どこにかけても通話無料!イー・モバイルがスマートフォン向けの通話定額キャンペーンを1月14日から開始!ウィルコムの「だれとでも定額」とどっちが安い?



イー・モバイルの新型スマートフォンなら通話も定額!

イー・モバイルは6日、携帯電話、PHS、IP電話を含む固定電話への国内通話が無料で利用できるキャンペーンを14日から開始することを発表した。昨年の12/3からサービスを開始したウィルコムの「だれとでも定額」に近い内容ではあるが、受付期間や適用期間、対応機種などを設けた個人向けの"キャンペーン"となっている。通話定額キャンペーンの概要紹介とウィルコムのだれとでも定額との比較を行ってみる。

■通話定額キャンペーン概要
現時点で通話定額キャンペーンの対象機種は「HTC Aria(S31HT)」(HTC製)と「Pocket WiFi S(S31HW)」(ファーウェイ製)。いずれもAndroid 2.2(Froyo)を搭載したスマートフォンだ。両機種の専用料金プランである「スマートプラン」および「スマートプランライト」に月額1,820円を追加することで利用できるオプションサービスで、申し込み月を含む最大25ヶ月間、イー・モバイルの携帯電話、他社携帯電話・PHS・固定電話(IP電話含む)への、1回あたり10分以内の国内通話が月500回まで無料となる。なお、通話定額を申し込んだ際は、イー・モバイルどうしの通話とSMSが無料になるオプションサービス「定額パック24」との併用はできないので注意が必要だ。

【キャンペーン受付期間】
・2011年1月14日(金)〜2011年3月31日(木)

【対象】
・個人申し込みで、受付期間中に「スマートプラン」、「スマートプランライト」にて新規契約または機種変更と同時に申し込み。
既にスマートプラン、スマートプランライトに加入の場合、2011年1月31日(月)までに限り申し込みが可能。翌月より適用される。

【料金】
・キャンペーン月額料:1,820円(税込)

【通話料】
・1通話あたり:10分以内 無料、10分超過 18.9円/30秒
・1ヶ月の通話回数:500回以内 無料、500回超過 18.9円/30秒

【適用期間】
・申し込み月を含む最大25ヶ月間
機種変更の場合は、申し込み翌月から25ヶ月間適用。
通話定額キャンペーンを解除した場合は、適用期間内であっても再度の申込みは不可。



■通話定額キャンペーンとウィルコムのだれとでも定額を比較
ウィルコムのだれとでも定額と比較をしてみよう。以下の料金プランは、いずれも年間契約や2年契約となるので更新月以外は契約解除料金が必要となる。

・スマートプランライト(シンプルにねん)+通話定額キャンペーン(イー・モバイル)
基本使用料:580円〜4,980円/月
通話定額キャンペーン:1,820円/月
合計:2,400円〜6,800円/月

・スマートプラン(シンプルにねん)+通話定額キャンペーン(イー・モバイル)
基本使用料:4,580円/月
通話定額キャンペーン:1,820円/月
合計:6,400円/月

・新ウィルコム定額プランS+だれとでも定額(ウィルコム)
基本使用料:1,450円/月(データ通信を利用した場合、別途最大2,800円)
だれとでも定額:980円/月
合計:2,430円/月(データ通信を利用した場合最大5,230円)

契約期間中に解約などを行った際の契約解除料金や、機種の本体代金などは別途必要となるが、ひとまず固定で月額必要となる料金は以上の通りとなる。

データ通信を全く行わなかった場合の最安値を比較すると、イー・モバイルのスマートプランライト(シンプルにねん)で月額2,400円、ウィルコムは月額2,430円とほぼ同等。逆にデータ通信をフルに利用した場合、イー・モバイルのスマートプラン(シンプルにねん)で月額6,400円、ウィルコムは5,230円となり、ウィルコムが月額で1,000円以上安い。

ただし、ウィルコムではAndroidを搭載したスマートフォンは発売されておらず、通常の音声端末(携帯電話機)が中心のため、基本的には通話やメール利用など、"ケータイ"として利用するユーザー層が主なターゲットとなる。

今回は通話定額という部分で同様のサービスを一足先に開始したウィルコムとの比較を行ってみたが、むしろ、Android搭載のスマートフォンの購入を検討している他社ユーザーがイー・モバイルにMNP(他社からの同番変更)で乗り換えることを想定してドコモやau、ソフトバンクと比較した方が良いかもしれない。

記事執筆:2106bpm


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
iPhoneとの併用にも最適!?イー・モバイルのAndroid 2.2搭載スマートフォン「Pocket WiFi S (S31HW)」が1月14日から発売 - S-MAX - ライブドアブログ
え、これがポケファイ!?イー・モバイル、Android 2.2搭載スマートフォン「Pocket WiFi S (S31HW)」を発表 - S-MAX - ライブドアブログ
ウィルコム、HYBRID W-ZERO3で「だれとでも定額」に期間限定申し込みを可能に - S-MAX - ライブドアブログ
新生ウィルコム、イメージキャラクターに佐々木希さんを起用し、無料通話サービスを武器に純増を狙う【イベントレポート】 - S-MAX - ライブドアブログ
ウィルコム、「だれとでも定額」の提供地域を拡大!他社携帯電話や固定電話にも通話無料 - S-MAX - ライブドアブログ
Pocket WiFiよりもいい?イー・モバイルの新型スマートフォン「HTC Aria S31HT」でテザリングを試す【レビュー】 - S-MAX - ライブドアブログ
【テザリングもOKなコンパクトAndroidスマートフォン!イー・モバイル「HTC Aria E31HT」特集】 - S-MAX - ライブドアブログ
イー・モバイル、Androidスマートフォン「HTC Aria」を12月17日に発売!専用料金プランも発表 - S-MAX - ライブドアブログ
プレスリリース|携帯電話・PHS・固定電話(IP電話含む)への国内通話が無料になる「通話定額キャンペーン」を1月14日より実施|イー・モバイル株式会社|企業情報

■関連記事
人気のAndroidスマートフォン「GALAXY S」で簡単にPCとデータ同期やファイルのやり取りができる「Kies」をレビュー
ソフトバンク、3年連続純増No.1に感謝した 「純増No.1ありがとうキャンペーン」を本日から実施
アートフィルター系エフェクト満載!「CAMERAtan」でトイカメラ風写真を作っちゃおう【iPhoneアプリ】
NTTドコモ、5.5インチ電子書籍デバイス「ブックリーダー SH-07C」を1/21(金)に発売開始
高速道路も一般道も渋滞情報は事前にチェックしよう!「渋滞ナビ」【Androidアプリ】

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【ケータイラボ】このサイズでスマートフォン、ノキア「705NK」

昨年中に発売されそうだと予想されていたものの、結局年を越して発売になったのがノキア「705NK」である。Vodafone時代……ひとつ前に出た「804NK」が折りたたみモデルだったのに対して、今回のモデルはストレートモデルである。ウリはな…

【ケータイラボ】安心と使いやすさを実現!子どもを守るケータイ「コドモバイル 812T」

「コドモバイル 812T」は、ソフトバンクモバイル初の子ども向けGPS機能付ケータイ。発売時期は2月中旬以降を予定し、価格はオープンプライス。カラーバリエーションは、ブルーとピンクの2色。「コドモバイル 812T」は、液晶上部のスイ…

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【世界のモバイル】世界はモバイルインターネットの時代へ

今や一大産業となった携帯電話コンテンツビジネス。しかし日本や韓国では携帯コンテンツの利用は日常的になっているものの、他の市場ではまだまだ普及途中の段階で、携帯電話を音声端末としてのみ利用しているユーザーが大多数に上って…