ジェームズ・ボンドが自然ドキュメンタリーのナレーションを担当!


 英国のBBC(英国放送協会)が誇るネイチャー・ドキュメンタリー番組「LIFE」が映画化し、『ONE LIFE』として世界各国で公開される。イギリス公開版のナレーションは、『007 慰めの報酬』などでジェームズ・ボンド役を演じたダニエル・クレイグが担当。邦題は、映画『ライフ ―いのちをつなぐ物語―』となる。

 本作は、地球上に住む全ての"いのち”の営みについて描いたドキュメンタリー。これまでのネイチャー映画とは一線を画した“生き物目線”での撮影を実施。そのことにより、動物たちの息づかいが聞こえてきそうな映像に仕上がっている。また、子供たちの“生まれてはじめて一歩”をサポートする親アザラシや、自分の命を犠牲にして子供の誕生を守るミズダコの母の愛などの映像は、「生きる意味」というものを考えさせてくれる。

 そして、本作は、自然環境保護団体のWWFも全面協力していることでも注目されている。WWFが監修ほか共同プロモーションなど映画作品への全面的な協力することは初の試みである。日本支部は、「ひとつひとつのいのちが、いかに多様な戦略でつながっているのか−それを知ることで、地球上のすべてのいのちが尊いものだと再認識できる。映画『ライフ ―いのちをつなぐ物語―』は、私たち人間が、地球というたったひとつの惑星(ほし)をわかちあっている多くの種のひとつでしかないことを教えてくれる。」と映画についてコメントしている。

 映画『ライフ ―いのちをつなぐ物語―』は、エイベックス・エンタテインメントの配給で9月1日(木)からTOHOシネマズ日劇ほか全国ロ−ドショー。なんと全世界に先駆けての日本が世界最速公開となるので、公開初日に劇場に足を運びたいものだ。なお4月29日に発売となる前売り特別鑑賞券には、動物の形となるかわいいオリジナルアニマルバンドもついてくる。数量限定なので、劇場で“生命の神秘”を見つめなおしたいと思った方は、早めの購入をおすすめする。

映画『ライフ ―いのちをつなぐ物語―』公式サイト

・MOVIE ENTER
    - Hollywood Topics〜海外からの最新情報〜
    - よもやまコラム〜映画のあれこれがわかる!〜
    - Girl's movie〜女子にオススメ〜

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【カオス通信】自腹ガチ評価!春のB級映画まつり

映画の醍醐味はB級作品にあり! ということで、大作の影に隠れてひっそりと上映されている「面白いかどうか疑わしい」作品を緊急レポート。全部自腹での鑑賞なので、配給会社やスポンサー絡みのしがらみは一切ナシ。劇場のリアルな雰囲…

【大人の物欲】蘇る生命!精密なペーパークラフトで希少動物「オオワシ」を保護

乱獲や環境破壊など、様々な問題で地球上から姿を消しつつある希少動物たち。その一部は保護され、動物園などで目にすることもできるが、中にはすでに見ることすら難しい種も多い。ここで紹介するペーパークラフトであれば、そんな貴重…

【カオス通信】男塾か、ビーンか、俺フィギか?! 日英米ギャグ映画大決戦

景気の悪いニュースばかりが流れる今日この頃。そんな時は、頭を空っぽにして笑える映画を観ればいいじゃない! ということでギャグ映画を1日で3本観てきました。公開中の映画では『アメリカン・ギャングスター』とか『いのちの食べか…

ポニョ vs 鬼太郎 vs ギララ 夏の映画ガチンコレビュー【カオス通信】

夏は映画の季節! ということで『崖の上のポニョ』『ゲゲゲの鬼太郎千年呪い歌』『ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発』を観てきました。今回のラインナップは、3本とも鑑賞前の予想を裏切る内容だったので面食らいましたが、それも…

夏の映画からゲーム、アキバ系などのサブカル情報が満載! カオス通信 上半期の総まとめ【′08 夏特集】

今や表のカルチャー以上に注目されているのがサブカルチャーだ。ヲタク文化ともいわれているが、世界では日本の魅力的なカルチャーとして人気を博し、国内では大きな経済効果を生み出す市場となっている。「カオス通信 」は、アキバの不…