新Cセグメントハッチバック「ジュリエッタ」を日本初公開


フィアット グループ オートモービルズ ジャパンは、東京・お台場潮風公園で7月22日〜25日の4日間に渡って開催された「東京コンクール・デレガンス」会場において、新型「ジュリエッタ」を公開した。

新型ジュリエッタは、Cセグメントハッチバック「147」の後継車という位置づけがされ、今年3月に開催されたジュネーブモーターショーでのワールドプレミアを経て、すでにヨーロッパでは5月から発売がスタートしている。そして同車はアルファロメオ100周年となる今年、満を持して発売される量販車種なのだ。

ジュリエッタのボディサイズは、全長4351×全幅1798×全高1465mm、ホイールベースは2630mm。駆動方式はFFで、ヨーロッパでは 1.4 リッターと1.75リッターのガソリンエンジンのほか、1.6リッターと2リッターのディーゼルエンジンも用意されている。

「スポーティさとエレガンスを兼ね備える」というジュリエッタのデザインは、8CコンペティツィオーネやMiToの流れをくむもので、エクステリアには、新デザインの盾型グリルの左右に、LEDを配したヘッドランプを設置。ウェッジシェイプを強調するサイドのプレスラインを経て、ボリュームのあるリアセクションへと繋がっている。インテリアは、アルミ素材のアクセントとロッカースイッチが与えられ、こちらも8Cコンペティツィオーネのテイストを受け継いでいる。

日本市場への導入は2011年と発表されており、油圧可変バルブリフト機構「マルチエア」付きエンジンと、デュアルクラッチA/T「アルファTCT」、さらにアイドリングストップシステムを搭載した仕様が導入される予定だ。

今回、会場に展示されたのは、最高出力235ps/5500rpm、最大トルク34.6kg-m/1900rpmの1.75リッター直噴ガソリン ターボエンジンと6速M/Tを搭載する最強モデル「1750 TBi」(欧州仕様)。レザー内装やクアドリフォリオ ヴェルデエンブレムや18インチアルミホイールなどが注目を集めていた。

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

多忙を極めるビジネスマンに、加圧トレーニングでボディデザイン【新生活特集】

春の訪れを感じさせるようになりましたが、新生活の始まりを機に日頃の不摂生を正し、肉体改造に取り組もうというビジネスマンの方は大勢いるでしょう。米国では“太っている人は出世ができない”なんていう話を聞くこともあり、要は自己…

革新的次世代型ランニングマシン、今秋発売へ/テクノジム

ヨーロッパ最大のフィットネスマシンメーカー「テクノジム」社から、2010年秋にホームユース用ランニングマシン「RUN PERSONAL」を発売、今月より予約を受け付けるという発表があった。「RUN PERSONAL」は「KINESIS PERSONAL」のデザイ…

デキルオトコは今年中に“伝説”を作る 【新生活特集】

新入社員が入社してもうすぐ1ヶ月が経とうとしています。早い会社ではすでに配属が決まっているでしょうし、5月のゴールデンウィークが明ければ後輩たちは本格的に職場へと投入されていきます。株式会社ポッカコーポレーションが発表し…

SF映画に出てきそうなデザイン!レノボ、スタイリッシュな一体型デスクトップPCを発売へ

レノボ・ジャパン株式会社は2010年7月7日、コンシューマ向けデスクトップPCの新製品として、スタイリッシュなオールインワンタイプのデスクトップパソコン「IdeaCentre A310」を7月17日より発売すると発表した。価格は、オープンプライ…

スポーツ中心の大規模SNSが誕生…対戦相手のブッキングサービスも搭載

オンライン上で“交流の場”が持てるソーシャル・ネットワーキング・サービス(以下SNS)において、スポーツ分野に特化したSNS「365すぽーつでぃ(読み方:サンロクゴ スポーツディ)」が7日、公開された。野球、サッカー、ゴル…