デジタル配信でも実店舗で販売か!UltraVioletの今後はどうなる【デジ通】


UltraViolet(ウルトラバイオレット)とは何かに書いたように、様々な業界が推進しているコンテンツを試聴する権利を管理するシステムのUltraVioletは、まだ始まったばかりだ。

将来これが普及した場合、デジタルと実店舗の連携など、様々な映像コンテンツのサービス展開も見えてくる。

■パッケージを売るだけからサービスも売る店頭へ
店頭でユーザーがパッケージメディアを購入する場合、DVDやBlu-rayのメディアと箱などを単に購入するだけだった。これに加え、購入時に店頭でその作品のデジタル版を販売するというような展開もあるだろう。

アメリカでは大手家電量販店のBest Buyが、Cinema Nowというオンライン映像配信サービスを開始している。このようなサービスを展開している小売店が、DVDなどの販売の際、自社のサービスで使用できるデジタル版の権利を販売するという展開もありうるだろう。

また、デジタル版はコードなどを販売するだけで、在庫リスクもほとんど無い。従来DVDなどのパッケージメディアを主に販売していたのは専門店や家電量販店だったが、スーパーなど一般量販店でのコンテンツ購入もより手軽にできるようになるだろう。

デジタル配信が主流になったとしても、店頭でのプロモーションには一定の効果がある。デジタル配信ですべてがネット上で完結するのでは無く、実店舗と連携した様々なサービス展開が出てきそうだ。

■関連作品の販売へ
ある特定のコンテンツを気に入った方は、それに関するコンテンツも気に入る可能性が高い。

メイキングやキャストへのインタビューなどの特典画像は、販売されているパッケージメディアに入っているが、デジタル配信の場合は無い場合がほとんどだ。特定の作品を持っているユーザーには、メイキングなどの特典画像を無料または低価格で提供。

さらに、ディレクターズカット版や続編がでればこれも、元の作品の権利を持っていることでの割引販売というような展開もあるだろう。

一つの作品から複数の関連商品へアプローチできるようになれば映画会社の収入も増えるし、そのファンにとっては楽しめる映像が増える事になる。

■本当に普及するのか
これらの展開はすべて、UltraVioletのシステムが普及した場合のことだ。うまく普及し、サービスの範囲も拡大すれば映像コンテンツ視聴の利便性が増すだろう。

しかし、現時点でUltraVioletにはアップルとディズニーが参加していない。どちらも現在のコンテンツビジネスでは欠かせない会社だ。また、これは米国で始まったが、国際的な展開がどうなるかも未知数だ。

日本の場合、これらの動きはいつも遅いし、外国映画の場合、字幕と吹き替えなどの複雑な権利上の問題もある。

UltraViolet


上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)]

digi2は「デジタル通」の略です。現在のデジタル機器は使いこなしが難しくなっています。
皆さんがデジタル機器の「通」に近づくための情報を、皆さんよりすこし通な執筆陣が提供します。

デジ通の記事をもっと見る
DVDにデジタル版がついてくる!UltraVioletとは何か
高価なダブル録画機を1台買うよりも、Blu-rayレコーダー2台を勧める理由
iPhoneが据え置きゲーム機も殺す?多機能化するスマートフォン
任天堂は赤字でアップルは黒字!スマホからゲーム機への施策は

【キヤノン純正インク】キャノンインクタンク 5色マルチパック BCI-321+320/5MP【キヤノン純正インク】キャノンインクタンク 5色マルチパック BCI-321+320/5MP
キヤノン
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【デジカメ調査室】買うならどっち?初めてのデジタル一眼

昨年9月に発売されたCanonのEOS Kiss Digital Xと、同年12月に発売されたNikonのD40と、現在人気の2台のエントリーモデルを比較してみた。キヤノンのEOS Kiss Digital Xは、デジタル一眼レフブームの火付け役になったEOS Kiss Digital…

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【デジカメ調査室】プロ機一新!キヤノン デジタル一眼レフ「EOS-1D Mark III」発表会

キヤノン株式会社は2007年2月22日(木)、都内 キヤノンSタワー「キヤノンホールS」において、プロ用デジタル一眼レフカメラと、コンパクトデジタルカメラ IXY DIGITALおよびPowerShotシリーズ、計5機種の新モデル記者発表会を行っ…

【デジカメ調査室】システム一新!高性能・高信頼性を追求したプロ用デジタル一眼レフカメラ「EOS-1D Mark III」

「EOS-1D Mark III」は、2005年9月に発売した「EOS-1D Mark II N」の後継機にあたる、キヤノンのプロ用デジタル一眼レフカメラのフラッグシップモデル。高次元の快速・快適・高画質と、優れた信頼性を実現するため、本体のみならず周辺…