初代ムーブバンドとも比較!docomo selectなヘルスケア向けリストバンド型活動量計「ムーブバンド2 WMB-02C」を写真でチェック【レポート】



リストバンド型活動量計「ムーブバンド2 WMB-02C」を写真で紹介!

既報通り、NTTドコモは14日、今夏に発売・提供する新モデルや新サービスを披露する「2014年夏モデル 新商品・新サービス発表会」を開催し、リストバンド型活動量計(アクティビティートラッカー)第2弾として「ムーブバンド2(型番:WMB-02C)」(オムロンヘルスケア製)を2014年6月中旬に発売すると発表しています。

価格はオープンながら市場予想価格は7,500円前後で、すでにドコモショップや公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて事前予約を受け付けています。なお、ドコモオンラインショップでは「からだの時計(WMアプリ)」に同時加入すると月額利用料300円(税抜)が最大24ヶ月月額120円(税抜)に割り引かれるキャンペーンも行われています。

ムーブバンド2は今年1月に発売した前モデル「ムーブバンド1(型番:WMB-01)」(東芝製)から振動(バイブレーション)による目覚まし機能に対応したほか、バッテリーの持ちが良くなり、さらに、Bluetooth(BLE)だけではなく、NFCによる連携に対応したことでより多くのスマートフォン(スマホ)やタブレットと連携できるようになっています。

今回、発表会に併設された展示コーナーにてムーブバンド2の開発機をタッチ&トライすることができましたので、初代ムーブバンドとの比較も含めて写真で紹介したいと思います。

03

02


ムーブバンド2は腕時計のように腕に装着する“リストバンド一体型”の活動量計で、内蔵された加速度センサーによって歩数計・活動量などの計測や、睡眠時間を手軽に記録できるウェアラブルデバイスです。

なお、ディスプレイは搭載しておらず、時計機能には対応していませんが、LEDによるインジケーターには対応しており、光で各種情報を通知できるようになっています。

類似製品としては「UP24 by Jawbone」(以下、UP24)や「fitbit force」(以下、force)、「Nike+ FuelBand SE」(以下、FuelBand SE)、「SmartBand SWR10」(以下、SWR10)などがあり、今回、ムーブバンド2ではUP24やforceなどが対応していた睡眠状態を把握することで、起きたい時間直前の睡眠が浅い起きやすいタイミングで振動によって起こしてくれる目覚まし機能に対応しました。

機種ムーブバンド2ムーブバンド1UP24forceFuelBand SESWR10
形状リストバンド型リストバンド型リストバンド型リストバンド型リストバンド型分離型
カラー3色2色4色4色4色9色以上
サイズS・M・LS・M・LS・Lなど
価格7,500円前後7,149円13,800円15,750円9,800円
利用料月額300円月額300円月額500円
活動量
(歩数・距離・消費カロリーなど)
睡眠時間
目覚まし機能
時計
連続使用時間7日4〜5日10日5日4日5日
防水
(IPX5)

(IPX5/7)

生活防水

生活防水

生活防水

(IPX8)
防塵
(IP5X)
対応アプリからだの時計
(WMアプリ)
からだの時計
(WMアプリ)
Jawbone UPアプリSoftBank HealthCareアプリ
(fitbitアプリ)
NIKE FuelアプリSmartBandアプリ
LifeLogアプリ
通信BLE
NFC
BLEBLEBLEBLEBLE


また、NTTドコモとオムロンヘルスケアが提携して展開する「ドコモ・ヘルスケア」による健康管理・支援サービス「WM(わたしムーブ)」および「からだの時計(WMアプリ)」を利用し、日本の生活環境にあったサービスも魅力となっています。

ボディーカラーはブラックおよびブラウン、ターコイズの3色が用意されていて、サイズは幅約20mm(バックル部約16mm)、厚さ約11mm、質量は約17g。リストバンドは取り替えることができず、腕時計のように穴で調節できるバンド(135〜210mm)が一体となっています。

生活防水(IPX5準拠)に対応しており、連続動作時間および本体記録日数(目安)はともに7日と、ムーブバンド1の4〜5日から伸びています。充電は専用のクリップ型充電器によってmicroUSB経由で行います。電池は内蔵式のリイウムイオンバッテリーを搭載。

以下は初代ムーブバンドとムーブバンド2を並べてみた写真です。ライトグリーン(グリーンっぽいほう)が初代ムーブバンドで、ターコイズ(ブルーっぽいほう)がムーブバンド2です。

初代ムーブバンドではバンドの部分に金属の留め具がありましたが、ムーブバンド2ではよりシンプルになっています。また、ムーブバンド2では裏側が黒くなっています。

04

05

06

07


対応OSはAndroid 4.1(開発コード名:JellyBean)またはiOS 7.1以上ですが、一部対応していない機種もあるとし、公式Webページにて非対応機種が案内されています。

記録できる情報は、活動量測定指標として歩数および消費カロリー、脂肪燃焼量、Ex量、距離、睡眠測定機能として睡眠開始時刻、入眠時間、ファーストアラーム時刻、スヌーズ回数、睡眠終了時刻、体動レベル、中途覚醒時間、睡眠時間。

08

09


記事執筆:S-MAX編集部
写真撮影:2106bpm


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】際立つ薄さ約11.9mm!3Gハイスピード対応スリムケータイ「707SCII」

「707SCII」は、薄さ約11.9mmを実現したスリムケータイ。発売時期は今春を予定し、価格はオープンプライス。「707SCII」は、薄さ11.9mmのスリムボディーを採用したので、バッグやポケットに入れてもかさばらずに、スマートに持ち運べる…

【デジカメ調査室】乾電池対応!光学6倍ズームのコンパクトデジカメ「LZ7」

「LZ7」は、720万画素CCDを搭載した乾電池対応のコンパクトデジタルカメラで、2月9日より発売を開始する。カラーバリエーションは、シルバーのみ。価格は、オープンプライス。市場想定価格は、3万3,000円前後の見込み。外出先でも手…