携帯電話4社、東京メトロ丸の内線・銀座線・半蔵門線の一部区間をエリア化



丸の内線は17日、銀座線と半蔵門線は24日から!

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクモバイル、イー・アクセスの携帯電話4社は16日、東京メトロ丸の内線の一部区間におけるエリア化を2013年1月17日(木)正午から行うと発表しています。

また、同4社では、同じく東京メトロ銀座線および半蔵門線のそれぞれの一部区間におけるエリア化も2013年1月24日(木)正午から行うとのこと。

なお、東京メトロでは、2012年度中にも一部区間を除いて携帯電話のエリア化を予定しています。

今回発表されたのは、東京メトロ丸の内線の淡路町駅〜東京駅において17日正午から、東京メトロ銀座線の銀座駅〜青山一丁目駅および半蔵門線の神保町駅〜三越前駅において24日正午から各携帯電話会社で利用が可能になるというもの。

丸の内線では残りのエリア化されていない区間は、新中野駅または中野新橋〜新宿御苑駅の5駅間、銀座線では残りのエリア化されていない区間は、神田駅〜浅草駅の6駅間、半蔵門線では残りのエリア化されていない区間は、渋谷駅〜永田町の3駅間となっています。

東京メトロでは2012年度中、つまり、2013年3月末までに一部区間を除きエリア化を予定していますが、今のところ前線エリア化しているという路線はまだないんですね。早くエリア化して欲しいところです。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
報道発表資料 : 東京メトロ一部路線における携帯電話のサービスエリア拡大について | お知らせ | NTTドコモ
東京メトロ一部路線における携帯電話のサービスエリア拡大について | 2013年 | KDDI株式会社
東京メトロ一部路線における携帯電話のサービスエリア拡大について | ソフトバンクモバイル株式会社
東京メトロ一部路線における携帯電話のサービスエリア拡大について 〜丸ノ内線、銀座線および半蔵門線の利用可能エリアがさらに拡大〜|報道発表資料|イー・アクセス
東京メトロ
東京メトロ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】内線電話にもなる!ビジネスケータイ「WX220J」

「WX220J」は、高度化通信規格「W-OAM」に対応した京セラ製の音声端末。発売時期は2007年1月25日を予定。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万1,000円前後の見込み。「WX220J」は、ビジネスシーンで長期に…

【ケータイラボ】3G携帯電話で世界最薄!薄さ約8.4mmのケータイ「708SC」

「708SC」は、ストレートタイプの3G携帯電話機として世界最薄※の約8.4mmを実現したSamsung電子製のケータイ。発売時期は3月上旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「708SC」は、単に薄いだけではなく、重さが約73gという軽量設計…

【気になるPC】外出先のPCがMyパソコンになる!携帯電話よりも小さいLinuxパソコン「wizpy」プロジェクトリーダーインタビュー

ターボリナックスは、手のひらサイズのLinuxパソコン「wizpy」を2月23日より発売する。wizpyは、OSにLinuxを採用した携帯電話よりも小さなパソコンで、パソコンのUSBポートに「wizpy」を接続して起動すると、そのパソコンを自分専用の…

【アキバ物欲】超便利アイテムも登場! 携帯電話グッズ特集

携帯電話の春モデルが各社から一斉に発表された。携帯電話は、今や私たちの生活に必要不可欠なアイテムとなっているとおり、年を追うごとに多機能化している。本体機能の高機能化にあわせて、携帯電話のサプライメーカーも、携帯電話を…

【気になるトレンド用語】プッシュとプル?携帯電話とパソコンのメールは違うの

通信が発達した現代社会では、電子メールは仕事からプライベートに至るまで重要なコミュニケーションツールの一つです。このメールというシステム、パソコンと携帯電話で使い方が違いますね。パソコンでは自分のメールは自分で確認しに…