AmazonでモバイルSuica支払が可能に!Suicaチャージが当たるキャンペーンも開催



Amazon、JavariでモバイルSuica払いが利用可能に

オンライン通販サイトAmazon、および姉妹サイトのJavariの商品購入に「モバイルSuica」支払が対応し、Amazon&JavariのモバイルSuica対応を記念してSuicaチャージが当たるキャンペーンが開催されている。

■対応開始日
2月19日(火)

■対応決済方法
・モバイルSuica(EASYモバイルSuicaを含む )

・Suicaインターネットサービス
My Suica(記名式)、Suica 定期券、Suica 付きビューカード、Suica 付学生証/社員証、
ゆうちょ IC キャッシュカード Suica ※一部非対応のSuicaあり

既にモバイルSuicaを利用中の会員の場合、追加での手続なしにAmazonなどでモバイルSuica払いを利用することが可能になる。

モバイルSuicaで支払う場合の支払手順は以下。

(1)Amazonで商品を注文する
(2)支払い方法選択画面で「電子マネー」を選択し、注文を完了させる
(3)Amazonから届く「お支払い番号お知らせメール」に記載のURLから支払い方法詳細選択画面に進み「モバイルSuica」を選択後、「モバイルSuica」に登録のメールアドレスを入力
(4)メールを受信後、メール本文に記載されている決済用URLを選択
(5)モバイルSuicaのパスワードを入力後、案内に従い決済完了

また、AmazonやJavariでのモバイルSuica対応にあわせて、抽選でSuicaチャージがあたる、『毎週当たる!総額 100 万円分!「Amazon で Suica を使ってみよう」キャンペーン』が行われている。

■キャンペーン期間
2013年2月19日(火) 〜 4月29日(月)

■キャンペーン内容
キャンペーン期間中に「Amazon」または「Javari」でモバイルSuicaでの支払を500円以上利用すると、合計で550名に総額100万円のSuicaチャージがプレゼントされる。

第一弾:2月19日(火) 〜 3月25日(月) 毎週100名に 1,000円分のSuicaチャージをプレゼント
第二弾:3月26日(火) 〜 4月29日(月) 毎週10名に 10,000円分のSuicaチャージをプレゼント

キャンペーンは500円を1口として、Suicaを使えば使うほど当選確率が上がるので、AmazonやJavariで何か買い物を考えている方は、この機会にSuicaのキャンペーンを利用して購入すると、運が良ければSuicaチャージがプレゼントされる。

記事執筆:shimajiro


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Amazon で Suica ネット決済がご利用いただけるようになりました!(PDF)
JR東日本:Suicaポイントクラブ>キャンペーン一覧>毎週当たる!総額100万円分!『AmazonでSuicaを使ってみよう』キャンペーン!

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【ケータイラボ】メールが打ちやすい!デコメケータイ「P703i」

「P703i」は、メール機能にこだわったデコメケータイ。メールの打ちやすさを追求した「WaveTileKey」と呼ばれる立体形状の大型キーを採用している。またキーは、バックライトが美しいイルミネーション表示を演出することができる。使い…

【ケータイラボ】安心と使いやすさを実現!子どもを守るケータイ「コドモバイル 812T」

「コドモバイル 812T」は、ソフトバンクモバイル初の子ども向けGPS機能付ケータイ。発売時期は2月中旬以降を予定し、価格はオープンプライス。カラーバリエーションは、ブルーとピンクの2色。「コドモバイル 812T」は、液晶上部のスイ…

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【世界のモバイル】世界はモバイルインターネットの時代へ

今や一大産業となった携帯電話コンテンツビジネス。しかし日本や韓国では携帯コンテンツの利用は日常的になっているものの、他の市場ではまだまだ普及途中の段階で、携帯電話を音声端末としてのみ利用しているユーザーが大多数に上って…