『アバター』の検索結果(1ページ目)

【気になるトレンド用語】ネットの自分で変身!アバターってなに?

ブログやセカンドライフなど、ネット上でよくみかけるようになったかわいいキャラクター"アバター"。ところでこれって何に使うんでしょう。アニメっぽいキャラクターや3Dのキャラクターまでありますが、何に使うのかというと、あれ、よくわからないってことも…。インターネット上の自分の分身とかいわれてますし、次世代サ…

ソニー、痛恨のミス!BD「アバター」再生で不具合

ソニーは2010年4月27日、同社のブルーレイディスクレコーダーにおいて、20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパンより4月23日に発売されたBDソフト「アバター」を再生しようとすると、正常に再生できない症状が発生することを明らかにした。同社は、「デジタル放送ダウンロードによる対象製品のソフトウェアの修…

機能追加が原因か!BD「アバター」の再生で不具合

臨場感あふれる3D映像で話題となった「アバター」のブルーレイディスクソフト(BDソフト)が20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパンより4月23日に発売されたが、一部のブルーレイディスクレコーダーにおいて、正常に再生できない症状が発生していることが明らかになった。今回の不具合はBDソフトの機能強化によ…

デジタル維新到来!自宅でアバター3D体験、そして究極の映像革命へ【Win7パソコン頂上への挑戦】

ちまたでは幕末維新や龍馬ブームで盛り上がっているが、デジタル業界もまさに維新到来といった様相を呈しつつある事をご存知だろうか。とりわけ組み立てパソコン(BTOパソコン)の業界においては、これまでにない新技術の波が押し寄せている。数ある新技術の中でもとくに注目株は、インテルの最強最速プロセッサー「インテ…

ついに実現!スマートフォンで滑らかに動く3Dアバター

株式会社スプリュームは、映画のように滑らかにアニメーションする、高精細な立体的に表現されたアバターを実現し、スマートフォンでのさまざまなアプリやサービス向けオープン・プラットフォームとして提供すると発表した。スマートフォンの登場により、携帯電話のリッチ化が一層進んでおり、「ツイッター」や「USTREAM」…

アバターなど洋画3作を違法販売!映画BD海賊版のネット販売で男性逮捕

3D映画「アバター」は、3Dテレビや3Dパソコン、3Dゲーム機などの火付け役となったが、そんな「アバター」の海賊版を違法販売していたのをご存じだろうか。大阪府警察本部 生活安全特別捜査隊と此花警察署は、ブルーレイディスクにおさめた映画の海賊版をインターネットで販売したとして、著作権法違反(頒布)の疑いで兵庫…

突然現れてアプリ1位に!Google純正のアバター作成アプリ「Androidメーカー」【Androidアプリ】

自分だけでのAndroidをつくろう!Googleが突然公開し、ここ最近の無料アプリケーションで1位を維持しているAndroidアプリ「Androidメーカー(Androidify)」を紹介したいと思います。アプリとしては、Androidのイメージキャラクター「ドロイド君」に服を着せたり、髪型を変えたりして自分だけのキャラクターを作れるアバタ…

小惑星探査機「はやぶさ」がハリウッドを動かした!『アバター』を超えるか?

2010年の6月13日、通信途絶やエンジン停止など、絶体絶命のピンチに陥りながらも7年間、60億キロもの旅をした小惑星探査機「はやぶさ」が奇跡的な帰還を果たした。日本中が興奮したこの出来事を、東映や松竹の日本の大手配給会社によって映画化することは既に決定している。そして、この映画化の動きは日本に留まらず、な…

シリーズ最終章『トランスフォーマー』、『アバター』を超えた?

6月23日、第33回モスクワ国際映画祭のオープニング作品として『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』のワールド・プレミアがモスクワで行われた。スタッフ、キャストはもちろん、前作の主題歌を担当したリンキン・パークも登場し、この日のモスクワは『トランスフォーマー』一色に染まった。 メイン会場・プーシキ…

史上最高の3D『トランスフォーマー』が『アバター』超えの大ヒット

既に全世界で9.8億ドル(約780億円)を超える成績を上げている、マイケル・ベイ監督の話題作『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』。7月29日には日本で待望の公開を迎え、大ヒットスタートを飾った。 国内779スクリーンで公開を迎えた『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』は、前夜祭興行含む週末2日間で3…

『スター・ウォーズ』や『アバター』に多大な影響を与えた世紀の大作、注目度No.1俳優が登場

ウォルト・ディズニー生誕110周年にあたる記念すべき2012年、ディズニー・スタジオの総力を結集した夢の映像プロジェクトが誕生する。『スター・ウォーズ』や『アバター』に多大なインスピレーションを与えたと言われるエドガー・ライス・バローズの伝説的SF小説「火星のプリンセス」(1912年)を原作に、ディズニー/ピク…

Twitter連携機能のついたアバターカスタマイズ可能なPlayStationVita用SNSアプリ「みんなといっしょ」【レビュー】

略して「みんいつ」満を持して発売開始されたソニー・コンピュータエンターテインメント(SCE)製携帯ゲーム機「PlayStation Vita」(以下、PSV)。そろそろ購入した人は、操作感なども慣れて、じっくりとゲームなどをやりこんでいることだと思います。前回、そのPSV向けのTwitterアプリ「Live Tweet for PlayStationVita…

『スター・ウォーズ』の前売券に長蛇の列、『アバター』の3倍の売上で売り切れも

ジョージ・ルーカス、ジョン・ノールらが全精力を傾注し、最新テクノロジーを駆使した3D映画として、再び大スクリーンに帰ってくることで注目される『STAR WARS エピソード1/ファントム・メナス 3D』。本作の劇場前売券が爆発的な売上を記録して、売り切れの可能性も出てきた。 昨年12月23日に前売券が発売されると、公開…

最強映画『アベンジャーズ』、歴代最速で『アバター』『ハリポタ』越え

4月25日より世界各国で公開され、29カ国で歴代記録を更新するなど驚異的な大ヒットを記録している映画『アベンジャーズ』。全米では5月4日に公開され、週末3日間で『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』を抜く歴代1位となる2億743万ドルの興行収入を記録。2週目に入ってもその勢いは衰えず、初登場となるティム・バートン…

『アバター』を抜くか? “最強”ヒーローが勢揃いの日本版オリジナルポスター公開

全世界で公開されると、わずか10日間で興行収入10億ドルを突破し、29カ国で歴代記録を更新するなど驚異的な大ヒットを記録している“最強”の映画『アベンジャーズ』(8月17日公開)の日本版オリジナルポスター画像が公開された。 “アベンジャーズ”とは“最強”たちのドリームチームのこと。地球侵略へのカウントダウンが開始…

世界興収1位『アバター』が生んだ“崖っぷちの男”と“最強のヒロイン”

今年4月より世界各国で公開され、歴代3位の興行収入14億ドル(6月27日現在)を突破している『アベンジャーズ』。日本での公開は8月14日からとなるが、2位『タイタニック』(1997年公開)の21億、その上の1位『アバター』(2009年公開)の27億という壁はまだ高く、そして険しい。 『タイタニック』でレオナルド・ディカプリ…

劇場公開から3年、『アバター』3Dブルーレイが遂に発売

2009年に公開された、ジェームズ・キャメロン監督による映画『アバター』。「観るのではない。そこにいるのだ。」との宣伝文句に違わず、IMAXをはじめとした3Dでの劇場公開が大きな話題となり、現在もなお歴代1位の世界興行収入を記録している。 しかし、翌2010年4月に発売された同作のブルーレイ&DVDは2D版のみで、3Dブ…

3D映画の金字塔『アバター』に見る“絆”の力

今や映画に欠かせない存在となりつつある3D。過去には、米国の一般家庭にテレビが普及し始めた1950年代と、ケーブルテレビが普及し始めた1980年代に2度のブームが存在したが、いずれも3年程度で収束。そして、2005年にジェームズ・キャメロンがジョージ・ルーカスやロバート・ゼメキスらと共に観客の映画館離れについてシ…

Blu-rayの3D映像進化に驚いた!再認識させられたアバターの3D臨場感

(C)2012 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.久しぶりに3D映画「アバター」を鑑賞した。これまでも3D作品は幾度も観たことはある。DVDやBlu-rayでも観たし、劇場にも行って観ている。がしかし、今回の「アバター」は、今までの3Dとは、ちょっと違っていた。■ただ3Dにしただけの作品と一…

アバターや部屋をコーディネートして楽しめる♪新機能も加わった「LINE Play」【iPhoneアプリ】【Androidアプリ】

ファッション、ルームコーディネートはどれにしよう!?無料通話・無料メールアプリの「LINE(ライン)」と連携した公式アバターサービス「LINE Play」は、自分の分身としてのアバターや、マイルームをかわいくデコレーションして楽しむことができるほか、アバター友達とチャットルームで会話したり、ランダムでいろんな人…