて…

【ケータイラボ】ゲーム機を彷彿させるタッチパネル付2画面ケータイ「D800iDS」

「D800iDS」は、タッチパネル付2画面ケータイ。形状は折り畳みタイプのケータイで、開いた状態で上下に液晶画面を搭載し、下部の画面がタッチパネルとなっている。ライフスタイルに合わせて、タッチパネルのデザインや操作方法を選択す…

【ケータイラボ】ステンレスボディで薄さ11.4mm!薄型ケータイ「P703iμ」

「P703iμ」は、折り畳み時11.4mmの薄さを実現した松下電器製のFOMA端末。ボディに、ステンレス素材や基板を樹脂で固めて強度を上げる新工法を採用することで、薄さと強度の両立を実現している。「P703iμ」は、薄型形状ながら、エンター…