「Cabos」で国内初の逮捕者!音楽データを無断公開


社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)は2010年2月25日、Gnutellaネットワーク利用のファイル共有ソフト「Cabos」を使用して、インターネット上に音楽データを無断で公開していた高松市内の飲食店経営の男性(33歳)が、著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで、香川県警察本部生活安全部生活環境課および香川県高松南警察署により逮捕されたことを発表した。

同協会は、
「ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害が深刻な状況にあります。本件のような違法音楽配信は、音楽文化の発展の障害になることから、JASRACとしては、今後も引き続き警察と連携し、ネットワーク上での違法配信の撲滅に積極的に取り組んで参ります。」と、コメントしている。

■「Cabos」悪用の逮捕者は国内初
逮捕された飲食店経営の男性は2009年12年12日から同月15日までの間、男性が経営する飲食店内において、日本音楽著作権協会(JASRAC)が著作権を持つ楽曲データを、ファイル共有ソフト「Cabos」を通じて権利者に無断でインターネット上に公開し、不特定多数のインターネットユーザに対して送信できるようにしていたとして、著作権(公衆送信権)を侵害した疑いが持たれている。ファイル共有ソフト「Cabos」を悪用した音楽著作権侵害事犯の逮捕者は、国内では初めてのこと。

なお、本年1月から改正著作権法が施行され、違法にアップロードされた音楽や映像を違法と知りながらダウンロードする行為については違法(罰則規定なし)とされている。
また、本件の「Cabos」も含めたファイル共有ソフトの多くは、利用した時点でファイルをネット上に公開する機能があり違法(罰則規定あり)となることから、JASRACでは注意を呼びかけている。

ファイル共有ソフト「Cabos」を悪用した著作権侵害音楽データの違法アップロード者を逮捕
社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■セキュリティ関連の記事をもっとみる
コールバックに気をつけろ!本格的に狙われ始めたスマートフォン
被害児童が4割増!警察庁、出会い系サイト関連事件の検挙状況を発表
ネットカフェで本人確認を義務付けへ!東京都の条例案が明らかに
マルウェアが原因か!Windows修正パッチ後に起動せず

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

中国のGoogle、バイドゥが日本語入力ソフトを公開

バイドゥ株式会社は2009年12月16日、日本語入力ソフト「Baidu Type」のベータ版を公開した。ダウンロードページから無料で入手することができる。対応OSは、Windows XPのみ。「Baidu Type」が開発された背景だが、Baidu Japan Blogによ…

これは便利!今のPC環境を新PCへ引っ越せるソフト

株式会社ジャングルは2009年12月18日、パソコンの環境設定やデータを引越しするソフト「完全パソコン引越7」シリーズを2010年1月21日より発売すると発表した。価格は、オープンプライス。■パソコンの引っ越しが簡単「完全パソコン引越7…

萌えキャラでGoogle対抗!マイクロソフト、検索で秘策

マイクロソフト株式会社は、同社が提供する検索サービス「Bing」において、検索回数に応じてWindows 7用のテーマファイルや壁紙、音声ファイルをプレゼントするキャンペーン「みんなでBing検索してデジタルアイテムをゲット!」を2009年1…

激安品の山!マイクロソフトがアウトレット販売を開始

マイクロソフト株式会社は、直販サイト「マイクロソフトストア」において、アウトレット製品を販売する「アウトレット ストア」を2009年12月21日よりオープンした。「アウトレット ストア」では、パッケージ(外箱)に「しわ」や「破れ」…

Xmasのサプライズ!ソフトバンク 孫正義氏がTwitterデビュー

ソフトバンクグループの創業者として知られる孫正義氏は、投稿・閲覧サイト「Twitter」において、「実名で今日からつぶやく事にしました。 2009年のクリスマスイブ。もうすぐ24時です。」と、2009年のクリスマスイブ(12月24日)より、…