【気になるトレンド用語】急性Wii炎の次は? 現代人を襲う″現代奇病ファイル″


現代人を襲う奇妙な病気は、日に日に増えるばかりだ。

インターネット症候群、サザエさん症候群のほか、マウスのクリックの繰り返しで指を痛める「パソコン指けんしょう炎」など、一昔前なら考えられなかった病気が次から次にニョキニョキと生まれている。

なかでも、つい先日発表されて、世界中の注目をあつめた信じられない奇病が「急性Wii炎」だ。
このWiiとはもちろん、任天堂が発売した家庭用ゲーム機のことである。

この病名をつけたのは、スペインのバルセロナ在住の医師ジュリオ・ボニスさん(29才)。彼は、買ったばかりのWiiでテニスゲームをウキウキ(?)と数時間プレイ。ところがその翌朝、激しい右肩の痛みで目が覚めたという。

とくにスポーツをした覚えもない。
どこかケガをした様子もない。
思い当たるのは、前日プレイした「Wii」だけ……。

そこでボニスさんは、痛みの原因を"Wiiのやりすぎ"と推測。消炎鎮痛剤を服用した上で1週間の"Wii断ち"を実行した結果、肩の痛みがみごと完治したのだそうだ。
このことから、彼は痛みの症状を「急性Wii炎(Acute Wiiitis)」と名付け、アメリカの医学誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に投稿し、それがニュースとなってたちまち有名になったわけである。

ちなみに、ゲームが原因で体に異常をきたした例は、意外にもWii以前から報告されている。

1980年には、アメリカの女性が任天堂のゲームを連続で5時間遊んだあげく、けんしょう炎になり、診察した医師が、コントローラーのボタン操作による親指の痛みを「Nintendinitis(tendinitis=腱炎)」と命名した。

また、1981年、世界に一大ブームを巻き起こした「スペースインベーダー」では、絶え間なく襲いかかるインベーダーを撃ち落とすため、限られたボタン操作を極度に繰り返して手首を痛める人が続出。「スペースインベーダーけんしょう炎」という言葉を生んだこともある。
「急性Wii炎」は、それから数十年ぶりに"ゲーム病"の再発だ。

さて、このゲーム病が生まれる"土壌"は、いたるところに潜んでいる。

次にあらわれる可能性が高いのはどこだろう? それは、ズバリ、NTTドコモが始めた「直感ゲーム」ではないだろうか。「直感ゲーム」はケータイを振ったり傾けたりしてゲームが楽しめる新しいサービスだが、対応ケータイを買った人からは早くも「ハマりすぎてけんしょう炎になりそう」という声があがっている。

どんなところに"新しい病"が潜んでいるのか分からない、このハイテク社会のご時世。ゲーマーの人もそうでない人も、「急性Wii炎」の次に「直感ゲーム炎」になってしまわないよう、腕を鍛えるなどの対策を充分に練ってくれぐれも注意してほしい。


■こちらもオススメ!話題のネットニュース
増えるネット依存、子どもの闇の顔"学校裏サイト"って何だ?
迷惑な"スパムメール"はどこからくる? どう撃退する?
壊れないHDD?夢のメモリドライブ"SSD"って何?
「画像ちゃんねる管理人逮捕」にみる日本のインターネットの迷走
ネットから存在が消える!?みんなが恐れる"グーグル八分"とは?

Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】ゲーム機を彷彿させるタッチパネル付2画面ケータイ「D800iDS」

「D800iDS」は、タッチパネル付2画面ケータイ。形状は折り畳みタイプのケータイで、開いた状態で上下に液晶画面を搭載し、下部の画面がタッチパネルとなっている。ライフスタイルに合わせて、タッチパネルのデザインや操作方法を選択す…

【ケータイラボ】タッチ式の液晶パネルで操作するDSスタイルケータイ「D800iDS」レビュー

折りたたみタイプの携帯電話で、液晶画面が2つ搭載していてボタンがついていないというDSスタイルの端末がドコモから発売になった。三菱電機製のD800iDSである。通常の液晶画面と、ふれることで操作ができるタッチパネルディスプレイの…

【世界のモバイル】世界はモバイルインターネットの時代へ

今や一大産業となった携帯電話コンテンツビジネス。しかし日本や韓国では携帯コンテンツの利用は日常的になっているものの、他の市場ではまだまだ普及途中の段階で、携帯電話を音声端末としてのみ利用しているユーザーが大多数に上って…

【ゲームの穴】 Wii Sportsを10倍楽しもう!もっとリアルにプレイするアクセサリーで遊ぼう

家庭向けゲーム機の中で、迫力の体感ゲームを満喫できるのが任天堂の「Wii」だ。Wiiの魅力は、体を使って付属のWiiリモコンを動かすことで、誰でも簡単にゲームを楽しめる点だ。Wiiリモコンは、バイブレーションにも対応しており、振動…

【アキバ物欲】春休みゲーム特集/体感ゲームをリアルに!Wiiを256倍楽しむアクセサリー特集

任天堂の家庭向け次世代ゲーム機「Wii」は、リモコンを動かしてゲームを操作できるという、今までのゲーム機にない革新的なアイデアで、ゲームに馴染みのない人にも受け入れられた。売れ行きは好調で、いまだに品薄状況は続いており、秋…