映画『るろうに剣心』、主人公のライバル役に江口洋介、吉川晃司、香川照之


 大人気刺客マンガ「るろうに剣心」の実写映画化が決定し、主要キャストに続き、ついに剣心のライバルとなる斎藤一、鵜堂刃衛、武田観柳のキャストが発表された。

 維新時代に新政府の人斬りである剣心と対峙する旧幕府軍・新撰組三番隊組長、斎藤一役は、江口洋介が演じる。斎藤は、経験から相手の本質を見抜く想像力・洞察力に優れており、維新後は明治政府の警察官となるが、剣心たちとは決して相容れない孤高のダーク・ヒーローだ。実力派俳優として幅広く活躍する江口は、どう演じるのだろうか。

 己の欲望を満たすために金で人斬りを請け負っていた浮浪(はぐれ)人斬り・鵜堂刃衛役は、ミュージシャンだけでなく映画『必死剣 鳥刺し』など役者としても活躍の場を広げる吉川晃司。ただの殺人鬼ではなく独自の殺しの美学を持つなど、剣心とは対照的な最凶キャラクターを演じる。 

 悪の親玉・武田観柳役は、『龍馬伝』から引き続き大友組への参加が決まった香川照之。原作のもっている冷徹で不気味なキャラクターをどう演じるのか、香川版観柳への期待も高まる。また、観柳邸でのガトリングガンを使用したアクションシーンが実写でどう表現されているかも、大きな見所の一つだ。

 今回、発表されたキャストからのコメントに加え、主演を務める佐藤健から新たなコメントが届いている。

斉藤一役:江口洋介
江戸時代の頃、侍は刀を魂と信じて生きていた。それが明治になり国から魂である刀を奪われた。そんな人間達が明治という時代をどう生き抜いていくのかが、この作品には詰まっている。「るろうに剣心」を通して日本人が生きてきたルーツみたいなものを少しでもスクリーンの中から感じとってもらえればと思う。原作からのメッセージを大友啓史監督はしかと受け止め、キャスト、スタッフは一丸となって監督の熱意に応え、着実に撮影し続けている。今まで経験したことのない大友監督の撮影方法に新たな可能性を感じ、僕自身どう仕上がるのかが今から楽しみでいます。きっと今までにないエンターテイメントをご披露できるのではないかと思いますので、ご期待ください。

鵜堂刃衛役:吉川晃司
敵味方の分別を忘れ、ただひたすらに斬りまくるは、己に相応しい死に場所を得る為か。その纏う寂しさに“ゾクッ”とさせられながら演じられる幸せ。奇々怪々です!

武田観柳:香川照之
僕は1年間大河ドラマで大友監督とご一緒させていただいたので、楽しく撮影に入っています。監督からは「新しい悪、ただの悪ではないもの」を目指すと言われて、役作りと同時に、色々な小道具だったり、メイクだったり、髪の毛だったり、衣裳だったり、外見の造作には非常にこだわっています。観柳は自由勝手に生きた人なので、僕も作品の中で自由に振る舞えればいいなと思っています。

緋村剣心役:佐藤健
僕は今、殺陣の練習をしています。ハードルがものすごく高いことはわかっています。しかし、みなさんに認めていただけるような実写映画がこのチームなら作れるんじゃないかと思っています。今までこの作品製作に携わってきた全ての方々、そして原作のファンの方の想いを胸に、心して挑みます。もしよろしければ、応援のほどよろしくお願い致します。

 今夏にクランクインし、撮影は順調に進んでおり、11月にクランクアップする予定とのこと。佐藤健、武井咲、蒼井優の発表に続き、本格派俳優の江口洋介、吉川晃司、香川照之らのキャスティングが明らかになった本作。TwitterやFacebookで撮影の様子が掲載され、原作ファン、キャストのファンからのコメントが日々寄せられている。

 今年、テレビアニメ化15周年を記念してOVA・劇場版のBlu-ray化や新作アニメの制作が決定するなど、人気が衰えない『るろうに剣心』。果たして、次はどんなサプライズを用意しているのだろうか。

 映画『るろうに剣心- 明治剣客浪漫譚 -』は、2012年夏より公開。

映画『るろうに剣心- 明治剣客浪漫譚 -』 - 公式twitter
映画『るろうに剣心- 明治剣客浪漫譚 -』 - 公式Facebook

【るろうに剣心関連ニュース】
映画『るろうに剣心』、「相楽左之助」「明神弥彦」「高荷恵」の配役が決定
実写映画『るろうに剣心』のヒロイン決定! 神谷薫役は武井咲に!! 「無邪気な顔だが根性が据わっている」
「るろうに剣心」が主演・佐藤健で実写映画化!「龍馬伝」コンビが人気作に挑む!

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【カオス通信】自腹ガチ評価!春のB級映画まつり

映画の醍醐味はB級作品にあり! ということで、大作の影に隠れてひっそりと上映されている「面白いかどうか疑わしい」作品を緊急レポート。全部自腹での鑑賞なので、配給会社やスポンサー絡みのしがらみは一切ナシ。劇場のリアルな雰囲…

【デジカメ調査室】冴え渡る高感度!夜間撮影を極めたオリンパス「FE-250」

オリンパスから2007年2月に発売された薄型デジカメCAMEDIA「FE-250」は、ケタ違いの世界最高感度「ISO10,000」と800万画素の高画質を誇る。FEシリーズの最高級モデルとして君臨する、まさにスゴ腕の“超高感度”デジカメだ。本体カラーは…

【デジカメ調査室】超高倍率ズーム搭載!遠くの被写体もバッチリ撮影「CAMEDIA SP-550UZ」

オリンパスより、光学で18倍という超望遠ズームを搭載するコンパクトデジタルカメラ「CAMEDIA SP-550UZ」が発売された。価格は、店頭価格で54,800円前後。レンズ交換やコンバーションレンズを取り付けることなく28-504mm(35mm相当)の…

【大人の物欲】おとなをも魅了する!究極の「キャストパズル」のススメ

パズルは、子供から大人まで魅了する知的アイテムだ。一度は、知恵を絞り、悩み、解き明かす喜びを経験した人も多いことだろう。現在でも通勤電車の中で、数独※などのパズルを楽しんでいる人を多く見かけるほか、世界的ブームにもなった…

【カオス通信】男塾か、ビーンか、俺フィギか?! 日英米ギャグ映画大決戦

景気の悪いニュースばかりが流れる今日この頃。そんな時は、頭を空っぽにして笑える映画を観ればいいじゃない! ということでギャグ映画を1日で3本観てきました。公開中の映画では『アメリカン・ギャングスター』とか『いのちの食べか…