イー・モバイルの新型スマートフォン「HTC Aria S31HT」を試す!外観と基本操作を画像と動画で紹介【レビュー】



遂にイー・モバイルからもAndroid搭載スマートフォンが登場!

音声系端末の発売から遠ざかっていたイー・モバイルが、同社としては初となるAndroid搭載の新型スマートフォン「htc Aria(S31HT)」(HTC製)の発売を今月17日(金)から開始した。Androidのバージョンは2.2(Froyo)で、コンパクトなサイズ、動作がサクサク、国内では初となるテザリング機能を搭載した点などが特徴のスマートフォンだ。今回はhtc Ariaの外観をレビューする。


角は丸いが四角い印象の端末。ディスプレイは3.2インチTFT液晶320×480(HVGA)



htcのロゴと四つ角のネジが特徴の背面。マットなブラックなため指紋跡は目立ち難い



背面にはスピーカーと有効画素数約500万画素のCMOSカメラを搭載している



四つ角のネジは印象的。裏蓋がネジで止められているようなデザインだが、実際に裏蓋がネジ止めされている訳ではない



本体上部には電源キーと3.5mmイヤホンジャックを搭載(画像上)。本体下部にはmicroUSB端子とマイク(画像下)。microUSB端子を覆う蓋は搭載されていない



本体右側面には何も搭載されていない(画像上)。本体左側面には上下キー(画像下)

本体のサイズは約57.7mm(幅)×103.8mm(高さ)×11.7mm(幅)、電池パックを含む重さが約115gと非常にコンパクトで軽量なスマートフォンだ。女性の手でも片手で操作しやすいサイズ感は複数台持ちユーザーにも嬉しいサイズではないだろうか。また、ディスプレイの物理的なサイズだけではなく、他社で発売されているスマートフォンと比べ解像度も低い。解像度が低いことで表示する情報量が少なくなるためサクサクとした動作が得られるというメリットもある。本体の側面には余分なキーやスロットはなく非常にスタイリッシュなデザインとなっている。



裏蓋を開ける際はスピーカー部分を押さえながら蓋の角を手前に引っ張ると外しやすい



裏蓋を装着させる際は本体下部のmicroUSB端子を蓋に通してからはめる



側面部分までが裏蓋となっているため、専用ケースを取り付けるような感覚



裏蓋を外したところ。本体内部の鮮やかな黄色が印象的



本体下部はスケルトンとなっており、EM chip(USIMカード)スロットとmicroSDカードスロットを搭載する



電池パックは右上の溝に爪を引っ掛けるようにして外す



3.7VDC/1200mAh/4.44Whrの電池パックが使用されている

ネジ止めのデザインに加え、裏面の蓋を外した際の内部の鮮やかな黄色も特徴的だ。EM chip(USIMカード)とmicroSDカードのスロットを搭載した部分はスケルトン素材でこれもまた印象的。裏蓋を外すには少しコツがいるが、慣れれば簡単に開閉ができる。



音声用の黒いEM chip(USIMカード)を利用する



ACアダプタ、USBケーブル、イヤホンマイク、かんたんガイド、本体保証書、ACアダプタ保証書、microSDカードが同梱

htc Ariaでは音声端末用のEM chip(USIMカード)を利用する。充電はmicroUSB端子にケーブルをつないで行うがACアダプタ(充電器)を持っていなくても同梱するACアダプタとUSBケーブルで充電することが可能。本体の保存容量(ROM)が512MBと少な目だが、画像や動画、音楽データなどはmicroSDカードを利用すれば問題はない。ただし、ダウンロードしたアプリはmicroSDカードに保存することも可能だが、現状では本体保存が主流となるため、容量を節約しながら使うことになるだろう。



本体下部のタッチセンサー

コンパクトなサイズながら存在感のあるデザインが印象的な端末だ。操作をしていても気持ち良い操作感が得られる。ただ一点気になった部分が、ディスプレイ直下に搭載されているタッチサセンサーだ。ディスプレイ下部の「アプリ一覧(▲キー)」や「電話キー」を押す際に「ホーム」や「menu」のタッチセンサーに触れてしまい、ホーム(TOP)画面に戻ってしまったり、menuが表示されてしまったりする。物理キーではなくタッチセンサーを搭載することで得られる段差のないデザインは美しいが、ディスプレイとタッチセンサーの感覚も狭いため、結構な確立で押し間違えてしまう。操作する際はその点を注意する必要がある。


そのほか、文字入力やカメラ操作、Web閲覧などの基本的な操作と裏蓋や電池パックを外すなどを一通り試してみたので動画で紹介する。


イーモバイルのAndroidスマートフォン「HTC Aria S31HT」の基本操作

記事執筆:2106bpm


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
イー・モバイルのコンパクトなAndroidスマートフォン「HTC Aria S31HT」を触ってみた【ファーストインプレッション】 - S-MAX - ライブドアブログ
【テザリングもOKなコンパクトAndroidスマートフォン!イー・モバイル「HTC Aria S31HT」特集】 - S-MAX - ライブドアブログ
【魅力的なアプリがいっぱい!エスマックスがオススメする「Androidアプリ」特集】 - S-MAX - ライブドアブログ
イー・モバイル
HTC

■関連記事
年末年始の休みを使ってスマートフォンも大掃除してみませんか?【ハウツー】
【年末企画】2010年のスマートフォンを綺麗なお姉さんで振り返ってみる〜あのお姉さん覚えていますか?(ライター・2106bpm編)
話題の3D機能はどんな感じ?――NTTドコモ「LYNX SH-03C」を試す【レビュー】
【年末企画】2010年のスマートフォンとその他モバイルを好き勝手に振り返る〜物欲2010(ライター・河童丸編)
【防水+おサイフ対応!Androidスマートフォン「REGZA Phone IS04」特集】

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】指紋センサーと1.3メガカメラを搭載!セキュリティに強い「WX321J」

「WX321J」は、ウィルコムの高度化通信規格「W-OAM」対応し、指紋センサーと1.3メガカメラを搭載した日本無線製の音声端末。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。発売時期は2月中旬予…

【ケータイラボ】このサイズでスマートフォン、ノキア「705NK」

昨年中に発売されそうだと予想されていたものの、結局年を越して発売になったのがノキア「705NK」である。Vodafone時代……ひとつ前に出た「804NK」が折りたたみモデルだったのに対して、今回のモデルはストレートモデルである。ウリはな…

【ケータイラボ】無線LAN内蔵!フルキーボード搭載ビジネスケータイ「X01NK/Nokia E61」

「X01NK/Nokia E61」は、無線LAN内蔵でフルキーボードを搭載したノキア製の法人専用ビジネスケータイ。発売時期は3月下旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「X01NK/Nokia E61」は、ストレートタイプの本体に、無線LAN機能を内蔵…