Windows 7を2クリックで高速&快適化する【知っ得!虎の巻】


Windows 7を使っているうちに動作が遅いと思ったり、マシンスペックが不足気味だと感じたなら、操作性を向上するフリーソフトを使ってみよう。今回紹介するのは、Windows 7のカスタマイズに特化したフリーソフト。Windows 7ならではのエアロ関連やメモリ管理の機能を簡単に最適化できる。最短なら、2クリックの操作で高速&快適化の設定をまとめて行える。

■知っ得 No.0164 Windows 7ならではの機能を簡単カスタマイズ!
今回紹介する「WinDNA 7」(作者:aquariusさん)を使えば、Windows 7ならではの機能をカスタマイズできる。設定可能な項目は60以上。必要な項目にチェックを入れて、[OK]をクリックするだけの簡単な操作だ。速度を向上できるシステムの設定、デスクトップやメニュー操作を快適化する設定などが行える。

今回はWindows 7ならではの機能に関する項目を中心に解説する。さっそく、「WinDNA 7」(http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se479375.html)をダウンロードして、インストールするところから始めよう。起動の際には、ショートカットを右クリックして、[管理者として実行]を選択する。

●使わないエアロ機能をオフにしてデスクトップ操作を改善
まずは、[デスクトップ]ボタンをクリックしよう。ここでは、デスクトップやウィンドウの操作を快適化するための設定が行える。Windows 7の新機能、エアロシェイク、エアロスナップを無効化することも可能だ(画面1)。
○エアロシェイクを無効
エアロシェイクは、ウィンドウを振るようにドラッグすると最小化できる機能。使わないなら無効にしよう。
○エアロスナップを無効
ウィンドウを画面の左右端に移動すると、画面半分サイズになるのが、エアロスナップの機能。画面をよけるだけのつもりが、サイズ変更となり困っているなら、無効にしよう。
画面1 画面左の[デスクトップ]ボタンをクリック。チェックボックスのクリックで、項目のオン/オフを設定できる。

●よく使う機能をスタートメニューに追加する
[メニュー]ボタンをクリックすると、スタートメニューのカスタマイズができる。Windows XP、Vistaのスタートメニューの右側にある[最近使った項目]メニューを復活することができる(画面2)。
○右ペインへ[最近使った項目]を表示
スタートメニューの右側に、[最近使った項目]を表示し、最近利用したファイルをすばやく開ける。
画面2 画面左の[メニュー]ボタンをクリック。チェックボックスのクリックで、項目のオン/オフを設定できる。

●システム設定で体感速度をアップ!
[システム]ボタンをクリックすると、メモリ管理などシステムに関する設定が行える。Windows 7の新機能「Windows Prefetch」、「Windows SuperFetch」もカスタマイズすることが可能だ(画面3)。
○Windows Prefetch
Windows Prefetchは、使用したプログラムの履歴から、よく使うプログラムを優先的にメモリに読み込む機能。よく使うプログラムが特に決まっていなければ、無効にすることでシステム負荷を減らせる。
○Windows SuperFetch
Windows SuperFetchは、プログラムを利用した曜日や時間を記録して、使用が予想される時間にメモリへ先読みする機能。プログラムの利用に決まったスケジュールがないなら、無効にすることでシステム負荷を減らせる。
画面3 画面左の[システム]ボタンをクリック。チェックボックスのクリックで、項目のオン/オフを設定できる。

●不要な機能はオフにしてシステムの負担を減らす
[その他]ボタンをクリックすると、フォルダー表示の設定や、使わないプログラムの無効化ができる(画面4)。
○Tablet PC機能を無効
使っているPCがTablet PCではない場合や、タブレット関連のハードウェアを接続していない場合には、無効にすることでシステム負荷を減らせる。
画面4 画面左の[その他]ボタンをクリック。チェックボックスのクリックで、項目のオン/オフを設定できる。

各設定画面で項目をチェックしたら、[OK]ボタンのクリックで設定を実行できる。エアロ関連の使わない機能を無効化したり、スタートメニューに項目を追加することで、操作性は快適になる。システム設定による高速化は、数字に表れるほどではないが、操作感の向上は体感でき、明らかにキビキビした印象になっている。必要に応じて設定項目を追加して、快適なWindows 7環境を作ろう。

編集部:池田利夫+岡本奈知子(ジャムハウス)
制作編集:エヌプラス
Copyright 2010 livedoor. All rights reserved.

ITライフハック
ITライフハック Twitter

【知っ得!虎の巻】をもっとみる
時間のない営業担当者は必見!仕事を効率化する、5つのフリーソフト
見積書を作りたいときに便利!業種別おすすめテンプレート
ファイルはネットに保存!営業先でも困らないオンラインストレージ活用術
ブラウザーの履歴を消してパソコンの動作まで高速化する

今すぐ使えるかんたんmini USBメモリー 徹底活用技今すぐ使えるかんたんmini USBメモリー 徹底活用技
著者:オンサイト
技術評論社(2009-09-24)
おすすめ度:3.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】ゲーム機を彷彿させるタッチパネル付2画面ケータイ「D800iDS」

「D800iDS」は、タッチパネル付2画面ケータイ。形状は折り畳みタイプのケータイで、開いた状態で上下に液晶画面を搭載し、下部の画面がタッチパネルとなっている。ライフスタイルに合わせて、タッチパネルのデザインや操作方法を選択す…

【ケータイラボ】3.2メガピクセルカメラやGPS機能が使える!ハイスペックケータイ「813T」

「813T」は、コンパクトなボディーに、3.2メガピクセルカメラやGPS機能を内蔵した東芝製のハイスペックケータイ。発売時期は3月上旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「813T」は、落ち着いた雰囲気の上質感漂うクールカラーをま…

【デジカメ調査室】トリプルブレ補正機能を搭載したキュートなデジカメ「FS1」

「FS1」は、薄さ24.2mmのスリムなボディに、600万画素CCDとトリプルブレ補正機能を搭載したコンパクトなデジタルカメラ。2月9日より発売が開始され、カラーバリエーションは、シルバー、ブルー、ピンクの3色。価格は、オープンプライ…

【デジカメ調査室】システム一新!高性能・高信頼性を追求したプロ用デジタル一眼レフカメラ「EOS-1D Mark III」

「EOS-1D Mark III」は、2005年9月に発売した「EOS-1D Mark II N」の後継機にあたる、キヤノンのプロ用デジタル一眼レフカメラのフラッグシップモデル。高次元の快速・快適・高画質と、優れた信頼性を実現するため、本体のみならず周辺…

【ケータイラボ】ほぼフルスペックの高機能ケータイ「W52T」

3インチのワイドVGA液晶画面(800×480ドット)にワンセグ、デジタルラジオ、おサイフ機能にBluetoothなど、現在auの携帯電話で考えられるほとんどのスペックが詰め込まれた高機能端末「W52T」が発売になった。ただ、auの高速通信規格「…