JR東海道本線の「大津駅〜山科駅」区間のトンネル内でNTTドコモとau、ソフトバンク(ワイモバイル)の携帯電話が12月8日始発より順次利用可能に



JR東海道本線の大津駅〜山科駅間トンネルで携帯電話が利用可能に!

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクは7日、西日本旅客鉄道(以下、JR西日本)が運行する「JR東海道本線」における「大津駅〜山科駅」区間のトンネル内にて携帯電話サービスを2017年12月8日(金)始発より順次提供開始すると発表しています。

これにより、駅構内だけではなく、駅間のトンネル内においても携帯電話サービスを利用できるようになり、事故や災害発生時などの緊急時に情報収集の手段として活用できるということです。なお、ワイモバイルでも利用可能とのこと。


今回、利用可能となる区間は以下の通り。NTTドコモおよびauでは12月8日始発からですが、ソフトバンク(SoftBankおよびY!mobile)では12月下旬からサービス開始予定です。

JR東海道本線 「大津駅〜山科駅」区間のトンネル内

JR西日本では2016年12月に「山陽新幹線」内全区間で携帯電話不通区間を解消しているほか、在来線区間についても2015年7月からJR東西線(京橋〜尼崎駅間)、関西線(JR難波〜今宮駅間)、そして今年4月には同じ東海道線の「山科駅〜京都駅」のトンネル内にて携帯電話サービスを提供開始していました。

そのため、東海道線では大津駅〜京都駅のトンネルで携帯電話が使えるようになります。なお、各社では車内では携帯電話をマナーモードに設定し、通話は遠慮するよう案内しているほか、今後もサービスエリアの拡大や品質改善、ならびに利用しやすい環境の整備を進めていくとしています。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・地域からのお知らせ(関西) : JR東海道本線「大津駅〜山科駅」区間のトンネル内で携帯電話サービスを提供開始 | お知らせ | NTTドコモ
・JR東海道本線「大津駅〜山科駅」区間のトンネル内で携帯電話サービスを提供開始 | 2017年 | KDDI株式会社
・JR東海道本線 「大津駅〜山科駅」区間のトンネル内で携帯電話サービスを提供開始 | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ
・東海道線 大津〜山科駅間のトンネル区間における携帯電話通信サービス開始のお知らせ:JR西日本

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

真のモバイル・ブロードバンド時代へ!「UQ WiMAXサービス開通式」レポート【ケータイラボ】

UQコミュニケーションズ株式会社は、高速モバイルデータ通信が利用できる世界基準のフューチャー・ブロードバンド通信サービス「UQ WiMAXサービス」を開始するのに先立ち、2009年2月26日、都内 帝国ホテル本館4階「桜の間」において「UQ…

レジで赤恥? うれしいサービスの落とし穴と初恋のツケは痛い【4コマでわかる時事ニュース】

今週の時事4コマは、喜怒哀楽はっきり分かれた話題をお届けしましょう。【喜】不況の中でも好調なコンビニですが、うれしいサービス「お得意様サービス」をファミリーマートが実施へ。でもそこには落とし穴、レジ前で私たちの秘め事が……

ネットブックに役立つネットサービス 4連発【知っ得!虎の巻】

ネットブックは携帯性にすぐれ、便利なマシンだが、記憶容量が少ないのが困りもの。なんでもかんでも詰め込んでいては、すぐにいっぱいになってしまう。また、会社や自宅で使用しているデスクトップマシンと同じファイルを扱うのに、い…

国内初のグーグルケータイ登場!地磁気センサーで星座も方位も一発表示【09夏ケータイ ドコモ編】

2009年5月19日、NTTドコモは国内初となるAndroid搭載のスマートフォン「HT-03A」を発表した。「HT-03A」は、HTC社製「HTC Magic」の国内向けモデルとなる。「HT-03A」は、地磁気センサーの搭載により羅針盤機能を利用することができる。…

4.1インチ大画面、1Ghz CPU搭載のインターネットケータイ「T-01A」【09夏ケータイ ドコモ編】

NTTドコモの09夏モデルのPROシリーズはホットだ。国内初のAndroidケータイHT-03Aの登場だけではない。4.1インチという最大級の大画面液晶を搭載する東芝製インターネットケータイ「T-01A」も同時に出現だ。OSにWindows mobile 6.1を採用…