ウィルコム、2011年春モデルやコンセプトモデルを参考出展〜京セラ・SII編【フォトレポート】


本当の隠し玉はここにある!?

12月1日に開かれたウィルコムの報道向けの記者説明会では、端末ベンダー各社による参考出展やカラーバリエーション展開の端末が展示されていたので紹介します。

京セラブース
02


京セラはHONEY BEE4の他にHONEY BEE BOXの新色モデルを展示。BAUMのPremium Barバージョンに続くこれまでのHONEY BEE BOXよりも少し高めの年齢層を狙った落ち着いたカラーのバリエーションが展示されていました。

03
HONEY BEE BOXの新色バージョン


色の名前は現在正式に決まってはいないものの白・紫・赤・黒・紺の5色が展示されていました。

04
背面から見るとラメ塗装されているのがわかります。

05
落ち着いた配色になっており少し大人向けな感じです。



ネットインデックスブース
音声端末の参考出展の他、X-Plateの後継端末や3Gネットワーク対応のW-SIMの参考展示がされておりました。

08
「S01」(参考出展)


『私のビタミン、元気の素』とメッセージの添えられたストレート型の端末。薬のカプセルをイメージしたカラフルな端末で女性受けが良さそうです。

23
3G-W-SIM(参考展示)


micro規格のU-SMカードをW-SIMを使って運用するというもの。
SIMジャケットは3Gでの接続でもPHSのW-SIMでも動かせるように互換性を持たせているとのことです。

24
3G-W-SIMのあれこれ


通常のW-SIMとの互換性がとれているのが、確認できます。


SII(セイコーインスツル)ブース
06
SIIブースではX-PlateのカラーバリエーションやX-Plateの派生・後継端末が参考出展されていました。



09
X-PLATEのカラーバリエーション

10
一度に6色の追加となりカラフルな配色のものも見られます。

12
「S05」(参考出展)


閉じた状態が化粧用具のコンパクトのような折りたたみ端末。大きさもやや小さめのコンパクトといった佇まいとなっています。

14
閉じた状態、掌に収まる程に小さく女性がカバンから取り出しても違和感がないデザイン。カラーはブラックとホワイト。

15
端末の側面、開いた状態でも丸みを帯びた状態を維持し、通話する際に丁度よい大きさを意識してるとのこと。主なターゲットはやはり女性。

16
広げた状態のアップ。両端がアルミパーツでとなっていました。

17
「S06」(参考出展)


今となっては珍しいフリップストレートの端末、無線ルーター機能を3G網を利用して行う事が出来る。言うなれば『通話のできる無線LANルーター』ということになります。

18
フリップカバーを閉じた状態。

19
開いたフリップはそのままスタンドになります。

20
「S02」(参考出展)

21
「S03」(参考出展)

22
「S04」(参考出展)


これら3機種はデザインも正式に決まってないということで、3パターンを外装を用意してどのデザインでやっていくかを決める予定とのことです。

後半へ続きます。

記事執筆:河童丸


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
ウィルコムが再出発!ポップなストレートケータイの新機種「HONEY BEE4」を発表【フォトレポート】 - S-MAX - ライブドアブログ
新生ウィルコム、イメージキャラクターに佐々木希さんを起用し、無料通話サービスを武器に純増を狙う【イベントレポート】 - S-MAX - ライブドアブログ
セイコーインスツル公式
ネットインデックス公式
京セラ公式

■関連記事
ブロックゲーム感覚でフリック入力の練習をしよう!「KoloFlick」【iPhoneアプリ】
ケータイの命「SIMカード」を抜いてIS03はどこまで力を発揮できるか?【レビュー】
【テザリングもOKなコンパクトAndroidスマートフォン!イー・モバイル「HTC Aria E31HT」特集】
イー・モバイル、Androidスマートフォン「HTC Aria」を12月17日に発売!専用料金プランも発表
【最近のオススメ「Androidアプリ」特集:2010年11月29〜12月5日編】

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【ケータイラボ】auから久しぶりのパナソニック端末「W51P」登場

以前は筆者もauのパナソニック端末を使っていたことがある。しかし、いつのまにかauのラインナップからパナソニック端末が消えていた。5年ぶりで、auにパナソニック端末が復活したのだ。筆者の住む大阪はパナソニックファンが多いだけ…

【ケータイラボ】ワンセグ対応!定額モバイルブロードバンド端末「EM・ONE」を体験

イー・アクセス株式会社が2007年2月19日に発表した「EM・ONE(エムワン)」は、OSにMicrosoft Windows Mobile 5.0 software Pocket PC 日本語版(Windows Mobile 5.0)を採用し、最大3.6MbpsのHSDPA通信サービス"EM モバイルブロードバ…

【世界のモバイル】″ブランド力″で海外に勝てない日本端末

携帯電話シェア世界第3位。堂々たる大メーカーにまで上り詰めたSamsung。日本でもソフトバンク向けに特徴ある端末を多数リリースしており、存在感あるメーカーになりつつある。先日開催された国際情報通信技術関連見本市「CeBIT 2007」…