「フラジャイル5」は新たなリスク? アルゼンチン・ショックが波及【ビジネス塾】




1月末に世界を襲った「アルゼンチン・ショック」。アルゼンチンが急激な通貨安に見舞われたものだが、直接の契機は、米連邦準備理事会(FRB)が1月から金融緩和(QE3)の縮小(テーパリング)を始めたことである。

それ以前、とくに2008年のリーマン・ショック以後は、おおむね、米国など先進国からは資金が流出し、新興国にさまざまな投資資金として流れ込んでいた。これが逆流し始めたのだが、すでに昨年5月に兆候が見え始めていた。

世界経済はどこに向かうのか、日本経済への影響はどうなるだろうか。

■「フラジャル5」だけではない
アルゼンチンに始まった資金流出だが、影響は世界に及んでいる。その影響とは、端的に言えば通貨安である。

市場関係者は、通貨安に襲われている国を「フラジャイル5」(ぜい弱な5カ国)と呼んでいる。インド、インドネシア、ブラジル、南アフリカ、トルコの5カ国である。通貨が下がった国はこれにとどまらず、アルゼンチンもあるし、ロシア、ポーランドなどもそうである。

「フラジャイル5」に共通するのは、経常収支が赤字であること、外貨準備高が減っていること、物価が上昇していることである。この3つを背景に、投資家にとってこれらの国々は「不安な国」として映り、流れ込んでいた資金(先進国からのものが大部分)を引き上げられ通貨安を招き、それがさらに資金を流出させているのである。

この流出は、昨年5月、FRBのグリーンスパン議長(当時)がテーパリングを示唆(しさ)したことに始まった。2013年を通じて、1350億ドルの資金が流出したと言われている。

■アジア通貨危機の再来か?
新興国が資金流出に見舞われるのは、初めてのことではない。1997年にも、タイなどアジア諸国から資金が流出する「アジア通貨危機」に見舞われている。当時、タイ、インドネシア、韓国などが経済が破たん状態となり、国際通貨基金(IMF)の資金援助を受けた。インドネシアでは、スハルト独裁政権が倒されるきっかけになった。

今回の事態は、アジア通貨危機ほどには深刻化しないという見解がある。当時と異なり、新興国の多くは変動相場制を採用しており、通貨を下落させることができる。外貨準備も、アジア諸国は比較的潤沢である。

楽観できないという見解もある。アジア諸国はともかく、「フラジャイル5」は外貨準備が十分ではないという見方がある。また、新興国に流れ込んでいる資金の量(証券投資残高)は、アジア通貨危機当時の約25倍に膨らんでいる。これまた、先進国の金融緩和策が理由である。これだけのマネーの動きは、外貨準備だけで対応できないのではないかということである。

通貨安がどう発展するか、余談は許さない。急浮上した世界のリスクの一つとして、よく見定めておかなければならないだろう。

(編集部)

※投資の判断、売買は自己責任でお願いいたします。

■電子書籍好評発売中(AmazonよりKindle版
あのファーストリテイリング(ユニクロ)を真っ先に推奨したこ
とで知られる“銘柄発掘のカリスマ”小沼正則の投資・ビジネ
ス塾が電子書籍になりました。第一弾は、最新情報と投資へ
のノウハウを読みやすくまとめ、初心者にもわかりやすくな
っています。スマホやタブレットでいつでも手軽に読めます。
まもなく第二弾、第三弾が登場しますのでご期待ください。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ビジネス塾に関連した記事を読む
2014年、注目される小型株(3) 注目銘柄を斬る
「アルゼンチン・ショック」発生! 新興国経済の異変が始まった?
2014年、注目される小型株(2) 注目銘柄を斬る

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【気になるトレンド用語】Winnyは″エロ画像″から″機密情報″までなぜ流出させるのか?

コンピューターウイルスやスパムなど、セキュリティが声高に叫ばれる世の中ですが、それにもかかわらず一向に減らないのが個人情報の流出です。セキュリティ関連のニュースを見ると、毎日のように個人や企業などの機密情報流出事件が報…

【気になるトレンド用語】新たな不安来襲、モノラインショックって何

米国のサブプライムローン問題から東京株式市場でも影響がでています。株安や原油高など米国のサブプライムローン問題の深刻化による金融収縮懸念によるともいわれていますが、最近「モノラインショック」という言葉がニュースでも取り…

職員から情報流出した「IPA」は 日本のIT情報処理の専門機関【気になるトレンド用語】

IPAの職員が所有する私物のパソコンからファイル交換ソフトにより情報流出が発生したというニュースが報道されました。IPAは、セキュリティの専門組織でもあり、今回の情報流出では仲田理事自ら会見し、事件の説明と今後の防止対策を明…

KDDI、痛恨のミス!イベントの案内メールで顧客情報を流出

KDDI株式会社は2009年11月20日、関西地区の法人顧客307名に、2009年11月に開催される予定のイベントをEメールで案内する際に、送信操作の不手際により291名分の顧客情報を送信してしまう事故が発生したことを発表した。発生時刻は2009年…

デジ一眼「ニコン D3」が「アジアデザイン賞 銅賞」を受賞

株式会社ニコンは2009年12月8日、デジタル一眼レフカメラ「ニコン D3」が「2009年アジアデザイン賞」において、「銅賞」を受賞したと発表した。「アジアデザイン賞」とは、香港デザインセンターが主催する、上質な生活を送り続ける上で…