地震の影響が明らかに!通信サービスやメーカーの対応状況 2011年3月16日朝刊【ITライフハック+】


昨日の主要ニュースがひと目で分かるITライフハック+。総合電機メーカーを中心に、東北地方太平洋沖地震の影響が徐々に明らかになってきた。建屋や生産設備の損傷も出ていることで、普及に時間がかかる場合もありそうだ。それでは、最新ニュースをピックアップしていこう。

News Pick Up
NTT東日本 東北電力の停電の影響
東日本電信電話(NTT東日本)、東北電力の「計画停電」による通信サービスへ影響。停電中は電話系のサービス(ひかり電話、ISDN、加入電話(商用電源を使用しているコードレスホン等の電話機の場合))、インターネット系のサービス(フレッツ光、フレッツADSL、フレッツISDN)、ビジネス系のサービス(ビジネスイーサ、フレッツVPN、PBX(構内交換機)、ビジネスホン(事業所用電話機))が発着信できない。このほか、センタが停電エリアにある場合116なども利用できない。

KDDI 東北地方太平洋沖地震の影響
KDDI、3月15日16時00分現在の地震の影響。au基地局の障害により、東北、関東における各県の一部に、ご利用いただけない地域がある。固定通信サービスは現在、通信規制はない。インターネットほぼ通常どおりに復旧した。国際専用線と国際IP VPNは3月15日15時09分に復旧。北地方、一部の関東地方のauショップで、臨時休業をしている店舗あり。また、災害用伝言板を運用中だ。

ソフトバンクテレコム 東北地方太平洋沖地震の影響
ソフトバンクテレコム、3月15日18時現在の地震による通信障害。青森県、岩手県、宮城県、福島県、山形県の一部地域(3/12 午前9:19〜発生)および、アジアの一部地域(3/11 午後9:48〜発生)、北米・南米の一部地域(3/12 午前1:48〜発生)で通信不可またはつながりにくい状態となっている。秋田県、茨城県、東海の一部地域は復旧している。また、被災者向けの安否確認や情報提供を公開するサイトの立ち上げ、また公的情報サイトの過負荷軽減のための仮想サーバリソースの無償提供を開始した。

日立製作所 東北地方太平洋沖地震の影響
日立製作所、3月14日現在、日立製作所電力システム社日立事業所(茨城県日立市)、日立製作所都市開発システム社水戸事業所(茨城県ひたちなか市)、日立製作所情報制御システム社大みか事業所(茨城県日立市)、日立アプライアンス多賀事業所(茨城県日立市)、日立オートモティブシステムズ佐和事業所(茨城県ひたちなか市)、日立オートモティブシステムズ福島事業所(福島県伊達郡)で、建屋および生産設備の損傷を確認。日立グループ社員・家族の被災状況については、継続的に確認を行っている。

NEC 東北地方太平洋沖地震の影響
NEC、東北日本電気(岩手県一関市)、NECワイヤレスネットワークス(福島県福島市)、NECトーキン仙台事業所/白石事業所(宮城県仙台市/白石市)、NECインフロンティア東北(宮城県白石市)で建屋、設備に損傷が発生している。

富士通 東北地方太平洋沖地震の影響
富士通、電気・水道・ガス・病院・警察・消防といった社会システムの復旧に最優先で取り組んでいる。また、被害状況も明らかにした。岩手県では富士通セミコンダクター 岩手工場(胆沢郡金ヶ崎町)、宮城県は富士通インテグレーテッドマイクロテクノロジ 宮城工場(柴田郡村田町)、福島県は、富士通セミコンダクター 会津若松工場(会津若松市)、富士通セミコンダクターテクノロジ 本社工場(会津若松市)、富士通インテグレーテッドマイクロテクノロジ 本社・会津工場(会津若松市)、富士通アイソテック 本社工場(伊達市)で、建屋および生産設備の損傷が確認されている。このほか、関東地方の拠点では計画停電の影響が出る可能性がある。

ソニー 東北地方太平洋沖地震の影響
ソニー、3月14日午前11時現在、製造事業所ではソニーケミカル&インフォメーションデバイス 多賀城事業所(宮城県多賀城市)<磁気テープ、ブルーレイディスク等>、登米事業所なかだサイト、豊里サイト(宮城県登米市)<光学部品、ICカード等>、ソニー白石セミコンダクタ(宮城県白石市)<半導体レーザー>、ソニーエナジー・デバイス郡山事業所(福島県郡山市)<リチウムイオン二次電池等>、ソニーエナジー・デバイス本宮事業所(福島県本宮市)<リチウムイオン二次電池等>、ソニーマニュファクチュアリングシステムズ(埼玉県久喜市)<実装機器等>、ソニーDADCジャパン茨城工場(茨城県那珂市)<CD、DVD等>で生産停止中。生産設備・建物の被害はないとのこと。また、ソニー 仙台テクノロジーセンター(宮城県多賀城市)が、地震被害により営業を停止している。

HOYA 東北地方太平洋沖地震の影響
HOYA、東北地方太平洋沖地震の影響を公表。従業員は、若干名の軽傷者を確認。建物・設備では、ライフケア事業部(医療用内視鏡)宮城事業所で停電ならびに交通遮断のため操業を停止。ライフケア事業部(医療用内視鏡)山形事業所は、一部設備を調整のうえ稼動。アイケア事業部(コンタクトレンズ小売)は、アイシティ181店舗中、被災地を中心に約30店舗は、入居しているビル等の損害状況に応じて、営業自粛も含めて営業を中止。安全確認でき次第、順次営業再開。ビジョンケア事業部(眼鏡レンズ)東北営業所は、建物の損害で営業を停止。

TI 東北地方太平洋沖地震の影響
テキサス・インスツルメンツ(TI)、東北地方太平洋沖地震における被害状況を初期評価。美浦工場(茨城県稲敷郡美浦村)が相当な被害を受ける。5月から複数のラインにおいて段階的に生産を再開する見込み。ただし、電力供給の不安定化などで再開が遅れる可能性も。

ニフティ 被災者向け情報配信用に「ニフティクラウド」無償提供
ニフティ、東北地方太平洋沖地震で被災された方に向けた情報発信を行う企業や自治体、大学、団体に「ニフティクラウド」を無償提供。

NHK 「携帯電話を利用した安否伝言ポスト」の設置
NHK、きめ細かに安否情報を伝えるための「携帯電話を利用した安否伝言ポスト」の設置。メモを携帯電話のカメラで撮影してNHKに送信。NHKが安否情報として番組、ラジオ、データ放送で提供する。

ネットジャパン 震災支援でバックアップ/リカバリーソフトウェアを無償貸与
ネットジャパン、東日本大震災の災害復旧支援の一環として、コンピューターシステムのバックアップ/リカバリーソフトウェアを無償貸与。ActiveImage Protector IT Pro Edition災害支援版を無償でダウンロード提供。


ITライフハック
ITライフハック Twitter

【東北地方太平洋沖地震】に関連した記事をもっと見る
リアルタイムで運行情報を確認!路線別の運行情報ツイート
誰にでも理解できるわかりやすさ!大前研一氏による原発事故の解説
停電・交通・地域情報のハッシュタグを提案!Twitterで最新情報を
総務省とキャリア各社がチェーンメールの注意喚起
マピオン、福島原発の「避難半径地図」と「風向き」を公開

阪神淡路大震災ノート 語り継ぎたい命。命の尊さ
著者:住田 功一
学びリンク(2011-04-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【ケータイラボ】子猫キャラが可愛い!ねこふんじゃったケータイ「nico.neco」

「nico.neco」は、ネットインデックス製の音声端末「nico.」をベースに、タカラトミーとインデックスホールディングスによるコラボレーションモデルで、「nico.neco」(ニコネコ)と呼ばれる。発売時期は2月上旬予定。価格はオープンプ…

【気になるPC】モバイルノートPCでもVistaが動作!富士通のタブレットPC「LOOX P70U/V」フォトレポート

富士通の「LOOX P70U/V」は、Windows Vistaを搭載し、ワンセグ放送も受信できるタブレットPC。本体サイズは232×167×34.5mm※のA5ファイルサイズで、重さは約997g※と、携帯性に優れたマシンに仕上がっている。価格は、富士通ショッピング…

【世界のモバイル】国境を越えはじめた通信サービス!日本以外の世界が繋がる「国際ローミング」の新しい潮流

普段自分が使っている携帯電話をそのまま海外に持ち出して利用できる、そんな便利なサービスが"国際ローミングサービス"だ。日本でも利用者が増えてきているが、海外の多くの国では何年も前から一般的なサービスであり、海外渡航時に携…

【モバイル通信の実力チェック】屋外でもADSL並みの高速通信!″SoftBank Connect Card C01SI″を徹底検証

"モバイル通信の実力チェック"は今回で4回目を迎えるが、今までの実地検証より、外出時のデータ通信は最大3.6Mbps※1のHSDPA通信サービスが実際も高速であることがわかった。通信速度は、アクセスポイントの混み具合で大きく変化するた…