「闘会議2018」に柚衣ちゃんが行く(その2)ドット絵ビーズに挑戦してきた


ITライフハックの不定期連載「彼女と鉄道」で登場してもらっている咲坂柚衣さん。2018年2月10日、11日に行われた「闘会議2018」では、バーチャルユーチューバー・キズナアイのコスプレをしてもらって会場を回ることにした。今回はその1の記事に続いて、レトロゲームエリアにあった、アイロンビーズでドット絵を作ることに挑戦してきたので、こちらについてお届けする。

 このコーナーでは、マリオやノコノコ、スター、キラー、白魔導士のドット絵が作成可能。大きいビーズと小さいビーズを選べるのだが、特に何も考えず、小さいものを選んでしまった柚衣ちゃん。これが後々、大変なことになるのだが……。マリオの作成にチャレンジ開始だ。

受付でビーズをはめるプレートをもらったら、ビーズを確保する。マリオなので、赤、肌色、黒の3色で構成されている。ちょっとそれ、食べ物じゃありませんよ咲坂さん。


製作例を下に敷いて、透明になっているプレートを載せ、ビーズをはめていく。これが意外と細かい作業で、難儀する柚衣ちゃん。まず、ビーズが小さくてはめにくい。それにしっかりと固定されるわけでないので、ビーズを置こうとすると、そのとなりのビーズが飛んでしまったり……。「うーーー!いらいらするっ!」。



そんなこんなで作業に30分程度かかり、ようやく完成に。しかしちょっと、制作例と違いませんかね……。「ヤバい!」。


ではアイロンをかけて固定しましょう。パラフィン紙を上に敷いてアイロンをかけるのだが、意外と強めに当てないとビーズが溶けて固定しない。まあでもこれは、そんなに難易度が高いわけじゃないです。さてその出来映えは……。



右が製作例、左が柚衣さん作、ですが……。これは、マリオ!?なんか、「MOTHER」に出てくる主人公にも見えますね。出来映えに落ち込む柚衣ちゃん。まあ、こんなもんなんですかね。でも意外と楽しめたようで。



意外と人気のこのコーナー、瞬く間に人が集まって、終わった頃には50分待ちになっていた。闘会議では毎回開催されているので、来年チャレンジしてみてはいかがだろうか。



■闘会議2018
■咲坂柚衣Twitter

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・「闘会議2018」に柚衣ちゃんが行く(その1)巨大スーファミと遊んできた
・不定期連載“彼女と鉄道”しなの鉄道の観光列車「ろくもん」に彼女と乗ってきた
・彼女と鉄道――銚子電鉄に彼女と行ってみた(その1)
・彼女と鉄道――銚子電鉄に彼女と行ってみた(その2)
・彼女と鉄道――銚子電鉄に彼女と行ってみた(その3)

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【アキバ物欲】鉄ちゃんの夢を乗せたジオラマ!自慢の車両を走らせる鉄道模型の世界

秋葉原は、ここにしかないユニークな専門店が数多く存在するサブカルチャーの街。鉄道模型店"ポポンデッタ秋葉原店"も、そんな魅力あふれるショップのひとつだ。ビルひとつがすべて鉄道模型の関連商品で埋め尽くされているばかりでなく…

【世界のモバイル】オリンピック間近 北京のネット環境は意外と大丈夫

まもなく開催される北京オリンピック、日本から観戦に行く人も多いことだろう。さて海外に行く際に気になることの一つは現地の通信環境ではないだろうか。旅行中とはいえ仕事やプライベートのメールチェックやBlogの更新など、現地でも…

93万部「ヤンマガ」vs 1.5万部「IKKI」の意外な共通点【カオス通信】

この間とあるマンガ家さん(以下Aさん)にマンガ界の厳しい現実を聞く機会がありました。Aさんは業界に10年くらいいる方なのですが、今でも新連載が始まる前の準備期間は某先生のアシスタントで食いつないでいるとか、原稿料は1ペー…

モンハンやマリオカートに!「どこでもWi-Fi」でネット対戦【気になるモバイル】

プレイステーションポータブル(PSP)やニンテンドーDSi/DSに無線LAN機能が搭載されているのは誰でもご存じだろう。こうした携帯ゲームの魅力は、無線LANを使ったネットワーク対戦ゲームが楽しめることだ。今や、中高生だけでなく、大学…

アキバにロボットバーも? 「銀河鉄道999」の世界と新聖地「Robot Shop テクノロジア」

2009年5月8日、突如、秋葉原にオープンしたロボット専門ショップ「Robot Shop テクノロジア」。ロボットファンに愛されてきた聖地 九十九電機「ロボット王国」の再来と言われているのだ。ロボット愛好者やハイテク好きな秋葉原フリーク…