8万円台から3D出力や迫力サウンド!デルが究極のエンターテインメントノートPC「XPS 14/15/17」


高性能なCPUなどを搭載し、ブルーレイドライブや3Dなどのエンターテインメント機能を強化した高機能パソコンが人気となっている。特にノートPCでは、コンパクトで持ち運びやすいネットノートタイプの人気と同じくらい、デスクトップを凌駕するような高機能ノートの人気も高い。
デルから登場したノートPC「XPS 14/15/17」は、サウンドや映像にこだわった最高のエンターテインメントマシンに仕上がっている。「XPS 14」は8万9980円から、「XPS 15」は9万9800円から、「XPS 17」は10万9980円からだ。

アルマイト加工されたアルミニウムにより高級感を高めたボディーに、世界的スピーカ・ブランド「JBL」設計の内蔵スピーカとオーディオ信号処理のリーディングデベロッパWaves Audioの最新技術「MaxxAudio 3」を採用することで、迫力のサウンド環境を実現している。「XPS 15/17」はサブウーハーを内蔵し、HDMI/SPDIF/ヘッドフォン端子経由で5.1chオーディオ環境も構築できる。

グラフィックは、システムメモリと独立した高性能なNVIDIAグラフィックスを全モデルで搭載している。特に「XPS 17」では、高性能な「NVIDIA GeForce GT 445M」となっている。最新のNVIDIA Optimusテクノロジーによりグラフィック性能を最適化することで省電力を実現している。
映像出力では、HDMI1.4ポートを搭載し3D出力に対応している。このため、3D対応ゲームや3D対応ブルーレイ・コンテンツを大画面の3Dテレビに表示できる。

デルのノートPCとしては初めて内蔵地デジチューナーが選べるようになった。付属アンテナを使うと同軸ケーブルの接続は必要なくなるため、外出先でもテレビが視聴できるようになる。また、「XPS 15」ではオプションでフルHD液晶ディスプレイを提供し、高精細なコンテンツが表示可能となっている。
さらに、Skype認証を取得したHDウェブカメラ(H.264対応)を搭載するなど、究極のモバイルエンターテインメント環境を実現しているのだ。

ハードウェア面では、全機種でCore i5-460MからCore i7-840Mが選べるなど、高性能なクアッドコアのシステムも作り上げられる。メモリーは「XPS 14/15」で最大8GB、「XPS 17」で最大16GBを搭載でき、「XPS 17」では、1.5GB(750GB×2) SATA HDD、512GB(256GB×2)などストレージの2台構成も可能となっている。SDXC/MSXCをサポートしたカードリーダや「XPS 15/17」ではUSB 3.0に対応するなど拡張性も十分だ。

映像や音楽、画像などのマルチメディア・コンテンツを、いつでもどこでも楽しみたいユーザーに最適なエンターテインメントノートPCとなっている。

デル

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■パソコン関連の記事をもっと見る
シンプルで使いやすい!左利きも配慮された左右対称マウス
もはやスタンダードに!インテルvProテクノロジーが世界累計5500万台突破
ジョブズ氏”驚くような予告編ムービーを作れる” 「iLife ’11」はココが凄い
ついに百獣の王へ!iPhoneの機能を取り入れてLionとなるMac OS Xが来年登場

I-O DATA 縦置き・横置き両対応USB接続外付ハードディスク 2.0TB エコパッケージ(無地) HDE-U2.0JI-O DATA 縦置き・横置き両対応USB接続外付ハードディスク 2.0TB エコパッケージ(無地) HDE-U2.0J
アイ・オー・データ(2010-02-05)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】指紋センサーと1.3メガカメラを搭載!セキュリティに強い「WX321J」

「WX321J」は、ウィルコムの高度化通信規格「W-OAM」対応し、指紋センサーと1.3メガカメラを搭載した日本無線製の音声端末。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。発売時期は2月中旬予…