Googleの最新スマホ「Pixel 3a」と「Pixel 3a XL」がiFixitによって分解!修理はしやすく設計は2年前のよう?有機ELパネルはSamsung Display製に



グーグルの廉価スマホ「Pixel 3a」と「Pixel 3a XL」が分解!

Googleから5月7日(現地時間)に発表された最新スマートフォン(スマホ)「Pixel 3a」および「Pixel 3a XL」。日本でも公式Webショップ「Google ストア」にて予約販売が実施されており、最速で5月16日(木)にお届けとなっていたのに加え、SoftBankから5月17日(金)に発売され、現在予約受付中となっています。

Googeの「Pixel」シリーズやAppleの「iPhone」シリーズなどのメジャーなグローバルモデルでは発売直後の恒例ともなっているiFixitなどの修理業者を中心にPixel 3aとPixel 3a XLについても分解が行われていますのでどういった部品が使われているかなどを紹介したいと思います。


Pixel 3aの分解後の各パーツ

PixelシリーズについてはiPhoneシリーズと違って公式な製品情報にかなり詳細な仕様が掲載されており、特に分解によって不明なスペックが判明するといったことはありませんが、例えば、Pixel 3aとPixel 3a XLではディスプレイの有機ELパネルがSamsung Display製であることが明らかになるなど、使われいてるパーツが判明しています。

有機ELパネルはPixel 3およびPixel 3 XLではLG Display製で、iFixitによると問題があったとしており、Pixel 2およびPixel 2 XLで用いていたSamsung Display製に戻したのではないかということです。また修理する際には有機ELパネルは非常に薄いため、折らないように気をつけるべきだとしています。

またディスプレイは1本のリボンケーブルでマザーボードに繋がれていたり、同社が用いている器具「iOpener」を使わずに分解できるような簡単に剥がせる発泡性タイプの接着剤でディスプレイが固定されているなど、最近の製品としては分解しやすく数年前を思い出すような設計になっているとのこと。なお、開けやすいのは完全防水に対応してないからというのもありそうです。

機種Pixel 3aPixel 3a XLPixel 3Pixel 3 XL
画面5.6型FHD+
OLED
(441ppi)
6.0型FHD+
OLED
(402ppi)
5.5型FHD+
OLED
(443ppi)
6.3型QHD+
OLED
(523ppi)
大きさ151.3×70.1×8.2mm160.1×76.1×8.2mm145.6×68.2×7.9mm158.0×76.7×7.9mm
重さ147g167g148g184g
SoCS670S670S845S845
RAM4GB4GB4GB4GB
ストレージ64GB64GB64・128GB64・128GB
背面カメラ12MP12MP12MP12MP
前面カメラ8MP8MP8MP+8MP8MP+8MP
イヤホン端子
防水/防塵IP52IP52IP68IP68
FeliCa
電池容量3000mAh3700mAh2915mAh3430mAh


メイン基板には表側にQuacomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 670(SDM670)」(オクタコアCPU+Adreno 615 GPU)やMicron製「MT29VZZZAD8DQKSL」(64GB Flashストレージ+4GB LPDDR4X DRAM)、フロントエンドモジュールと見られるAvago製「AFEM-9046」、電圧制御発振器と見られるQorvo製「QM78035」、Qualcomm製パワーマネージメントIC「PM670A」が搭載。

また裏側にはGoogle製Titan Mセキュリティーチップ「H1C2M」やSTMicroelectronics製ARMセキュアコアマイクロコントローラー「ST33J2M0」、Qualcomm製ワイヤレスコンボSoC「WCN3990」、Qorvo製RFフュージョンモジュール「QM78012」、Qualcomm製RFトランシーバー「SDR660」、NXP製NFCコントローラー「81B05 38 03 SSD902」、村田製作所製「SWUA 370 90」とQualcomm製「PM670 」が配置されています。


基板正面。レッドがSDM670、オレンジがMT29VZZZAD8DQKSL、イエローがAFEM-9046、グリーンがQM78035、ブルーがPM670A



基板裏面。レッドがH1C2M、オレンジがST33J2M0、イエローがWCN3990、グリーンがQM78012、ライトブルーがSDR660、ブルーが81B05 38 03 SSD902、パープルがSWUA 370 90およびPM670

修理のしやすさは10段階中6となっており、多くの部品がモジュール化されており、標準T3トルクスネジのみが用いられ、ディスプレイを外せば簡単にパーツ交換ができ、ディスプレイも簡単に剥がせる接着剤が用いられているため、比較的用意に分解できる一方、部品を繋ぐリボンケーブルが長くて薄いため、誤って切断してしまいやすいので注意が必要だとしています。







記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Pixel 3a 関連記事一覧 - S-MAX
・Pixel 3a XL 関連記事一覧 - S-MAX
・Pixel 3a & Pixel 3a XL Teardown Wallpapers | iFixit
・Google Pixel 3a Teardown - iFixit

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【デジカメ調査室】強力二重奏!新「LUMIX」シリーズ6機種発表

松下電器産業は2007年1月31日(水)、パナソニックセンター東京において、デジタルカメラ「LUMIX」シリーズ新製品6機種の記者発表会を行った。今回発表された製品は、世界最薄※1・広角28mm※2ズームレンズ搭載の「FX30」、世界最小※…

【ケータイラボ】ケータイの常識を変える!シリーズ唯一のハイスピード携帯、ドコモ″N904i″の真価

このあいだ、新聞を見てびっくりした。ドコモのことをはっきりと"独り負けドコモ"と書いてある。まさかこんなことになるとは…。「そろそろ反撃してもいいですか」という広告で、au、SoftBankなどにライバル心むき出しにしたドコモ。反撃…

【気になるトレンド用語】携帯会社が争う″モバイルWiMAX″って何?

近頃、"WiMAX"という言葉がインターネットニュースなどで多く見るようになりました。どうやら無線LANと関係がありそうなのですが、携帯メーカーも乗り出しているモ"バイルWiMAX"というのもあるようです。■WiMAX(ワイマックス)ってなに…