WiMAXが慶応のネットワークと連携!学生や教員をサポート


慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)といえば、インターネットの分野で日本最先端を走っていることで知られている。すでに1990年代から、休講の連絡をしたり、自宅にいても授業に参加できたり、学内の施設を予約したりするキャンパスネットワーク(SFC-CNS))を運営している。
UQコミュニケーションズはSFCとともに、モバイルWiMAXを用いたSFC-CNSへのアクセス構想を発表した。2011年4月から、全国どこにいてもモバイルWiMAX網を経由してSFC-CNSにアクセスできるようになる。いままでBフレッツに対応していたが、今後モバイルWiMAXに対応することになることで、固定から無線に変わっただけでなく、モバイルWiMAXのエリア内なら日本全国からアクセスできる環境が整ったことになる。



学生、教職員は、市販のWiMAX製品を使って、WiMAX網に接続するだけでSFC-CNS、大容量バックボーンで接続されたインターネットにアクセスできる。特にVPNクライアントは必要ない。SFC-CNSはMVNOというよりはプロバイダー的な役割となっている。

WiMAX搭載PCを開くだけでどこからでも学内環境を利用できるだけでなく、モバイルWi-Fiルーターを経由するなどさまざまなWi-Fi機器からSFC-CNSにアクセスできる。これにより、学内無線LANのエリアが日本全国に拡がったような環境を実現し、これまで以上にSFC-CNSが擁する学術・研究リソースを活用できる機会を創出できるとしている。

現在、SFC内には無線LAN環境が構築されているが、学生は学外でモバイルWiMAXを利用し、そのまま学内でもモバイルWiMAXを利用すると見られ、無線LANとモバイルWiMAXのすみわけをどうするかが問題になってきそうとのこと。
UQでは、今回のサービスを具現化することでモバイルWiMAXの可能性を広げることともに、ほかの事例への展開を検討していくとしている。


慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス
UQコミュニケーションズ

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■モバイル関連の記事をもっと見る
発売日が決定!ドコモのAndoridスマートフォン「GALAXY Tab」
カラダにいいもの!日本でもっとも人気の健康&フィットネスアプリランキングTOP20
ドコモ、au、ソフトバンクが最新タブレットで頂上対決!
取り出しやすい!デザインを最大限に活かしたiPhoneケース

図解 WiMAXがわかる (知りたい!テクノロジー)図解 WiMAXがわかる (知りたい!テクノロジー)
著者:ボイスワーク
技術評論社(2008-08-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【ケータイラボ】無線LAN内蔵!フルキーボード搭載ビジネスケータイ「X01NK/Nokia E61」

「X01NK/Nokia E61」は、無線LAN内蔵でフルキーボードを搭載したノキア製の法人専用ビジネスケータイ。発売時期は3月下旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「X01NK/Nokia E61」は、ストレートタイプの本体に、無線LAN機能を内蔵…

【ケータイラボ】安心と使いやすさを実現!子どもを守るケータイ「コドモバイル 812T」

「コドモバイル 812T」は、ソフトバンクモバイル初の子ども向けGPS機能付ケータイ。発売時期は2月中旬以降を予定し、価格はオープンプライス。カラーバリエーションは、ブルーとピンクの2色。「コドモバイル 812T」は、液晶上部のスイ…

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【世界のモバイル】世界はモバイルインターネットの時代へ

今や一大産業となった携帯電話コンテンツビジネス。しかし日本や韓国では携帯コンテンツの利用は日常的になっているものの、他の市場ではまだまだ普及途中の段階で、携帯電話を音声端末としてのみ利用しているユーザーが大多数に上って…