Mini-ITXオンライン上オーバークロック大会で新チャンピオンが誕生


プロセッサー(CPU)の動作クロックを極限にまで高めるオーバークロックは、自作パソコン派の人たちにとって、特別な意味を持つスキルだ。

熱狂的なユーザーが多いオーバークロックの世界で、また新たなヒーローが誕生した。

ギガバイトは2010年9月6日、HWBOTサイトで開催していたMini-ITXコンテストにおいて、台湾出身のオーバークロッカー Nick Shih氏の優勝を発表した。Nick氏はギガバイトのGA-H55N-USB3マザーボードを使用し、合計13ポイントを獲得してチャンピオンに輝いた。

H55 Mini-ITXコンテストは、Mini-ITXを使用した初めてのオンライン上のオーバークロックコンテストだ。
初のオンラインコンテストとあって、早くから世界中のオーバークロックユーザーの間で話題となっていた。

つまり、この大会での優勝者は、世界で初めてのMini-ITXオーバークロッキングチャンピオンとなるからでもある。

本コンテストはSuper Pi 32mを2つのカテゴリーに分けて行われ、ステージ1はCPUの速度を4,000MHzまでに限定、ステージ2ではCPUの速度制限なしで行われた。

2010年8月末、Nick Shih氏はステージ2のカテゴリーにおいて、6分18秒469ミリセカンドでCPU速度が6.4GHzという驚異的な記録をたたき出し、見事に優勝の栄冠を手にしたのだ。

このコンテストでは、優勝者以外にも抽選で3名にギガバイトのマザーボード「GA-X58A-UD3R」が賞品として授与された。ステージ1のラッキーな当選者は、アメリカから応募したRoss氏、ステージ2の当選者はスウェーデンから応募したME4ME氏だった。3人目の当選者はGIGABYTEファンの中から抽選で選ばれ、ステージ2で7分21秒453ミリセカンドという記録を出したユーザーにおくられた。

GIGABYTE Tech Daily Blog
日本ギガバイト
クラブギガバイト
GIGABYTEグローバルサイト
GIGABYTE日本語ホームページ

【ギガバイトのPC道場】の記事をもっと見る

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【アキバ物欲】インテル vs AMD!最強4コアCPUの真実 - アキバの″神様″こと、インテル天野氏が語る

2007年5月26日(土)、秋葉原のPCショップ"TSUKUMO eX."において、「インテル最強Quadイベント in ツクモ 天野伸彦氏が語るQuadの世界(おまけ+)」と題されたプレゼンテーションが行われた。タイトルからもわかるとおり、アキバの"神…

【最新ハイテク講座】一家に1台のスパコンを実現したPS3のCPUパワーの秘密

ソニーが2006年11月11日に発売したPLAYSTATION3(PS3)は、ハイエンドなグラフィックスを楽しめる次世代ゲーム機だ。そんなPS3は「Cellプロセッサー」と呼ばれる高性能な中央演算処理装置(CPU)を搭載していることから、ゲーム以外の用…

爆速パソコンの秘密、インテルの次世代CPU「Core i7」【最新ハイテク講座】

ゲームパソコンに代表されるハイエンドデスクトップパソコンの世界に大きな変革の波が押し寄せた。インテルが2008年11月18日に発表した次世代CPU「Core i7」をCPUに採用したパソコンがショップブランドのパソコンを中心に軒並み増えてき…

ネットブック時代到来か 12.1インチ液晶搭載デル Inspiron Mini 12【気になるPC】

2008年のパソコン市場でもっとも話題となったのが、ネットブックと呼ばれるミニノートPCだろう。ネットブックは、7インチ液晶搭載機から話題となり、9インチ、10.2インチ液晶(1024×600ドット)と急速に進化してきているわけだが、つい…

Treo PROとBlackBerry Boldの同時充電も可!ポケットシンクmicro+mini USB

ポケットシステムズはTreo PROやBlackBerry Boldに使用できる巻き取り式のデュアルケーブル「ポケットシンク micro+mini USB」の発売を開始した。価格は1,470円(税込み)。「ポケットシンク micro+mini USB」は、microUSBとminiB USB…