Sony Mobile、より薄型&軽量化された10.1インチディスプレイ搭載のAndroid 5.0 Lollipop採用フラッグシップタブレット「Xperia Z4 Tablet」を発表!日本を含む市場で6月以降に発売



ソニーモバイルがタブレット「Xperia Z4 Tablet」を発表!

Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)は2日(現地時間)、スペイン・バルセロナにて2015年3月2日(月)から3月5日(木)まで開催される世界最大級のモバイル関連展示会「Mobile World Congress 2015(MWC 2015)」に合わせて2Kオーバーの10.1インチWQXGA(2560×1600ドット)ディスプレイを搭載した新しいフラッグシップタブレット「Xperia Z4 Tablet」を発表しています。

最新OSのAndroid 5.0(開発コード名:Lollipop)をプリインストールしており、Wi-FiモデルとLTEモデルの両方がラインアップされます。なお、日本を含む各市場で今年6月以降に発売予定と案内されています。

02

03

04

07

Xperia Z4 Tabletは10.1インチディスプレイを搭載したAndroidタブレットのフラグシップモデルで、昨年発売した「Xperia Z2 Tablet」の後継機種す。

Xperia Z2 Tabletと比較すると、画面解像度がWUXGA(1920×1200ドット)からWQXGA(2560×1600ドット)に向上し、プロセッサーもQualcomm製64bit対応オクタコアCPU「Snapdragon 810(MSM8994)」を採用するなどよりパワーアップしています。

一方で、さらに薄い約6.1mmになり、質量もWi-Fiモデルで約389g、LTEモデルで約393gの軽量を実現しています。バッテリー容量は6000mAh。もちろん、防水・防塵にも対応しており、IP65およびIP68準拠に向上しています。

また、Xperia Z4ファミリーの共通仕様とも伝えられるmicroUSB端子がキャップレス防水となっており、3.5mmイヤホンマイク端子とともに、水回りでの使用がより気軽になりました。

06

05

カメラ機能も強化されており、自撮り(セルフィー)やビデオ電話などに強い500万画素のCMOSイメージセンサーを採用した広角フロントカメラを搭載。サウンド面では高品質なワイヤレス再生を可能にする新しい音声圧縮技術「LDAC」に新たに対応しました。

その他、Xperia Z3ファミリーから導入されたPlayStation 4のゲームが楽しめる「PS4 リモートプレイ」への対応も行われています。

LTEモデルの対応周波数帯はBand 1および2、3、4、5、7、8、12、20で、LTE UE Category 6やVoLTEもサポートされます。なお、SIMカードスロットはnanoSIMカード(4FF)を採用。

10

08

09


◯主な仕様
機種Xperia Z4 Tablet
サイズ約167×254×6.1mm
質量約389g(Wi-Fiモデル)
約393g(LTEモデル)
ディスプレイ約10.1インチ(2560×1600ドット)液晶
OSAndroid 5.0 Lollipop
CPU2GHzクアッドコアCPU(Qualcomm製「Snapdragon 810」)
内蔵メモリー3GB
内蔵ストレージ32GB
外部ストレージmicroSDカード(最大128GB)
カメラリア800万画素Exmor RS for mobile
フロント500万画素CMOS
バッテリー容量6000mAh(最大17時間の動画再生)
通信Wi-Fi、Bluetooth、2G/3G/4G LTEモバイル通信(LTEモデルのみ)
防水・防塵◯(IP65およびIP68準拠)
カラーWhite、Black




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
ソニーモバイル、Mobile World Congress 2015 出展について | ソニーモバイルコミュニケーションズ
Tablet entertainment perfected with Sony’s new Xperia Z4 Tablet | Sony Smartphones

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】リアルメタルフェイスを採用!次世代京ぽん「WX320K」

「WX320K」は、より高速で快適な通信環境を実現する「W-OAM」に対応したアルミ素材を採用した京セラ製の音声端末。発売時期は2月中旬予定。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。カラ…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…