小型ボディに機能を凝縮!2万円台と格安で手に入るオンキヨーのスタイリッシュPC


3DノートパソコンからAndroid 2.2タブレットまで、幅広いラインアップが魅力のオンキヨーが、ONKYO DIRECT直販専用のコンパクトPC「DP315」を発売した。

しかも、最小構成モデルで通常3万4800円のところ、ONKYO DIRECTの1周年記念キャンペーンとして2万9800円と格安で提供しているのだ。

最大の特徴は、小型軽量のボディだろう。25×158×182mm/約440gというボディは、発表したばかりのオンキヨーのスリムタワーデスクトップ「S7シリーズ」と比べて容積比で約1/18と実現している。横置きにも縦置きにも対応しているため、設置場所を選ばない。

こんなコンパクトボディでありながら、USB2.0×4、メモリースティック/メモリースティックPRO/SDメモリーカード/SDHCメモリーカード/MMCに対応したメモリーカードスロット、アナログディスプレイ出力、ギガビットイーサネットなど、インターフェースが充実している。
それだけでなく、オプションも豊富だ。ビジネスソフトとして「Microsoft Office Personal 2010/Home and Business 2010/Professional 2010」が用意されているほか、LEDバックライト対応液晶パネルを採用した21.5型ワイド (1,920×1,080ドット)、または18.5型ワイド(1,366×768ドット)ディスプレイがBTOで選べるのだ。

コンパクトで設置場所を選ばないが、インターフェースなどが充実していて、利用用途が広い。コンパクトマシンとしては、エプソンダイレクト「Endeavor NP12」、Acer「AspireRevo」などもあるが、「DP315」はAtom N455、1GB DDR3 メモリー、160GB HDDを採用していることで基本性能が必要十分なものとなっている。しかも、3万円以下の低価格のため、セカンドパソコンとして使うには最適のマシンだろう。

オンキヨー

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■オンキヨー関連の生地をもっと見る
タブレット市場の覇者となるか!オンキヨー、Android 2.2端末の魅力をさぐる
高品位な低音を再現!iPhone/iPodを本格オーディオにする秘密兵器
音楽再生環境にこだわった オンキヨーの直販専用秋冬モデル
iPadに強力なライバル!Windows 7のタブレット端末が登場

ONKYO Personal Mobile TWシリーズ TW317A5ONKYO Personal Mobile TWシリーズ TW317A5
オンキヨー(2010-11-30)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】ステンレスボディで薄さ11.4mm!薄型ケータイ「P703iμ」

「P703iμ」は、折り畳み時11.4mmの薄さを実現した松下電器製のFOMA端末。ボディに、ステンレス素材や基板を樹脂で固めて強度を上げる新工法を採用することで、薄さと強度の両立を実現している。「P703iμ」は、薄型形状ながら、エンター…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】リアルメタルフェイスを採用!次世代京ぽん「WX320K」

「WX320K」は、より高速で快適な通信環境を実現する「W-OAM」に対応したアルミ素材を採用した京セラ製の音声端末。発売時期は2月中旬予定。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。カラ…