Google、Androidスマートフォン「Nexus One」を開発者向けに販売開始


オンライン販売がついに再開された「Nexus One」

Googleが販売している「Nexus One」ですが、先日一般ユーザー向けのオンライン販売が終了してしまいました。
しかしこのたび、デベロッパー(開発者)向けにオンライン販売が再開されました。Nexus Oneは、HTCが製造し、Googleが販売を行っているAndroidスマートフォンです。
スペックとしては、CPUにSnapdragon 1GHz、ディスプレイにWVGA(480×800ドット)のタッチパネル対応AMOLEDを搭載。OSはAndroid 2.1を搭載して発売されましたが、先日、Android 2.2(Froyo)へのアップデートが行われました。

発売開始最初はオンラインのみで販売を行っており、日本には直接発送してはもらえないにも関わらず、数多くの日本人ユーザーが開発向けなどの目的で購入していました。
しかし、先日一般向けの販売は実店舗ベースに切り替え、オンライン販売を終了することになりました。

オンライン販売終了直後から、従来から開発者向けとしてAndroid Dev Phone(ADP)が発売されていますが、Nexus OneもADPとして発売されるという話があり、今回ついに発売開始となった次第です。

Androidマーケットにデベロッパー登録(登録料$25が必要)を行わないと、ADPの購入は行えませんが、Nexus Oneも同様にデベロッパー登録が必要となりました。

筆者はAndroidアプリの開発を勉強している最中ですので、いい機会なのでこのたびデベロッパー登録を行い、販売ページを覗いてみました。

nx1_0001

販売ページを開いてみると、HTC Magic(NTTドコモHT-03Aのベース機)をベースとしているADP2と、Nexus Oneが表示されています。
初代Dev Phoneである、HTC DreamベースのADP1は購入できなくなっています。

nx1_0002 nx1_0003

開発者向けNexus Oneは「Android Dev Phone 3」の名称は用いられていませんが、URLを見てみると、adp3の文字が。
これはやはり、事実上のADP3とみなされているのでしょうか。

価格は$529とのことなので、一般向けに販売されていた頃と変わらないようです。
一般向け販売の時も販売エリアに制限がありましたが、今回の開発者向け販売でもエリア制限があるようで、現時点ではカナダ、フランス、ドイツ、香港、イタリア、シンガポール、スペイン、英国、米国のみとなっています。
このため、日本に発送してもらうためには購入可能エリアから転送してもらう必要があるでしょう。

現在AMOLEDディスプレイの供給が追いついていないことから、HTC製の複数のAMOLEDディスプレイ採用機種がソニー製のTFT液晶ディスプレイに換装することが決まっています。
すでにソフトバンク「HTC Desire X06HT」はAMOLED版の販売予約を終了し、9月下旬からTFT液晶ディスプレイに換装した「HTC Desire X06HTII」に切り替わることが発表されています。

Nexus Oneの販売チャネル変更に伴い、Nexus Oneにもこの変更が適用されると思われていました(ちなみに、韓国向けNexus OneはTFT液晶ディスプレイになっているそうです)が、仕様を見てみると、今のところはAMOLEDディスプレイのままのようです。

ちなみに、仕様には搭載OSがAndroid 2.2と記載されていますが、出荷時はAndroid 2.1が搭載されているとのことで、到着後アップデートを行う形なのだとか。

SIMロックフリーで供給されますが、従来のADPのようにファームウェアのロックがかけられていないなどの変更はないらしく、基本的には一般向けと同じ仕様で供給されるようです。

nx1_0004

ADPの購入では送料が高く、$399の製品を購入しても実際は$500程度支払う必要があったのが一部では有名でしたが、現在購入できるエリア向けの送料を見ても、相変わらず高額となっています。

相変わらず購入のハードルが高い機種ですが、必要な方は検討されてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、Nexus Oneは日本の技術基準適合証明(技適)を取得してはいますが、本体もしくは電磁的表示で技適マークが掲示されていない(掲示できない)場合、各種電波を発射すると一部の例外を除いて電波法に抵触することとなります。
その点は十分にご注意いただければと思います。

記事執筆:Highmount



■関連記事
Windows Mobileで使えるツイッタークライアントは?第1回「Rewit」(前編)【WindowsPhoneアプリ】
Apple、iPhone用iOS 4.0.2およびiPad用iOS 3.2.2を公開!Jailbreak潰し
今夜はiPhone片手に流星を見よう!天体観測アプリ「Star Walk」【iPhoneアプリ】
夏本番!日本全国の花火大会を簡単検索!【Androidアプリ】
Twitterやメールの新着情報をすぐにお知らせ!「Boxcar」【iPhoneアプリ】

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【ケータイラボ】ワンセグ対応!定額モバイルブロードバンド端末「EM・ONE」を体験

イー・アクセス株式会社が2007年2月19日に発表した「EM・ONE(エムワン)」は、OSにMicrosoft Windows Mobile 5.0 software Pocket PC 日本語版(Windows Mobile 5.0)を採用し、最大3.6MbpsのHSDPA通信サービス"EM モバイルブロードバ…

【ケータイラボ】モバイル天国のスタート!ブロードバンドが持ち歩ける「EM・ONE」レポート

2007年3月31日、新しい携帯電話事業社であるイー・モバイルが新モバイル・ブロードバンドサービスを開始した。サービス名称は「EMモバイルブロードバンド」で、最初はデータ通信サービスのみの提供である。音声通話サービスは2008年3…

【世界のモバイル】″ブランド品″ケータイをもてない日本人! ″PRADA Phone″にみるブランド電話の魅力

LG電子製のPRADAブランド携帯「The PRADA Phone by LG」が海外市場にお目見えした。約10万円の価格もさることながら、PRADAそのもののデザインはPRADAファンのみならず携帯電話市場でも大きな話題となっている。携帯電話方式がGSMのため…

【モバイル通信の実力チェック】高速・低コスト!ブロードバンド端末 ″EM・ONE″は、本当に高速か?

イー・アクセスが提供する"EM モバイルブロードバンド"は、最大3.6Mbps※のHSDPA通信サービスを月額基本料金5,980円の定額で利用できる高速な通信サービスだ。ほかにも最大3.6MbpsのHSDPA通信サービスを提供している通信事業者は存在する…