CELLレグザの思想を受け継いでいます!東芝の新レグザエンジンCEVO第一弾「Z2」


グラスレス3Dで3D液晶テレビに新風を巻き起こした東芝が、主力モデル「Zシリーズ」の新モデル「Z2」を発表した。「47Z2」(総低価格が32万円前後)、「42Z2」(25万円前後)、「37Z2」(20万円前後)の3モデルで、3月25日から発売する。

今回は3Dテレビではないが、発表会では、東芝 ビジュアルプロダクツ社 映像第一事業部 TVマーケティング部 本村裕史氏が、「新たに開発したレグザエンジンCEVOを搭載した第一弾です。第一弾ということは、第二弾、第三弾があるということです」と、今後スマートTV、3Dと続く可能性があることに含みを持たせた。

東芝 ビジュアルプロダクツ社 本村裕史氏CEVO

「Zシリーズは、レグザの中でもっとも重要なモデルで、今回は新たにレグザエンジンCEVOを搭載しました。エンジンは頻繁に変わるものではありません。上位モデルに搭載するエンジンとしては、Z2000以来のフルモデルチェンジになります。レグザエンジンCEVOはCELLレグザの思想を受け継ぎ、従来のZ1シリーズのエンジンに比べて、3.4倍の処理能力を持っています」(本村氏)と、東芝にとって意欲的なモデルであることを明らかにした。

「CELLレグザは、モンスター級の高速処理能力を持つCELLを搭載していますが、高画質・グラフィック処理のほとんどをソフトウェア技術で実現しています。レグザエンジンCEVOでは、新開発したLSIで高画質化や高性能グラフィックを実現し、ソフトウェアでCELLレグザの思想を受け継ぐように設計し直しました。そのため、CELLレグザには大きなボックスが付いていたのですが、Z2は薄型のテレビの中に、CELLレグザの思想が入っているのです」(本村氏)と、CELL並みの処理を薄型テレビに収めたのだ。

「Z2シリーズ」のポイントは、高画質、高品位グラフィックユーザーインターフェース、ネットワークの3点だ。今後、レグザエンジンCEVOを使って、ネットワークを活用したスマートTVを実現していくとのことだ。
新搭載されたレグザエンジンCEVO

■CEVOでCELLレグザの高画質技術を実現
高画質化では、3次元フレーム超解像技術を採用している。「いままでは、1フレームの映像の中だけで高画質化をしていたのですが、新しい技術では前の2フレームと後ろの1フレームも参考にしながら、表示フレームを高画質にしているのです。これはCELLレグザにも搭載していなかった技術です。さらに、地上波、BSの放送では色情報を1/4に圧縮しているのですが、それを復元する色の超解像技術を開発しました。この技術と、新IPSパネルにより、ハイビジョンの色空間の規格であるBT709の99%をカバーしているのです」(本村氏)と高画質へのこだわりは十分だ。

■高速起動、高速切り替えを実現した番組表
続いて、CEVOの処理能力の高さを見せるために番組表を表示させた。Z1では起動時間に1.8秒かかっていた「番組表は、約0.3秒で起動します。CEVOのおかげなのですが、それだけでなく、10ms単位の高速化のチューニングを行うことで実現しているのです。8時から13時までの番組表で、ページ切り替えも一瞬で行えます」(本村氏)と快適な操作を実現している。
YouTubeブラウザーを搭載CEVO

■YouTubeに対応したネットワーク機能
「YouTubeブラウザーを搭載し、REGZA Phoneとの連携も実現しています。REGZA Phoneで撮影した写真を大画面で見られるのです。また、ゲーム機能も強化しました。遅延は、Z1シリーズの約1.2フレームから、Z2シリーズは約0.7フレームまで短縮しています。PCモニターに匹敵するまでになっています。さらに、色の超解像技術をゲームでも実現しているのです」(本村氏)と、進化した機能を説明した。

レグザシリーズの主力ハイエンドモデル「Zシリーズ」らしく、「Z2シリーズ」には最高の技術を惜しみなく投入し、CELLレグザに迫る高画質を実現するだけでなく、CELLレグザを超えた機能も投入してきた。新しいレグザエンジンCEVOを搭載したモデルを、今後次々に発表していくとのことで、どのような液晶テレビが登場するのか、東芝の液晶テレビに期待がかかる。

東芝

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■東芝の記事をもっと見る
BDXLにも対応した1台4役!東芝の本気が見える新dynabook Qosmio D711
3Dの美しさが違う!東芝の次世代ノートPCがハンパない魅力に迫る
グラスレス3Dで40インチ超!史上最強の薄型TV「レグザ」登場へ
見せてもらおうか!実物大を体感できる、ガンダム3Dとやらを

TOSHIBA LED REGZA 37V型 地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン液晶テレビ 37Z1TOSHIBA LED REGZA 37V型 地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン液晶テレビ 37Z1
東芝(2010-06-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】指紋センサーと1.3メガカメラを搭載!セキュリティに強い「WX321J」

「WX321J」は、ウィルコムの高度化通信規格「W-OAM」対応し、指紋センサーと1.3メガカメラを搭載した日本無線製の音声端末。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。発売時期は2月中旬予…

【ケータイラボ】無線LAN内蔵!フルキーボード搭載ビジネスケータイ「X01NK/Nokia E61」

「X01NK/Nokia E61」は、無線LAN内蔵でフルキーボードを搭載したノキア製の法人専用ビジネスケータイ。発売時期は3月下旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「X01NK/Nokia E61」は、ストレートタイプの本体に、無線LAN機能を内蔵…