【CEATEC JAPAN 2011】ソニーブースで2画面タブレットを体験!写真で見る「Sony Tablet Pシリーズ」【レポート】



発売前のSony Tablet Pシリーズを試してきた!

千葉県の幕張メッセで10/4(火)〜8(土)の5日間に渡って開催された「CEATEC JAPAN 2011(シーテック ジャパン 2011)」のソニーとNTTドコモのブースでは、Android 3.2(HoneyComb)を搭載したソニー製の2画面タブレット「Sony Tablet Pシリーズ(SGPT211JP/S)」のタッチ&トライを行っていた。ソニーブースで実際に試してきたのでレポートする。

量販店では既にモックアップの展示がされてるSony TabletのPシリーズは、国内では初めてとなるAndroid 3.2搭載の2画面タッチパネルを採用したタブレットデバイス。折りたたみ式のため、操作をするにはデバイス自体を開ける必要がある。また、基本的には全てタッチ操作となるAndroid 3.2はタブレット向けプラットフォームのため、ディスプレイ周辺にはハードキーを搭載していない。

111007_ceatec2011_sonytablet_p_02_960
折りたたんだ状態の本体正面。外観は丸みを帯びたデザイン。カメラは511万画素


111007_ceatec2011_sonytablet_p_03_960
本体を開いてホーム画面をスクロール


111007_ceatec2011_sonytablet_p_04_960
ドロワー(アプリ一覧)画面。アイコン間が大きく伸びるバウンズ表示が特徴的


111007_ceatec2011_sonytablet_p_05_960
本体向かって右側面に電源ボタン、電源ジャック、microUSB端子、+-キーを搭載


111007_ceatec2011_sonytablet_p_06_960
本体向かって左側面にはスピーカーのみでボタンや端子類は搭載されていない


111007_ceatec2011_sonytablet_p_07_960
閉じた状態の本体正面の側面。右側に3.5mmイヤホンジャックを搭載


111007_ceatec2011_sonytablet_p_13_960
上部ディスプレイの右上に30万画素のインカメラを搭載


111007_ceatec2011_sonytablet_p_08_960
開く角度を調整できる


111007_ceatec2011_sonytablet_p_09_960
横から見るとパックマンのようだ


111007_ceatec2011_sonytablet_p_10_960
Wi-Fi、Bluetooth、VPNおよびモバイルネットワークの設定が可能


111007_ceatec2011_sonytablet_p_11_960
Androidのバージョンは3.2


111007_ceatec2011_sonytablet_p_12_960
ストレージの表示画面

Androidのバージョン違いではあるが、2画面タッチパネルといえば京セラ製の北米向け端末「Kyocera Echo」がワイヤレスジャパンで出展されていたが、ECHOは可動式のスライドを採用していたため、閉じた状態では一画面での操作が可能であった。また、2画面を活かした独自のカスタマイズが数多く施されていたが、Sony Tablet Pでは基本設計として、一画面の表示を2画面で表示するのみに留まっており、横向きに持った際は画面上部が表示領域、下部が操作パネルといった設計になっているのだという。


111007_ceatec2011_sonytablet_p_14_960
ホーム画面。上下異なった表示をさせることはできない


111007_ceatec2011_sonytablet_p_15_960

111007_ceatec2011_sonytablet_p_16_960
Angry Birds」の表示も一画面を単純に2画面で表示


111007_ceatec2011_sonytablet_p_17_960
Androidマーケットは上部ディスプレイのみの表示

各種アプリなどは2画面表示が想定されていないため、一画面を単純に2画面で表示しているが、Androidマーケットは下部ディスプレイが真っ暗な状態で何も表示されないのは流石に違和感を感じた。では、ソニー製のアプリケーションはどうだろう。


111007_ceatec2011_sonytablet_p_18_960
独自の電子書籍サービスのアプリ「Reader」


111007_ceatec2011_sonytablet_p_19_960
立て向き表示でページをめくっていく。一画面1ページなので違和感はない


111007_ceatec2011_sonytablet_p_20_960
「PetaMapガイド&ナビ」は2画面表示を活かした表示


111007_ceatec2011_sonytablet_p_21_960
「みんなのGOLF 2」は上部がゲーム画面、下部ディスプレイはコントローラー表示

ブックリーダーとしては2画面であることを活かせる仕様になっている。みんなのGOLFは上部ディスプレイのみの表示のため、ゲーム画面が小さく非常に残念だ。しかし、この画面表示はコントローラー部を分けるためにPシリーズ用にカスタマイズされたもので、既に発売している「Sony Tablet Sシリーズ」にプリセットされているみんなのGOLF 2とは異なる仕様だという。

Pシリーズは、NTTドコモの3G回線を利用した「3G+Wi-Fi」モデルとして発売される予定だ。そのため、プリセットアプリに「ドコモマーケット」や「spモード メール」が搭載されている。spモードメールのアプリは、ドコモの他のスマートフォン同様、初回はAndroidマーケットへのリンクとなっておりアプリをインストールしてから利用する。

111007_ceatec2011_sonytablet_p_22_960
ドコモマーケットとspモード メールのアイコン


111007_ceatec2011_sonytablet_p_23_960
Androidマーケットでアプリをダウンロードしてから利用する


111007_ceatec2011_sonytablet_p_24_960
メール作成画面。ディスプレイ下部がキーボードになる


111007_ceatec2011_sonytablet_p_25_960
キーボードを非表示にすると本文が全体的に表示される


111007_ceatec2011_sonytablet_p_26_960
立て画面表示にも対応

発売前のため、仕様など製品版では変更になる可能性はあるが、Pシリーズ用に2画面を活かした専用アプリの提供は今のところは特に予定はないという。

通常の10インチクラスのタブレットデバイスに比べてコンパクトで持ち運びしやすいのが魅力的な製品だ。前面フルタッチスマートフォンと前面フルタッチタブレットの中間として非常に期待の持てる製品なのが、2画面を活かした便利で楽しい使い方ができるアプリを積極的に提供してくれれば更に魅力的な製品になるだろう。

記事執筆:2106bpm


Sony Tablet Sシリーズ SGPT111 Wi-Fi/16GB
Sony Tablet Sシリーズ SGPT111 Wi-Fi/16GB

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
【このブースをチェックだ!スマートフォンやモバイル関連の展示も多数あった「CEATEC JAPAN 2011」特集】 - S-MAX - ライブドアブログ
【CEATEC JAPAN 2011】NTTドコモブース、未発表のXi対応スマートフォン4機種を展示!「Xperia Play SO-01」や「PlayStation Vita」などのタッチ&トライも実施 - S-MAX - ライブドアブログ
ソニー初のAndroid搭載タブレットSony Tablet S WiFiモデルが発売!Android 3.2へのアップデートも開始 - S-MAX - ライブドアブログ
NTTドコモ、ソニーの3G対応タブレット「Sony Tablet S」および「Sony Tablet P」の取り扱いを発表 - S-MAX - ライブドアブログ
ソニー、Androidタブレット「Sony Tablet」を正式発表!9.4インチのSシリーズと5.5インチデュアルディスプレイのPシリーズ - S-MAX - ライブドアブログ
ソニーがAndroidタブレットに参入!「Sony Tablet」2種類をこの秋以降に発売 - S-MAX - ライブドアブログ
3Dムービーで「Kyocera ECHO」を観る!京セラ、ワイヤレスジャパン2011にて人気の日本未発売2画面Androidスマートフォンを展示【フォト&ムービーレポート】 - S-MAX - ライブドアブログ
auから発売もあるか!?京セラ、Android搭載2画面スマートフォン「Kyocera Echo」をアメリカで今春発売 - S-MAX - ライブドアブログ
開幕直前!CEATEC JAPAN 2010の見どころを徹底チェック - S-MAX - ライブドアブログ
【スマートフォンやケータイも盛りたくさん!「CEATEC JAPAN 2010」特集】 - S-MAX - ライブドアブログ
本日開幕!WIRELESS JAPAN 2011の主要ブースをチェック!【イベントレポート】 - S-MAX - ライブドアブログ
Sony Tablet Pシリーズ(ソニー)
ソニー
CEATEC JAPAN 2011

■関連記事
イー・アクセス、イー・モバイル向け日本最小&最軽量スマートフォン「Sony Ericsson mini S51SE」を発表!初ソニエリ端末で10月28日発売[Xperia_Report]
iPhoneより一足早く発売!iOS5インストール済みiPod touch ホワイトを早速開封【レビュー】
今回でパソコンにつないでの更新は最後!?Apple、iOS 5およびiCloudを提供開始
Apple、iOS 5やiCloudに対応した「iTunes 10.5」を公開!Wi-Fiシンクなどにも対応
富士通、Xiタブレット「ARROWS Tab LTE」の発売記念キャンペーンを実施!特製スタンドを先着10,000名にプレゼント

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【ケータイラボ】ゲーム機を彷彿させるタッチパネル付2画面ケータイ「D800iDS」

「D800iDS」は、タッチパネル付2画面ケータイ。形状は折り畳みタイプのケータイで、開いた状態で上下に液晶画面を搭載し、下部の画面がタッチパネルとなっている。ライフスタイルに合わせて、タッチパネルのデザインや操作方法を選択す…

【デジカメ調査室】強力二重奏!新「LUMIX」シリーズ6機種発表

松下電器産業は2007年1月31日(水)、パナソニックセンター東京において、デジタルカメラ「LUMIX」シリーズ新製品6機種の記者発表会を行った。今回発表された製品は、世界最薄※1・広角28mm※2ズームレンズ搭載の「FX30」、世界最小※…

【ケータイラボ】ケータイの常識を変える!シリーズ唯一のハイスピード携帯、ドコモ″N904i″の真価

このあいだ、新聞を見てびっくりした。ドコモのことをはっきりと"独り負けドコモ"と書いてある。まさかこんなことになるとは…。「そろそろ反撃してもいいですか」という広告で、au、SoftBankなどにライバル心むき出しにしたドコモ。反撃…