XperiaとREGZA Phoneユーザーは注意!NTTドコモ、アクセスポイントの意図しない変更で定額以上の料金が発生する事象の可能性を発表


通信ができなくなったり定額以上の料金が発生する可能性

NTTドコモがXperia SO-01BとREGZA Phone T-01Cにおいて「アクセスポイント(APN)が意図せず変更される」事象について注意喚起をしています。この事象によりパケット通信ができなくなったり、想定している定額以上の料金が発生する可能性があるとのことです。事象の詳細や回避方法などについては続きをお読みください。

この事象は、XperiaおよびT-01Cで、設定済みのAPNから手動で作成したAPNに意図せず変更される場合があるというものです。本事象の具体的な発生条件と想定される結果は以下の通り。

【パターン1】
1.海外渡航時等に、mopera.net等のAPNを作成して使用したことがある
2.Android OSのバージョンが2.1
3.spモードのみを契約している
→本事象により、パケット通信が出来ない状態となる

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイの疑問】2in1でドコモの反撃はあるのか? 2007年夏モデルにみるドコモの可能性

例年通り5月のゴールデンウィークを明けてから、auやソフトバンクの2007年夏モデルも発表されました。また、各社の2007年3月度の決算発表も行われ、MNP以降の各社の明暗が鮮明になりました。2007年4月のMNP利用動向では、ついにソフ…

【気になるトレンド用語】消える1円ケータイ!?奨励金モデルのからくりと転機を迎える料金体系

6月21日、総務省がケータイ業界に一石を投じる方針を決めたことが業界を激震させるほど話題となりました。それは、ケータイ端末の料金を値引きするため、携帯電話会社が販売店に支払う"販売奨励金"の回収のしくみを改めるよう、各キャ…

【世界のモバイル】複雑怪奇な日本のケータイ料金!不透明な″割引″は解決できるのか?

auに引き続き、NTTドコモも基本料金が最大半額になる新しい割引サービスを発表した。利用者にとっては料金が割引きになることはうれしい反面、毎回のように導入される各種割引サービスは名称も含め複雑化しすぎていないだろうか?海外に…

【世界のモバイル】やればできる!日本の携帯基本料金もようやく海外レベルに?

ソフトバンクモバイルに引き続き大手2社も1,000円台となる新しい基本料金を提供することになった。端末購入価格が引きあがるとはいえ、これまでは基本料金引き下げに否定的だったシェア上位2社が追従した意義は大きいだろう。■基本料…

【知っ得!虎の巻】[C]とか[D]とかついているドライブの記号って変更できないの?

Windowsを搭載したパソコンで「マイコンピュータ」を開くと、基本的にはOSがインストールされているドライブが[C]ドライブ、フロッピーが[A]ドライブ、そのほかハードディスクや光学(CD、DVD)ドライブ、カードスロットなどの記憶…