ソフトバンク、SoftBank向け2018年夏スマホ「HUAWEI nova lite 2」および「DIGNO J」、「シンプルスマホ4」を予約開始!気になる価格をチェック



SoftBankスマホ「HUAWEI nova lite 2」および「DIGNO J」、「シンプルスマホ4」が予約スタート!

ソフトバンクは26日、携帯電話サービス「SoftBank」向け「2018年夏モデル」のうちの「HUAWEI nova lite 2(型番:704HW)」(Huawei Technologies製)および「DIGNO J(型番:704KC)」(京セラ製)、「シンプルスマホ4(型番:707SH)」(シャープ製)の3機種について2018年6月29日(金)に予約受付を開始するとお知らせしています。

予約はHUAWEI nova lite 2とDIGNO Jはソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店舗および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」で、シンプルスマホ4はSoftBank取扱店舗で実施されるとのこと。HUAWEI nova lite 2とDIGNO Jについてはソフトバンクオンラインショップにて価格も案内されているので合わせて紹介したいと思います。

【HUAWEI nova lite 2】



HUAWEI nova lite 2は日本でも今年2月からSIMフリーで一部の仮想移動体通信事業者(MVNO)の専売モデルとして販売されているHUAWEI nova lite 2のSoftBank版で、流行りの縦長画面やダブルレンズカメラ、指紋センサーなどを搭載しつつ、低価格でコストパフォーマンスの高いエントリーモデルです。

主な仕様はアスペクト比9:18の縦長な約5.65インチフルHD(1080×2160ドット)TFT液晶やオクタコアCPU「Kirin 659」、3GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大256GBまで)、3000mAhバッテリー(取外不可)、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)、microUSB端子、Android 8.0(開発コード名:Oreo)など。

本体カラーはゴールドおよびブルー、ブラックの3色展開で、サイズは約150×72×7.5mm、質量は約143g。防水・防塵・耐衝撃やおサイフケータイ(FeliCa)、ワンセグ・フルセグ、赤外線、ハイレゾにはいずれも非対応。その他の詳細な製品情報は『ソフトバンク、SoftBank向け縦長画面&ダブルレンズカメラ&指紋センサー搭載の高コスパスマホ「HUAWEI nova lite 2 704HW」を発表!7月上旬発売予定 - S-MAX』をご確認ください。

契約種別新規契約・機種変更・MNP
本体価格30,720円(分割1,280円/月×24回)
月月割-600円/月×24回(総額-14,400円)
実質負担額16,320円(分割680円/月×24回)


【DIGNO J】



DIGNO Jは京セラの「DIGNO」シリーズの最新機種で、防水(IPX5およびIPX7準拠)や防塵(IP5X準拠)のほか、アメリカ国防総省(いわゆる「米軍」)が定める耐久試験「MIL-STD-810G」(以下、MIL規格)に準拠した耐衝撃・振動・高温動作・高温保管・低温動作・低温保管に対応したタフネス仕様のエントリースマホです。

主な仕様はアスペクト比9:16の約5.0インチフルHD(1080×1920ドット)TFT液晶やオクタコアCPU「Snapdragon 430(MSM8937)」、3GB RAM、32GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大256GB)、2600mAhバッテリー(取外不可)、IEEE802.11b/g/n準拠のWi-Fi、USB Type-C端子、Android 8.1(開発コード名:Oreo)など。

本体カラーはアクアブルーおよびチャコールブラック、パールホワイトの3色展開で、サイズは約145×72×8.4mm、質量は約130g。おサイフケータイ(FeliCa)やワンセグ・フルセグ、ハイレゾ、生体認証には非対応。その他の詳細な製品情報は『ソフトバンク、SoftBank向けタフネス仕様のエントリースマホ「DIGNO J 704KC」を発表!5インチFHD液晶やS430、3GB RAMなど搭載で、7月上旬発売予定 - S-MAX』をご確認ください。

契約種別新規契約・機種変更・MNP
本体価格30,720円(分割1,280円/月×24回)
月月割-600円/月×24回(総額-14,400円)
実質負担額16,320円(分割680円/月×24回)


【シンプルスマホ4】



シンプルスマホ4はスマホ初心者でも簡単に使えるように工夫されている「シンプルスマホ」シリーズの最新機種で、防水(IPX5およびIPX8準拠)および防塵(IP6X準拠)、耐衝撃(MIL-STD-810G Method 516.7:Shock-Procedure ?準拠)に対応したほか、コミュニケーションサービス「LINE」やアプリが追加できる「Google Play」も利用できるエントリースマホです。

主な仕様はアスペクト比9:16の約5.0インチHD(720×1280ドット)IGZO液晶や「Snapdragon 430(MSM8937)」や3GB RAM、32GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大400GB)、2800mAhバッテリー(取外不可)、IEEE802.11b/g/n準拠のWi-Fi、USB Type-C端子、Android 8.0(開発コード名:Oreo)など。

本体カラーはシャンパンシルバーおよびネイビー、ピンクの3色展開で、サイズは約143×71×9.4mm、質量は約150g。おサイフケータイ(FeliCa)や生体認証、ハイレゾ音源には非対応。その他の詳細な製品情報は『ソフトバンク、初めてでも簡単に使えるシニアなど向け「シンプルスマホ4」を発表!より見やすく聞きやすい「はっきりビュー」や「トリプルくっきりトーク」などに対応 - S-MAX』をご確認ください。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・「HUAWEI nova lite 2」を6月29日より予約受付開始 | 個人のお客さまへのお知らせ | お知らせ | モバイル | ソフトバンク
・「DIGNO J」を6月29日より予約受付開始 | 個人のお客さまへのお知らせ | お知らせ | モバイル | ソフトバンク
・「シンプルスマホ4」を6月29日より予約受付開始 | 個人のお客さまへのお知らせ | お知らせ | モバイル | ソフトバンク

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】福岡ソフトバンクホークス公認!プロ野球ケータイ「ホークスケータイ」

「ホークスケータイ」は、本体表面に福岡ソフトバンクホークスオフィシャルロゴを配置した、シャープ製のケータイ。発売時期は、3月上旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「ホークスケータイ」は、待受け画面やメニュー画面、着…

【ケータイラボ】魅力の薄さ!フルスペック搭載のスライド・ワンセグ携帯「SoftBank 911T」

現在、筆者はauのW52Tをメイン機種として使っている。テレビ電話は使えないが、3インチの液晶に480×800ドット表示、Bluetooth搭載で、おサイフ機能のサポートと、いたれり尽くせりのほぼ全部入りの端末だ。ボディが少し大きいとか、気…

【ケータイの疑問】ソフトバンクのホワイトプランは本当に安いのか? 店頭お持ち帰り価格″0円″の秘密とは?

はじめまして、memn0ckといいます。今回から、日本のケータイ市場について、あれやこれと探っていくことになりました。よろしくお願いします。さて、今週は月曜日にNTTドコモが同社のフラッグシップモデルとなる「FOMA 904i」シリーズを…

【ケータイラボ】超!!薄いケータイ、ソフトバンクの708SCを買ってみた

春モデルの怒濤のリリースラッシュが終わり、次期モデルがドコモから発表になり、それに続き、au、ソフトバンクともに夏モデルを発表になった。めぼしい機種のレビューも一段落し、どうせレビューを書くなら、「これはっ!」というよう…

【モバイル通信の実力チェック】屋外でもADSL並みの高速通信!″SoftBank Connect Card C01SI″を徹底検証

"モバイル通信の実力チェック"は今回で4回目を迎えるが、今までの実地検証より、外出時のデータ通信は最大3.6Mbps※1のHSDPA通信サービスが実際も高速であることがわかった。通信速度は、アクセスポイントの混み具合で大きく変化するた…