Sペンの手書き感が良くなった!NTTドコモ向け6.3インチ大画面プレミアムスマホ「Galaxy Note8 SC-01K」を写真と動画で紹介――6GB RAMやデュアルカメラなどを搭載【レポート】



docomoが約6.3インチの大画面+筆圧検知対応のSペンで新しい使い心地のGalaxy Note8を発売!

既報通り、NTTドコモは18日、今冬および来春に発売する「2017-2018冬春モデル」を発表し、ワコムの技術によるペン入力「Sペン」に対応した約6.3インチQHD+(1440×2960ドット)Super AMOLED(有機EL)ディスプレイ(約521ppi)搭載の最新プレミアムスマートフォン(スマホ)「Galaxy Note8 SC-01K」(サムスン電子製)を2017年10月26日(木)に発売することを発表した。

昨年モデル「Galaxy Note7」ではバッテリーの問題で未発売となったこともあり、日本では前モデル「GALAXY Note Edge SC-01G」から3年、久々の「Galaxy Note」シリーズの登場だ。

今でこそあまり使われなくなった言葉だが、Galaxy Noteといえば“ファブレット”の草分け的な存在であり、大画面+ペンという独自スタイルを持つことでファンを獲得してきた。今回は発表会でGalaxy Note8の実機に触れることができたので、写真と動画で紹介していく。


ディスプレイは今夏モデル「Galaxy S8 SC-02J」および「Galaxy S8+ SC-03J」と同じアスペクト比9:18.5の縦長で、なおかつ左右にラウンドしたエッジスクリーンを搭載する。この特徴的な「インフィニティディスプレイ」によって約6.3インチながら横幅約75mmを実現している。


カラーは「Midnight Black」と「Maple Gold」の2色.。ゴールドは鏡面仕上げに近いメタルカラーだ。


上下のベゼルは特に狭いが、その狭いエリアにフロントカメラや虹彩認証用のセンサーなどが収まっている。ディスプレイの四隅はラウンドした形状をしているが、Galaxy S8・S8+よりもラウンドが小さくエンジスクリーン部分がカールしているような形状だ。また、外観も角のラウンドが小さく、それだけでGalaxy Note感が強まるのが面白い。


プッシュ式でヘッド部分が飛び出す仕組みのSペンは、表面・裏面どちら側から入れても問題ない。ロック解除後にSペンを引き出すとSペンのメニュー「エアコマンド」が表示され、メモや翻訳など様々な機能にすぐアクセスできる。

Galaxy Note8はタッチ操作ではできないことや、Sペンだから使える便利な機能など、単に「書く(描く)」だけの操作ではないことがその魅力である。


手書きの良さをひとつの特長とした機能が「ライブメッセージ」だ。手書きのメッセージやイラストをアニメーションとして記録し、SNSやメッセージアプリで共有することができる。文字の書き順や速さなどその人の個性を残せるのは面白いと思う。データはアニメーションGIFとして保存することもできるので、広く活用することができる。


また、画面オフ時にSペンを引き出すと「画面オフメモ」機能が呼び出され、すぐに手書きメモを取ることができる。単なる画面メモではなく、スクロールさせて書き込めるので使い勝手も良い。まさにノートとペンを持っている感覚だ。ペンの追従性も良く、手書きが本当に実用的になったように思う。


翻訳機能はSペンを浮かした状態で、翻訳したい単語に近づけるだけで訳が表示される。翻訳機能の便利さは数字の前に通貨記号がついていれば、通貨として認識され見たい国の通貨に換算して表示するなど多彩だ。

また単語だけではなくSペンの位置から自動的に文を認識してテキスト翻訳する機能も搭載。翻訳後、画面に表示された自動認識の範囲をSペンで広げて、前後の文章もあわせて翻訳することも可能だ。


背面のカメラはGalaxyシリーズのハイエンドモデルでは初の約1220万画素のF1.7広角レンズとF2.4の望遠レンズを持つ「デュアルレンズカメラ」を搭載。2つのカメラを使った背景ぼかし機能「ライブフォーカス」を特徴としている。また、広角・望遠カメラを同時に記録することも可能だ。


ライブフォーカスは、撮影後にもピントを合わせた位置以外のボケを調整することができる。他社のスマホのような大きなボケにはならない印象だが、“とりあえず”ライブフォーカスで撮影しておけば広角・望遠の写真と後から調整可能なボケを持つデータとして記録しておけるので応用範囲は広そうだ。

また、背面の2つのカメラには光学式手ブレ補正が搭載されており、手ブレ軽減を1つの特徴としている。展示ブースでは激しく揺れた状態でもブレないことをアピールしていた。


背面のデザインはGalaxy S8・S8+と異なる部分もある。カメラと指紋センサーの間にLEDライトと心拍センサーが入った。これによって指紋認証の際に誤ってカメラのレンズに触れてしまうことが回避できそうだ。

NTTドコモ版は背面の高い位置に「docomo」のロゴが入り、「Galaxy」のロゴは下に配置されている。一方、au版の「Galaxy Note8 SCV37」はこの逆で「au」のロゴが下に入っている。



右側面(写真=上・上段)には電源キー、左側面(写真=上・下段)にはボリュームキーとBixbyキーがある。上面(写真=下・上段)にはSIMカード・microSDカードスロット、下面(写真=下・下段)には、イヤホンマイク端子、USB Type-C端子、通話用マイク、スピーカー、Sペンがある。

最後に実際にGalaxy Note8 SC-01KのSペン操作やカメラ機能を利用しているところを動画で紹介しておく。なお、すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて事前予約受付を実施しており、ドコモオンラインショップでは10月24日(火)10時以降に購入手続きが開始され、価格(税込)は以下の通り。


動画リンク:https://youtu.be/-9atLtH4b-8

契約種別新規契約および機種変更(契約変更含む)他社から乗り換え(MNP)
本体価格126,360円
(分割5,265円/月×24回)
126,360円
(分割5,265円/月×24回)
月々サポート-2,079円/月×24回
(総額-49,896円)
-4,158円/月×24回
(総額-99,792円)
実質負担額76,464円
(分割3,186円/月×24回)
26,568円
(分割1,107円/月×24回)

基本的なスペックは夏モデルでのGalaxy S8・S8+に近いが、大容量6GB RAMやデュアルレンズカメラ、Android 7.1 Nougat、そしてSペン機能を搭載していることが違いとなる。

なお、バッテリーはGalaxy S8+より200mAh少ない3300mAhであり、これはSペンの収納部分が影響しているのではないかと思われ、ペンをあまり使わずに電池持ちを優先する場合はGalaxy S8+を選ぶという選択肢もありそうだ。

・NTTドコモ、Sペン対応の最新プレミアムスマホ「Galaxy Note8 SC-01K」を発表!防水対応の6.3インチ縦長ほぼ全画面デザインで、デュアルカメラや6GB RAMなどを搭載 - S-MAX
・NTTドコモがSペン対応6.3型大画面スマホ「Galaxy Note8」を10月26日に発売!価格は12万6360円の実質2万6568円からーー予約中でオンラインストアの購入手続きは10月24日10時から - S-MAX
・NTTドコモがCAで4波を束ねた下り最大644Mbpsを10月末より提供開始!Sペン対応の最新6.3インチ外画面スマホ「Galaxy Note8 SC-01K」の対応周波数帯とCAの組み合わせも公開 - S-MAX



記事執筆:mi2_303


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Galaxy Note8 関連記事一覧 - S-MAX
・Galaxy Note8 SC-01K | 製品 | NTTドコモ
・Galaxy Note8 | スマートフォン - Galaxy Mobile Japan 公式サイト

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

報道番組の裏側を伝える!日本テレビ「ZERO 写真展」を開催へ

株式会社リコーは、フォトギャラリー「RING CUBE」において写真家 大村克巳氏による「ZERO 写真展」を2009年4月1日より開催する。「ZERO 写真展」は、大村克巳氏が日本テレビで放送中のニュース番組「NEWS ZERO」に密着し、番組を支える出演者…

カメラの限界を超え始めたデジタルカメラ【気になるトレンド用語】

進歩を続けるデジタルカメラが新しい時代に入ろうとしています。デジタルカメラ(以下デジカメ)は、手軽なサイズと価格ながら、高画質・多機能さから人気を集め普及してきました。フィルムがいらないカメラとして登場したデジタルカメ…

真のモバイル・ブロードバンド時代へ!「UQ WiMAXサービス開通式」レポート【ケータイラボ】

UQコミュニケーションズ株式会社は、高速モバイルデータ通信が利用できる世界基準のフューチャー・ブロードバンド通信サービス「UQ WiMAXサービス」を開始するのに先立ち、2009年2月26日、都内 帝国ホテル本館4階「桜の間」において「UQ…

リコー、織作峰子氏の写真展「時」のスタート・サイン会を開催へ

株式会社リコーは、銀座のフォトギャラリー「RING CUBE」において写真家 織作峰子氏の写真展「時」のスタート・サイン会を開催する。●織作峰子展「時」スタート・サイン会織作峰子展「時」の開催にともない、織作峰子氏によるサイン会を…

屋外でも光の高速ネットを実現!「UQ WiMAX」の仕組み【最新ハイテク講座】

仕事だけでなくプライベートでも、今やインターネットは欠かせない存在となってきた。インターネット白書2008によると、日本のインターネット市場はすでに成熟期に入り、光ブロードバンドも急速に普及している。会社や家庭だけでなく、…